【CADとかBIMとか】Wikipediaのヴォールトの説明

必要があってWikipediaのヴォールトの説明を見たところ、思わずクスっとしました。嘲笑ではなく良い意味での笑いです。

*

どこで笑ったかというというと、

「ヴォールトとは、アーチを平行に押し出した形状(かまぼこ型)を特徴とする(以下略)」

「ヴォールトは、アーチ断面を水平に押し出したものである。」

という部分です。

*

形状を幾何学的に説明する場合は上記で差し支えないし、CADで作る場合に「押し出し(Extrusion)」を使えば良いという説明にもなっています。3Dプリンタで作る時も説明のようなやり方になるでしょう。ありがちな建築史や構法の側面からの作り方ではなく、とても現代的な(ヴォールトの長い歴史から見ればたいへんに進歩的な)作り方が記されている点で、思わずクスっとしてしまったわけです。この項目を書いた人はなかなか素晴らしいです。

私には「ヴォールトとは、アーチ形の断面をもつ構造体で云々」のような表現の方がしっくりくるのですが、それは私が旧石器時代の人間だからなのかもしれません。

*

以下、私のYouTubeチャンネルより、ArchiCADとVectorworksによるクロスヴォールトの作り方です。

 

なお、Vectorworksの動画は『CADリテラシー演習』(エーアンドエー発行)の高等ドリルの説明として、Vectorworks 2008くらいの古いバージョンで作成したものです。

 

広告

【CADとかBIMとか】ArchiCAD初心者用のブログ立ち上げ

以前から作りたかったArchiCAD初心者用のブログをようやく立ち上げました。

https://archicadnotes.wordpress.com/

数年前からYouTubeで操作例の動画を公開しています。いつのまにか動画数が250を超えていて、YouTubeだけでは、それぞれの意味合いや、関連が見えなくなりがちなので、ブログでまとめることにした次第です。

ArchiCADユーザさん、どうぞご覧ください。

 

カテゴリー:CADとかBIMとか

【niceなjoke】PCの普及率や所有率の増減に関係しそうな笑い話

PCを使った授業中;

学生:「先生、なんどやっても動きません。」

私:「やってみてごらん。」

学生:「えいっ! えいっ! ほら、何度やっても動きません。」

私:「この画面はこすってもダメだよ、マウスでやらなきゃ。」

学生:「そうだった、、、、、。」

*

もちろんタッチパネル式のPC用ディスプレイもありますが、現時点では、多くのソフトはマウス+キーボードで操作するのが一般的です。

*

PCが普及する前、年長の同僚A氏、B氏にPCの使い方を指導していたら、こういうことがありました。因みに、A氏、B氏は、本人達は否定するでしょうが、傍目にはトムとジェリーのような関係でした。

私(画面を指さしながら)「ここにマウスを持っていってください。」

同僚A「こうか?」と言いつつ、マウスを持ち上げ画面の私が指さしたところに当てました。

私「いや、マウスを机の上で動かせば矢印が動くので、その矢印を画面内で動かすんです。」

同僚B、大爆笑。

 

数分後、

私「では、ここからここへマウスを動かしてください。」

(このときは画面内での動きが大きかったので、マウスを長距離移動させる必要がありました。)

同僚B「あっ、このままではマウスが落ちる」と言いながら、咄嗟に傍らにあったノートを手に取って、机の天板高さに水平に持ち、マウスを机からノートに滑らかに動かしました。華麗な動きではあったのですが;

私「いったんマウスを持ち上げて、机から落ちない場所に動かしてから続ければいいですよ。」

同僚A、大爆笑。

 

なお、上記については「マウスを持っていく」とか「マウスを動かす」という私の言い方がよろしくなかったとも言えます。(言い訳になりますが、最初は「カーソル」と言っていたのですが、ピンと来ない感じだったので、直感的・体感的に分かりやすいであろう「マウス」という表現を使っていた次第です。)

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【道具】PCやソフトに濡れ衣を着せる人

「ちゃんとやっているのに、勝手にこうなりました。」

「(教科書に)書いてあるとおりにやっていますが、できません。」

学生でも社会人でも、PCやソフトを教えているときに上記のような言葉をしばしば聞かされます。誰もが口にする言葉ではなく、特定の人が繰り返し繰り返し口にする言葉です。

「ソフトが勝手にやるはずがない。君はどこか間違えたり、読み落としたりしているはずだ。」と言うと、むくれたり、切れたりして手に負えなくなりますが、気にせずに「同じ操作をやってみてごらん」と目の前で操作させると、案の定、操作をミスしていたり、教科書の一部を読み飛ばしたりしています。一部の人は恥ずかしそうな顔をして引き下がりますが、「(自分は)さっきまではちゃんとやっていました」などと言って、自分のミスを認めない人も少なからずいます。

こういう人は最後まで上達しません。最悪の場合は、初心者と呼ぶことさえ憚られる状態に陥ります。

*

うまくいかなかったり、求められる結果を得られなかったりするのは、稀に教科書の校正ミスやPCやソフトのバグが原因の場合もありますが、ほとんどはヒューマンエラーです。説明の読み落とし、マウスやキーボードの操作ミスが原因です。

マウスやキーボードという拷問道具の扱いに慣れていない入門者の場合、うっかりとキーボードやマウスボタンを押していたり、クリックやタイプのタイミングが微妙にずれているなど、自分が犯した操作ミスに気づけない場合があります。それはやむを得ないことです。しかし、ここでPCやソフトに濡れ衣を着せる人は、残念ながら成長できません。

*

PCやソフトにかぎらず、道具は使う人の本性を顕わにしますね。

 

 

カテゴリー:道具

【雑記】最近の笑い話@school

最近の笑い話です。

*

授業中、学生に向かって;

私「用紙はこの図面棚の上から3段目に入っているから、自由に取り出して使ってね。」

(図面棚に写真のように5段の引き出しがあるタイプです。)

A君(したり顔で)「下から3段目ですね。」

私「おぉ、君はうちの犬といっしょで3までは数えられるんだね。」

(学生一同がキョトンとしたので、我が家の犬が3までは分かっているようだという話をしました。)

学生たち「へぇ、そうなんですか、、、」

A君(勝ち誇った顔で)「でも先生、俺、4までいけます!」

私「そうか! それはすごい! 君はうちの犬よりすごいじゃないか!」

A君 (嬉しそうな顔で)「はい!」

*

Click !.png学生たちは、私が作った動画を見ながら作業をしています;

Bさん「先生、シー、エル、アイ、シー、ケーってどういう意味ですか?」

私「クリックだよ。」

Bさん「そうか、クリックか!、、、でも先生、英語じゃなくて日本語で書いてください、でなきゃ分かりません。」

私「フランス語より英語の方がいいでしょ。」

Bさん「そうですね!」

しばしの沈黙の後、

Bさん「先生っ、そういうことじゃなくって!」

 

 

 

カテゴリー:雑記

【雑記】ヘッドライトの黄ばみ取り

H15年式の車のヘッドライトの黄ばみやくすみが気になっていました。これまでは普通のカーシャンプーや洗剤で洗っていましたが、黄ばみもくすみも取れないままでした。

コンパウンドで磨けばよいらしいことは知っていましたが、下手をすると傷めるだろうと躊躇していたところ、ネットサーフィン中に手軽な黄ばみ取りがあることを知ったので試してみました。使用したのは シーシーアイ(CCI) スマートシャイン コーティング剤 ヘッドライトクリーナー&コート W-182 です。

作業前の状態

ヘッドライトが全体的に(とくに写真右下の方)がぼけて見えますが、ピンボケではなく、くすみや黄ばみによるボヤケです。(実際の状態はもうちょっと黄ばんで見えます。)

Before1.jpg

作業後の状態

説明書通りに作業したら、黒っぽい黄色の汚れが付属のクロスにべったりと付き、「取れている!」と実感できました。オンラインショッピングのレビューには「拭き取りが重い」というコメントもありましたが、多少力を入れるくらいで十分でした。

ライト下側の金属部への映り込みを見ると、作業前はぼやけていたのが、作業後にははっきりと写り込んでいるのが分かると思います。

After_1.jpg

つまり作業前の状態では、汚れのせいで、ライトの光がかなり拡散されていたということですね。

夜間の明るさは、劇的にとは言えませんが、十分に意識できる程度に増しました(回復したというべきですね)。この状態が、今後、どの程度保つかはまだ分かりませんが、コーティング剤 はまだまだたくさん残っていて、あと7,8回は使えそうです。

*

ついでに窓拭き剤について

窓の外側は、キイロビンで油膜取りをした後、ガラコなどの撥水剤を塗っていましたが、内側がなかなかきれいに行きませんでした。今回、「拭きスジが一切残りません」と豪語している STONER ガラスクリーナー インビジブルガラス 1730 というものを見つけたので使ってみました。確かに拭きスジが残らず、きれいになりました。もちろん窓の外側にも使えるので、現状の撥水剤の効果がなくなったら外側でも試してみようと思います。

 

カテゴリー:雑記

【雑記】免許更新

運転免許証の更新に行ってきました。

毎度のことですが、印紙購入の窓口で交通安全協会への加入を求められました。私は当初は義務であるかのように窓口で言われるので深く考えることもせず加入していました。どこかの地域で訴訟もあったらしく義務であるかのような言い方はなくなっていますが、任意であるとの明快な説明もありません。いずれにしても「普通は加入する」というような印象を与える説明なので、「加入すべきだ」と考えてしまう日本人が大半だろうと思います。私の前に並んでいた5,6名は全員加入して記念グッズをもらっていました。

私は任意であることを知って以来、加入していません。やり方が不快だからです。今回も「加入しない」と告げると、窓口の女性は明らかに不機嫌な顔を見せ、急に態度がぶっきらぼうになりました。任意であるのだから「加入しない」人に対しては粛々と事務的な扱い、加入者に対しては感謝を込めて丁寧な扱いをするのなら納得できます。今回ではありませんが、「5年間でたった1500円なのに、それさえもケチるのか」というような言い方をされたこともありました。

*

ところで、今日は自分とは直接関係のないことでも不快なことがありました。

ひとつは視力検査で、私の前に並んでいた女性の番が来て、検査器を覗くように言われました。後ろから見ていた感じでは、直ちに検査が始まったようなのですが、その女性は黙ったまま検査器を覗いていました。担当者からの声がけがなかったので、答え始めるタイミングを掴めなかったようです。そうしたら担当者が「切れている向きを言ってください」と怒るかのように言いました。女性は「もう始めてよかったのですか」と弱々しい声で言い、答え始めました。私は後ろから見ていて「あの説明では分からないよ」と思いましたが、件の女性のおかげで手順を学習できたので担当者に叱られずに済みました。

だったら件の女性は自分の前の番の人を見て学習しなかったのが問題だという人がいるかもしれませんが、あいにくとその前の人は通常の○の切れ目を答える検査以外のことをたくさんやっていたようで、かなり時間がかかっていました。件の女性は前の人が検査を開始する様子を見て手順を学習するという機会を得にくかったと思われます。

もうひとつは、件の担当者が、講習後の免許受け渡しのときも、要領が分からず列を乱した年配の人を叱りつけていたことです。受け渡しの要領については何ら説明がなかったので、列を乱すような状況になってもやむをえませんでした。その場にいたもう一人の担当者が「ごめんなさい」というような顔を見せたので、件の担当者がそういう人であることは職場内でも周知の事実なのだろうと感じました。

 

カテゴリー:雑記
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。