ホーム > CADとかBIMとか, 教育 > 【CADとかBIMとか】 結局JW_CADの図面は、、

【CADとかBIMとか】 結局JW_CADの図面は、、

25年くらい前はJW_CADを愛用していた。というより、個人的に入手でき、かつ、当時のPCの性能で満足に動くのはJW_CADしかなかったので、唯一の選択肢だった。

その後、3D-CAD、BIM、とCADソフトの推移とともに、私のメインのCADも変遷し、もう15年以上、JW_CAD を含めた製図CADをしっかりと使うことはなない。

久しぶりにJW_CADで書かれた図面を扱う必要が生じて、あらためて嘆息したのは、JW_CAD は印刷時の表現しか考えない使い方がほとんどだということである。簡単に言えば、線の太さを色分けしただけの図面で、レイヤーの意味を捉えた使い方がなされているケースが少ないのである。

もちろんJW_CADは製図板と製図道具をPC内に置き換えたものにすぎないから、印刷時の表現だけを考えることを問題視するわけにはいかない。レイヤーをどう扱おうと、同じ色の線は同じ太さで印刷されるから、印刷結果だけが目的であれば十分だが、そればかり考えて作られたデータは、データベースとして美しくないし、BIM に持ち込んで処理することを考えると途方に暮れる。そして、プレゼン目的であれば、データの不備を直すときは、プレゼンが得意なVectorWorksにDXFで持って行って膨大な意味不明な名称のクラスに目を回すより(VectorWorksの場合、レイヤーはクラスとして取り込まれるのがデフォルト)、PDF経由でIllustratorに持って行って処理した方が早くて楽な場合が多いのではないだろうか。

BIMソフトを使ったり教えたりするようになった今、JW_CADで製図ではなく設計を教えようとしていた25年前ごろの私は相当に無謀だったと思う。

今回、久しぶりにほんのちょっとだけJW_CADを使ったが、ズーミングやスナップのハンドリングの良さは相変わらずで、製図CADとしての完成度の高さをあらためて感じた。JW_CADは、CADの系統樹のひとつの枝の先端に実った美味しい果実であり、BIMはこれとは違う枝に実る。BIMの枝はまだまだ伸びていくが、JW_CADの枝はもう伸びることはないだろう。

広告
カテゴリー:CADとかBIMとか, 教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。