【備忘録:PC・ソフト】macOSの起動ディスクからBootcampが消えた

Paragon NTFS for Macをインストールしたら、macOSの起動ディスクからBootcampが消えてしまいました。

Bootcamp nowhere.png

起動ディスクとしてBootcampを選ぶのは、NTFS for Mac上で可能なので困らないと言えば困らないのですが、気持ち悪いです。

Paragon NTFS for Macの環境設定>概要で「無効」に設定すると、起動ディスクにBootcampが戻ってきました。

ntfs for mac.png

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Bootcamp is back.png

*

実は、ParagonのCamptune を買おうと思ったら、たまたまキャンペーンで割安だったParagon NTFS for Mac他のパックを買ったので、Paragon NTFS for Mac が持つ機能を必要としていたわけではありませんでした。だからアンインストールしました。

なお、残念なことに目的であった Capmtune が私の環境では動かなかったので、購入後一定期間内なら使える返金保証制度を使って返品し、返金してもらいました。返品から返金に至る流れはスムーズでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:雑記

【雑記】Amazonのレビュー★1つ

Amazonなどのユーザレビューは役に立たないものが多いというのは、多くの人に共通する見解であり、買い物するときはそういうレビューを私は無視しますが、自分の著書に対しては感情的に気持ちのよいのものではありません。

*

ずっと前から、ある書籍に対して★1つがつけられています。書籍そのものではなく書店へのクレームで「注文したのではない本が届いた」という内容です。困ったことにレビューはこの1つだけなので、当該ページ上部を見ただけであれば、内容がだめな本だと勘違いされそうです。

このレビューを書いた人の他のレビューでも、書籍そのものではなく書籍購入の個人的状況説明だけなので、レビューを書くことの意味を全く考えたことがない人であることは分かります。

*

最近、他の書籍に対して★1が付けられていました。CADの練習本ですが「教材データがない」から「駄本」であるそうです。教材データが必要となるような内容を書いていないし、そもそもこの本を使った学習のために教材データが必要なレベルの人に向けた本ではありません。その程度のデータを容易に作れる層に向けた本であり、それは前書きに明記しています。だから中学生が大学生の教科書を読んで難しいと文句を付けているようなものですが、著者としては教材データがないことに正当性があるかもしれないと謙虚に受け止めて、このレビューを書いた人の思考を知るために、この人が書いた他のレビューを読んでみました。結論としては、いわゆる自己承認欲求が強い人物であり、自分が気に入れば高評価、自分が気に入らなければ★1つを付けていました。正当性のあるクレームだったら、ブログでの教材データ配布を考えたと思いますが、いちゃもんに対応する気持ちにはなりません。

*

同じ本に★3つを付けた人がいます。★3つにした理由は「自分が知っていることが多かった」からという個人的印象です。特定レベルを狙った本なので「自分が知っていることが多い」と感じる読者がいることはとても自然で、そのこと自体は本の評価に影響しませんが、問題はそういう個人的事情をレビューに記載することです。購入検討者はそのレビューを書いた人のレベルを知る術がないので、レビューに個人的事情を書く意義はありません。

残念ながら、この人の他のレビューでも個人的印象を★の数に影響させたものがありました。一方で、この人の場合、客観的な評価や購入検討者へのアドバイスとして記載された内容はとても役に立つものでした。この人が客観性のある内容だけ書くようになったら、良いレビュアーになると思います。

カテゴリー:雑記, 教育

【教育】ただ乗り教材でオンライン授業をやりたいとか?

私が非常勤で教えに行っている2校もオンライン授業になり、先週から1校の授業が始まりました。従来からデジタル化した教材を使っていますが、それでもオンライン授業の準備は大変です。教室では学生の表情や頷きを観察しながらアドリブで行っていた部分をテキスト化するのはものすごく大変で、膨大な時間がかかります。これでは時給を少なくとも倍にしてもらわないと割が合いません(実質的には3,4倍もらいたい。それくらい時間がかかる)。

*

さて、ある大学の教員を名乗る人物から、私がYouTubeで公開している動画を教材に使いたいと、その教員の副業のメールアドレスから大学の肩書きと副業の肩書きを併記したメールが届きました。この時点ですでにアレな人だろうと感じたので返答不能だと突っ返したら、今度は大学のメールアドレスからメールが届き、なぜ副業メールから送ったかという理由を酒席での仲間内の愚痴のごとくグダグタと書き連ねていました。ここで本当にアレな人だと思いました。

副業メールから送った理由として、着任早々でコロナウィルスによって大学のメールアドレスの使い方もよく分かっていないとかなんとか書いていましたが、副業アドレスからのメールを突っ返した半日後には大学のメールアドレスからメールをよこしたのだから、副業にかまけて(?)、大学の業務をサボっていたということをカミングアウトしただけです。

この人がアレな人であるからではなく、このようなただ乗り希望の依頼は断っています。だから以下のような返信を書きました。(原文の骨子が崩れない範囲でちょっと手を加えています。)

コロナウィルスは全人類に等しくネガティブな影響を与えていますから、個人的失態の理由としてコロナウィルスを持ち出すことは、ご自身の印象を損ねる以外の効果はありません。

さて、私がYouTubeやブログで公開しているのは、個人の私的学習の補助が目的であり、組織の業務で利用してもらうためではありません。知識やノウハウの提供は、一般論としてもビジネスの範疇です。

また、何事であれ、自身の有給の業務を他者のボランティア活動にただ乗りして補填するのは不誠実です。それが教員たる者としてのアイデンティティに関わる教育内容に深く影響する教材についてであれば、なおさらです。

上記からご理解いただけるように、教材としての採用であればビジネスとしてお話を伺うことはやぶさかではありませんが、貴学としての方針が不明な現状では返答は不可能です。

一方で、インターネット公開した以上、どこかの誰かが他の誰かに紹介することについてはすでに自分のコントロール下にはないので、補助資料として学生に紹介していただくことについて私はどうこう言える立場ではありません。しかし、もし学生に紹介するのであれば、YouTubeチャンネルではなく、動画では示せない重要事項を併記したブログを紹介していただくことを願います。

上記への返信は「youtubeサイトの使用や紹介はしない」でした。

こういう場合、学生のことを大切にする教育者であればYouTubeではなくブログを学生に紹介すると返答するだろうし、自分だけが大切な似非教育者なら図星をつかれたことにカチンと来てすべてやらないと返答するでしょう。つまり返答内容でこの人の教育者としての資質を判断しようと考えて、最後の一段落を書き添えた訳です。

また、私はYouTubeではなくブログを紹介するように依頼したにもかかわらず「youtbeサイトを紹介しない」と返すのは、ブログがどういうものであるか調べもしていないということを暗に示しています。つまり私が何者であるかにも興味はないのでしょう。しかし教材には作成者のアイデンティティが色濃く表れるものです。どのような人物が作成したか気にならなかったのだとしたら教育者として欠格です。

なお、この人が使いたいと言った動画は、そのソフトを教えられるだけのスキルと知識があれば、1,2日で作成できるものです。Zoomなどで自分の操作を学生たちに録画させても同様の動画ができるはずです。そのように考えない点で大学業務に真摯に向かい合っているとは思えないのですよね。(動画への具体的な質疑であれば、内容次第では答えた可能性はあります。)

とにかく、この人、大学教員としての矜持、教育者としての謙虚さ、さらには日本語力も欠如しているのだろうと思います。そもそも大学教員になって自分が偉い人になったとでも勘違いしているのか、最初のメールは上から目線でした。そして40過ぎているのに敬語もまともに使えていません。

こういう人に教わる学生たちが不憫だと思う一方で、真摯に取り組みたい学生はわざわざ教員が紹介しなくてもインターネットの中で自ら発見できる良い時代だから、授業より自習に励めばよいでしょう。

*

それからもうひとつ言えば、この人は宛先に「○○様」ではなく「○○さま」と書いていました。初めての相手へのビジネスメールでこういう書き方ができる40過ぎの大人とは!

*

追記

上記を書いてから2ヶ月ほど過ぎました。オンライン授業の準備の過酷さはますばかりです。

準備だけではなく提出物の評価も過酷ですが、メールの授受メインのやりとりは、教室授業より学生一人一人のことがよく分かるという膨大なメリットももたらしてくれています。時間的負担が増えた分の経済的補填があれば、授業内容次第ではありますが、オンライン授業はなかなか良い物だと思います。

件のYouTubeチャンネルですが、特定の時間帯(日本時間の日中)の特定の動画へのアクセスが急増しています。日常的にギブアンドテイクが成り立っているごくわずかの教員さんには「自由に使っていいよ」と伝えていますが、日本のどこかで上に書いたような人が授業に利用しているのではないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

 

カテゴリー:教育

【備忘録:PC・ソフト】Windows 10 スプーラに残る不要な印刷ファイルを削除

プリントスプーラに残ってしまった不要な印刷ファイルを削除する一般的手順は下記です。

  1. 設定>デバイス>プリンターとスキャナー>(当該プリンタを選んでから)キューを開く
  2. ↑↑で表示されたウィンドウで、プリンター>すべてのドキュメントの取り消し

しかしこれでは手間取るだけでなく誰かに説明するのも大変なので、バッチファイルのダブルクリックで出来る方法を調べたところ、次の手順でできることがわかりました。

  1. プリントスプーラのサービスを停止する。
  2. スプールされているファイルを削除する。
  3. 再びプリントスプーラのサービスを開始する。

ということで、バッチファイルは下記のようになります。

net stop spooler
del %systemroot%\System32\spool\printers\* /q  /f  /s
net start spooler

エディタに上記を入力して、「プリンターの不要データ削除.bat」のような名前で保存します。しかし、管理者でないとサービスの停止や再起動、システムファイルの削除ができないので、管理者として実行しなければなりません。

管理者として実行するためには、上記バッチファイルのアイコンを右クリックして「管理者として実行」をクリックする必要があり、アイコンのダブルクリックでは出来ません。

そこで、次のようにします。

  1. 上記バッチファイルのショートカットを作成する。
  2. ショートカットを右クリックして「プロパティ」をクリックして、プロパティにダイアログを開く。
  3. 「ショートカット」タブ内の「詳細設定」をクリックする。
  4. 「管理者として実行」にチェックを入れて、OKする。
  5. プロパティのダイアログをOKして閉じる。

これでバッチファイルのショートカットのアイコンをダブルクリックするだけで、プリントスプーラに残った不要なファイルをすべて削除できます。

 

 

カテゴリー:雑記

【雑記】FMV NX70のCPU交換(Celeron M 430→Core2Duo T7200)

FMV NX70でファイルサーバ化するにあたって、CPUをCeleron M 430からオークションで\620で入手したCore2 Duo T7200に交換しました。

Passmark・その1

単純計算では約3倍で、NX70をファイルサーバ化する前に使っていたLoox M/D15のAtom N280はと比べると約4倍です。

CPU Mark Rating (2).png

Passmark・その2

ほとんど意味のない比較ですが、現メインマシン(Dell XPS 8900)のCore i7-6700、旧メインマシン(Dell Inspiron)のCore2 Duo E6850と比べてみたら、前者の約1/10、後者の約1/3でした。

CPU Mark Rating  2  (1).png

Dell

カテゴリー:雑記

【備忘録:PC・ソフト】FMV NX70をファイルサーバにする

前置き

お古のFMV NX70が手元にあります。2006年製の最下位のCeleron M 430モデルなのでWindows 7ではかなり我慢が必要でしたが、さすが富士通だけあって足回りが優れたマシンです。たとえば有線LANがGigabitであったりHDDを2台内蔵できたりするので何かに役立てたいと思い、現在ファイルサーバとして使っているLoox M/D 15(Linux Mint)から移行することにしました。(Looxに不足があるわけではなく、もう数年間一度も電源を落とすことなく働き続けてくれています。)

作業にあたってNX70の情報を集めていると、CPUをCore2 Duoに交換できることが分かったので、T7200に交換しました。自分ではベンチマークテストを行っていませんが、Pass Markで調べると約3倍でした。(別記事

Dropbox

他記事にまとめました。

Linux MintでDropboxをマルチアカウントで使う

Box

下記で紹介されている手順で容易にできます。(著者さんありがとうございます。)

http://iamidleness.blogspot.com/2016/05/box.html

具体的に実行するのは以下です。

sudo apt install davfs2

※「root以外のユーザがWebDAVリソースをマウント可能にしますか?」に「はい」と答える。

mkdir ~/Box

sudo mount -t davfs https://dav.box.com/dav /home/(username)/Box/

※(username)のところに自分のユーザ名を書きます。また、このままではアクセス権がないので、設定が必要です。上記サイトで(たぶん)正当な方法へのリンクが紹介されていますが、私はこの記事の末尾に記した好い加減な方法を使っています。

LinuxでBoxを使うには上記の方法(WebDAVでマウントする方法)しかないようですが、残念ながらアクセスがたいへんに遅いです。また、起動するたびにマウントが必要です。

OneDrive

他記事にまとめました。

Linux MintでOneDriveをマルチアカウントで使う

Samba

これは情報があふれています。具体的に実行するのは下記です。

sudo apt update -y && sudo apt install samba -y

sudo xed /etc/samba/smb.conf

※smb.confに他からアクセスするための設定を記述します。たくさん情報があるので、調べてみてください。

sudo systemctl restart smbd && sudo systemctl enable smbd

しかしフォルダやファイルのパーミッションの関係で、このままでは他PCから読み書きできない場合があります。その場合は、次の項に示したような方法で、パーミッションを変更します。

他PCからアクセスするファイルのパーミッションの設定

Linux素人が個人的に使うものなのでパーミッションをゆるゆるにして、LANのどこからでもアクセスできるようにしています。下記は「(たぶん)これ以上ない」というゆるゆるの設定法です。

sudo chmod 777 -R /home

他のPCやスマートフォンからのアクセス

他の端末で開くときは、サーバ名の欄(Windowsエクスプローラの場合はアドレス欄)に「\\(Linux機の名称)\」のように入力します。たとえばLinux機が「athens」という名前だったら「\\athens\」です。詳しいことは知りませんが、Windowsは大文字小文字を判定しないせいか、Linux機を大文字小文字のどちらで打ち込んでもつながります。

Linux機の名前が分からなくなったら、Linuxで端末を開いて下記を実行します。

hostname

また「\\192.168.0.123\」のようにIPアドレスを入力しても大丈夫です。

*

Vectorworksベストテクニック100表紙←こんな本を書ける程度の知識は持ち合わせているし、30年以上前ですが「Oh!PC」やムック本などで自作プログラムが紹介されたこともあるので、上記は超アブナイ方法ではないと思っていますが、やはり自己責任でお願いします。

『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:雑記

【備忘録:PC・ソフト】Linux MintでDropboxをマルチアカウントで使う

Linux Mint 19 CinnamonにDropboxを入れたときのメモです。専門的見地からは??な部分があるかもしれません。

インストール

「システム管理>ソフトウェアの管理」で「Dropbox」を探してインストールするだけです。

本家サイトからもダウンロードできます。

https://www.dropbox.com/install?os=lnx

 

設定と起動

以下、単一アカウントで使う場合とマルチアカウントで使う場合を分けて記すので、必要な方だけ見てください。またマルチアカウントのやり方で設定した場合でも単一アカウントで使えます。

単一のアカウントで使う場合

初めて起動したときはブラウザが開くので、アカウント、パスワードを入力します。タスクバーにDropboxのアイコンが出現したら、ブラウザを閉じても大丈夫OKです。

マルチアカウントで使う場合

下記を参考にしました。

https://niftylettuce.com/posts/multiple-dropbox-instances/

※2020/6/9 なくなっていたので、思い出しながら手順を記します。

まず、以下のように各アカウントに対応させるDropboxのディレクトリを2つずつ作ります。

~/.dropbox-(アカウントを示す文字列)

~/dropbox-(アカウントを示す文字列)

dropboxの前に「.」を付けたディレクトリと、付けないディレクトリです。

パーミッションを777にするなど緩くしておいてから、下記を実行すると、ブラウザが開いてDropboxのログインページが開くので、アカウントとパスワードを入力して続けます。

HOME=~/.dropbox-(アカウントを示す文字列)  dropbox start -i

これをアカウント数だけ繰り返します。

初回も二回目以降も、起動時にアカウントを指定するだけでOKした。

HOME=~/.dropbox-(アカウントを示す文字列)  dropbox start -i

下記の資料ではスタートアップへの追加法が記されています(ここでは上記の「-i」を使っていないです。つまり安定動作が確認できた後の話だと思えばいいのでしょう)。

https://www.maketecheasier.com/run-multiple-dropbox-accounts-in-mac-and-linux/

ついでに言えば、Macでのマルチアカウントのやり方も記されています。MacもMac OS XからUnixベースだから同様の考え方で可能だということですね。

 

補足

動いているかどうか心配になったら、端末から下記を実行してみてください。

ps aux | grep dropbox

以上。

*

Vectorworksベストテクニック100表紙←こんな本を書ける程度の知識は持ち合わせているし、30年以上前ですが「Oh!PC」やムック本などで自作プログラムが紹介されたこともあるので、上記は超アブナイ方法ではないと思っていますが、やはり自己責任でお願いします。

『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

 

 

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】Linux MintでOneDriveをマルチアカウントで使う

Linux Mint 19 CinnamonにOneDriveを入れたときのメモです。専門的見地からは??な部分があるかもしれません。またUbuntu系では同じやり方で大丈夫だと思いますし、CentOS、Fedoraなど他の系統のLinuxについても下記の資料1に記載があります。

インストール

複数の日本語の解説ページがありますが、一次資料は下記の1であるようです。

  1. https://github.com/abraunegg/onedrive
  2. https://manpages.ubuntu.com/manpages/disco/man1/onedrive.1.html

以下に具体的に実行する手順を記しますが、闇雲にやるのではなく、上記(とくに1)をしっかり読んで概要を把握した上で作業することが大切です。(入力文字列をコピー&ペーストする場合は、ブラウザ側でCtrl + Cでコピーし、Linuxの端末でCtrl + Shift + V で貼り付けます。「apt install」が含まれる行に「-y」を書き加えると、「これでよいかね?」といちいち質問されなくなります。)

sudo apt install build-essential
sudo apt install libcurl4-openssl-dev
sudo apt install libsqlite3-dev
sudo apt install pkg-config
sudo apt install git
sudo apt install curl

curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s dmd

ここで返されるメッセージ中に、”source ~/dlang/dmd-2.090.1/activate”を実行せよというメッセージが出てきます。バージョンにより「dmd-2.090.1」の数値が変わるそうなので、メッセージの当該箇所をコピー&ペーストして実行します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

source ~/dlang/dmd-2.090.1/activate

git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git
cd onedrive
./configure
make clean; make;
sudo make install

上記の「source 云々」を実行した後のメッセージに、「一連の作業後にdeactivateしてね」と書いてあったので、このタイミングでやってみましたが問題ありませんでした。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

deactivate

これでインストール完了です。

設定と起動

以下、単一アカウントで使う場合とマルチアカウントで使う場合を分けて記すので、必要な方だけ見てください。またマルチアカウントのやり方で設定した場合でも単一アカウントで使えます。

単一のアカウントで使う場合

まずは設定ファイルを作ります。単一アカウントで使う場合は同期させるフォルダがデフォルトの「/home/(username)/OneDrive」のままでよいので、デフォルトのまま進みます。

mkdir -p ~/.config/onedrive
cp ./config ~/.config/onedrive/config
xed ~/.config/onedrive/config
(「xed」の部分は自分で使うエディタに起き舞えてください。)

ここまでで設定ファイルを準備できたので、いよいよonedriveの初期設定を開始します。

onedrive –config

これを入力するとURLが表示されるので、右クリックしてブラウザを起動するか、まるままコピーしてブラウザのURL欄にコピーして、OneDriveのサインイン画面に進み、アカウント名とパスワードを入力します。(ブラウザを使う作業の間、「onedrive –config」を実行している端末は開きっぱなしにしておきます。)

そうすると確認画面が出た後、ブラウザが真っ白になり、URL欄に文字列が表示されるので、これをまるごとコピーします。「onedrive –config」を実行している端末にURLを入力しろというメッセージが出ているので、Ctrl + Shift + V で貼り付け、エンターを入力します。

次に確認のため下記を入力します。(省略可)

onedrive –synchronize –verbose –dry-run

オプションは前から順に「同期せよ」、「おしゃべりにやれ(=起きていることをひとつひとつ画面で見せろ)」、「状況のデモを見せるだけにしてくれ」という意味なので、実際には同期は行われません。画面表示を見て、これで大丈夫だと思ったら、次を実行して本当に同期します。

onedrive –synchronize

↑↑↑は一回こっきりの同期で、ここで説明している一連の流れの中で省略しても大丈夫だろうと思いますが、やっておいて損はありません。

常に同期させるためには下記を実行します。

onedrive –monitor &

以下は自動起動の設定です。

systemctl –user enable onedrive

systemctl –user start onedrive

マルチアカウントで使う場合

考え方としては「上記の単一アカウントと異なり、アカウントごとに設定を作ってやる」ということなので、上記の設定ファイルをアカウントごとに作ることと、onedrive実行時にアカウントを示すオプションをつけてやるという作業です。

アカウントごとの設定ファイルを作るために、各アカウントで使う名前を決めます。たとえばMicrosoftのアカウントが「pokopen@hotmail.com」だったら、「Pokopen」など自分で間違えないものにしましょう。そして、以下のやり方でやれば、同期フォルダ名称はがデフォルトの「/home/(username)/OneDrivePokopen」となります。下準備として下記を実行します。

mkdir -p ~/.config/onedrive
cp ./config ~/.config/onedrive/config

※2つめ以降のアカウントを作るときは、以下を繰り返します。

名前を決めたら、まず同期フォルダと設定ファイルをしまうフォルダを作ります。

mkdir ~/OneDrivePokopen

mkdir ~/.config/onedrivePokopen

アカウント専用の設定ファイルを作るために、元ファイルを上記にフォルダコピーし、アカウント専用にするための編集を始めます。

cp ~/.config/onedrive/config ~/.config/onedrivePokopen/

xed .config/onedrivePokopen/config

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ エディタの画面の割と上の方に「# sync_dir = “~/OneDrive”」という行があります。これが同期フォルダを示しているので、「OneDrive」の部分を先に作成したフォルダ名(ここの例では「OneDrivePokopen」)に書き換え、先頭の「#」を削除します(「#」を残すと読み飛ばされるので、効力なし)。結果として、「 sync_dir = “~/OneDrivePokopen”」とないう一文になります。書き換えたら保存してエディタを終了します。

次はアカウント専用のサービス用の設定ファイルを作ります。

sudo cp /usr/lib/systemd/user/onedrive.service /usr/lib/systemd/user/onedrivePokopen.service

sudo xed /usr/lib/systemd/user/onedrivePokopen.service

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ エディタの画面の中程に「ExecStart=/usr/local/bin/onedrive –monitor」という行があるので、アカウント専用の設定ファイルを使うために必要な「–confdir=”~/.config/onedrivePokopen”」を書き加えてから保存してエディタを終了します。

これが同期フォルダを示しているので、「OneDrive」の部分を先に作成したフォルダ名(ここの例では「OneDrivePokopen」)に書き換え、先頭の「#」を削除します(「#」を残すと読み飛ばされるので、効力なし)。結果として、「 sync_dir = “~/OneDrivePokopen”」とないう一文になります。

いよいよ起動します。このときアカウント専用の設定ファイルを使うためのオプションをつける点が、単一アカウントの場合と異なります。(以下同様)

onedrive –confdir=”~/.config/onedrivePokopen”

そうすると確認画面が出た後、ブラウザが真っ白になり、URL欄に文字列が表示されるので、これをまるごとコピーします。「onedrive –confdir=”~/.config/onedrivePokopen” 」を実行している端末にURLを入力しろというメッセージが出ているので、Ctrl + Shift + V で貼り付け、エンターを入力します。

次に確認のため下記を入力します。(省略可)

onedrive –synchronize –verbose –dry-run –confdir=”~/.config/onedrivePokopen”

オプションは前から順に「同期せよ」、「おしゃべりしながらやれ(=起きていることをひとつひとつ画面で見せろ)」、「状況のデモを見せるだけにしてくれ」という意味なので、実際には同期は行われません。画面表示を見て、これで大丈夫だと思ったら、次を実行して本当に同期します。

onedrive –synchronize –confdir=”~/.config/onedrivePokopen”

↑↑↑は一回こっきりの同期で、ここで説明している一連の流れの中で省略しても大丈夫だろうと思いますが、やっておいて損はないと思います。

常に同期させるためには下記を実行します。

onedrive –monitor –confdir=”~/.config/onedrivePokopen” &

以下はサービスの登録です。

systemctl –user enable onedrivePokopen

systemctl –user start onedrivePokopen

上記をアカウントごとに繰り返せばよいのですが、直ちに次のアカウント設定に移るときは、このままではブラウザがOneDriveにサインインしたままになるのでうまく行きません。だから、ここでブラウザでOneDriveを開いて、サインアウトします。

補足

動いているかどうか心配になったら、端末から下記を実行してみてください。

ps aux | grep onedrive

以上。

*

Vectorworksベストテクニック100表紙←こんな本を書ける程度の知識は持ち合わせているし、30年以上前ですが「Oh!PC」やムック本などで自作プログラムが紹介されたこともあるので、上記は超アブナイ方法ではないと思っていますが、やはり自己責任でお願いします。

『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

 

 

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【雑記】Dell Inspiron 6400にLinux

Dell Inspiron 6400をWindowx XP→7と使ってきましたが、Windows 10では遅くて使い物になりません(もう2年くらい放置していました)。2つあるメモリースロットの一方が調子が悪く1GB1枚で使っていることも遅い原因だと思います。しかしInspiron 6400は愛着があって捨てられず、昨日、ふと思い立ってLinuxを入れてみました。

まずはお気に入りのLinux Mintを試しましたが、WiFiアダプタを認識してくれないし、インストール中にクラッシュします。WiFiのドライバは有線でインストールした後で入れられるのでしょうが、インストール自体ができないので諦めました。

そこでPeppermint 10を入れてみました。こちらはWiFiアダプタが最初から認識され、インストールも無事に終わりました。動作自体は問題ありませんが、やはりメモリ1GBではつらい感じです。使う当てがあってLinuxを入れたわけではないので、当面はフォトフレームになりそうです。

 

カテゴリー:雑記

【雑記】Google端末保護の解除(ZTE Blade 7 max)

お古で入手したまま半年ほど放置していた ZTE Blade V7 maxを所定の方法でファクトリーリセットして起動したら、「このデバイスはリセットされました。続行するには、このデバイスで前に同期したGoogleアカウントにログインしてください」と表示されて先に進めなくなりました。前所有者のアカウントを入れたら進めるはずですが、連絡を取りにくいところにいるので、一人であれこれしてみることにしました。

件のメッセージについて調べたところ、端末保護がかけられているからだそうです。(ログアウトしてからファクトリーリセットすれば大丈夫だったみたいですが、後の祭りでした。)

日本語では解除する方法を見つけられなかったので、「bypass google account zte blade v7」で検索したところ「ZTE Blade V7 Lite UNLOCK FRP / Bypass Google Verification」というタイトルの動画が見つかりました。動画の手順通りに進めたら無事に解除できました。(動画はV7 Liteでしたが、maxでも大丈夫でした。)

 

 

 

 

カテゴリー:雑記
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。