【教育】 情報教育についての小ネタ

まだパソコンが普及しきっていない頃の話ですが、職場の先輩がぼやいていました。以下のような内容です。

卒業したゼミ生が研究室を訪れて「先生のゼミに入ったおかげでワープロを覚えたことが、会社でとても役立っています」と感謝の路を述べた。私はいったい何を指導していたのだろうなぁ、、、、。

たしかにワープロや表計算を使えることが特殊技能であった時期で、教員の中にもパソコンが使えない人がたくさんいました。当時、私も卒業後のことを考えてCADをしっかりと指導していました。「卒業設計をCADでやるのはけしからん」という意味不明の主張がまかり通り時代だったので、かなり大変でした。

いずれにしても、先輩がぼやいたような言葉は、卒業研究の指導を担当した者としては嬉しくないセリフです。

*

さて、今年も某大学1年生の情報リテラシーの授業が終わりました。

例年通り最後にまとめや感想を書いてもらいましたが、毎年のように「高校まででは教わらなかったCtrl+Cなどのショートカットがとても便利で、役に立った」、あるいは「授業中にタイピング練習をさせてもらえて、入力が楽になった」ということを書く学生が少なからずいます。

今年は、「Excelで平均値を求めたり、グラフを作れたりすることを知ってびっくりした」と書いた学生がいて、私がびっくりしました。

こういう文言を目にすると、「高校卒業までに学生たちは何を学んできたのかな?」と考えてしまうわけです。

そして、高校までの先生方に対して申し訳なく思うけれど、ほとんどの学生が何も学んでいないと言わざるを得ないのですよね。

他の記事にも書いたけれど、ソフトの表面をなぞるだけの情報教育は有害です。

それから、現在はやむをえないこととは言え、マウスとキーボードという拷問器具が標準的な入力装置だから、情報教育においては最初に教えるべきことです。必要な道具の扱いを教えずして、その道具を用いる学習が満足にできるはずがありません。これは小学校低学年で鉛筆の持ち方を教えるのと同じことです。私が授業でタイピング練習をさせなければならないのは、高校までの情報教育の指導者の不見識が原因です。(もちろんすべての学校ではありません。幸いと我が子たちの小中高は、子供たちにタイピング練習をさせています。)

*

話が飛びますが、私の授業では様々な制約から、Microsoft Officeを使います。Microsoft OfficeにSmartArtが搭載されてからは、これを積極的に使うように指導しています。学生たちにとても喜ばれます。

Microsoft Officeというソフトを教えるに当たって、SmartArtを教えないのは異常事態ですね。

 

広告
カテゴリー:未分類

【道具】リモートでの温度観察、高齢犬連れの自動車旅行

今夏は猛烈に暑いので、高齢犬連れの自動車旅行に先立て、車内温度の変化を観察してみようと思いました。この暑さの中、車に籠もって測定するのは自殺行為だから。リモート測定を考えました。

かつての職場の同僚(建築環境の専門家)が「おんどとり」という製品を使って研究データを取っていましたが「研究で使える=高い」だから、手を出せませんん。

探してみたら、WifiやBluetoothでデータを送れる廉価な温度計もありましたが、すでに所有している温度表示のあるデジタル時計と大差がないようだったので、二の足を踏んでいました。

*

これとは別に、「アルフレッド」というアプリを使って、使わなくなったスマートフォンを使った車内の監視システムを作っていました。システムと言っても、スマートフォン2台にアプリを入れて、一方をカメラ、もう一方をモニタにするだけです。

当初、暗視機能付きのネットワークカメラを検討してみましたが、電源や設置の問題から見送りました。夜間の監視は弱いLEDライトを付けっぱなしにする程度で十分かなぁ、、と思っています。

*

また、車内のサーキュレーションのため(エアコンの空気を3列目シートまで回すため)のファンの電源としてソーラーパネル式の充電器を買っていました。

*

以上、それぞれ異なる目的でしたが、組み合わせればリモート温度観察システムができることに気づきました。

「スマートフォンの監視カメラで温度計を固定視点で撮影し、もう1台のスマートフォンで、定期的にスクリーンショットを手動で取る」というシステム。かの有名なコーヒーポットと同じようなものです。

探せば、スクリーンショットを一定のインターバルで撮ってくれるアプリもあるのでしょうが、手動で十分なので探していません。

*

今日の測定環境:ジェットバッグを付けた車のサンルーフを全開し、窓上部に15mmくらいの隙間を作った状態で、紫外線カットのポリカーボネートの屋根がかかったカーポートに入れています。温度計は、犬を乗せる3列目シートに設置しました。。

気象台の発表では36度まであがったようですが、上記のシステムでは、14:15前後の38.8度が最高温度でした。意外と外気温に近いので驚きました。もちろん、測定位置の相違、センサ^の誤差を含むだろうから、鵜呑みにできる数値ではありません。

2018-08-02 14.15.39.png

*

ところで、犬が若かった頃はここまでやっていませんでした。

 

カテゴリー:道具

【雑記】アマゾンのカスタマーQ&A

何時の頃からか分かりませんが、アマゾンにカスタマーQ&Aというものができています。

レビューやカスタマーQ&Aの内容を、何かを購入するときの参考に見ることがありますが、カスタマーQ&Aの回答に「すみません、分かりません」というようなものがあって、不思議に思っていました。分からないのなら回答しなければよいのに、わざわざ謝ってまで「分からない」と書く心理が理解できませんでした。

あるときアマゾンから「これこれの質問に回答してください」というようなメールが届いて、「すみません、分かりません」という回答が存在する理由が分かりました。確かに、答えなければいけないような気分にさせるメールです。回答しなくてよいという選択肢があることに、この手のやりとりに慣れていない人は気づけないのだと思います。

アマゾンでの質問は、道を尋ねられた場合と違って目の前に困っている人がいるわけではないし、「すみません、分かりません」と世界に向けて公言しても誰の役にも立たないわけだから、スルーすればよいのですよね。

「すみません、分かりません」のように回答してしまう人は、日常世界では本当に善い人で道を尋ねられたら案内してしまうような人なのだろうと思いますが、インターネットの世界ではリテラシーが欠如している人と受け取られます。日常世界とインターネットの世界の線引きは必須です。

*

そして、「すみません、分かりません」と書くような人はまだ良いのですが、分からないことを曖昧なままに回答する人がいます。こういう人たちも善人なんだと思いますが、的確な回答ができない場合はスルーしてよいということを学んで欲しいと思います。

他の記事に知恵袋のようなシステムについて同様のことを書きましたが、アマゾンなどのレビューやカスタマーQ&Aも万人の役に立つ確かな情報であるべきだという視点が、回答者には重要です。

カテゴリー:雑記

【備忘録:PC・ソフト】 Dell Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)

出張や調査や旅行時のデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、ドライレコーダーのメモリカードのデータを取り込むためのストレージが欲しくて調べていましたが、軽便なノートPCがベストだという結論に達しました。

世の中が2-in-1にシフトしている昨今、2-in-1ではないモデルを買うのは馬鹿馬鹿しいと思ったので、割高ではあるものの2-in-1を買うことにしました。10年以上前のHPやNECのタブレットPCでの経験からCPU性能をある程度重視し、ストレージとして使うことからHDD搭載モデルを選べることとDellへの個人的な信頼から、Inspiron 11 3000 2-in-1の500GBのHDD搭載モデルを注文しました。

*

一昨日届きました。早速起動し、基本的な初期設定をした後、そのままの状態でシステムイメージを作成しました。いつもはHDDを使っていましたが、初めてBDを使いました。BDにも直接システムイメージを書き込めるのですね。25GBのBD一枚に収まりました(オススメ外付けBDドライブは、パイオニアのBDR-XD07LE)。

なお、この時点ですでにリモートデスクトップで繋げられるようにしています。Windows 10 Homeはそのままではリモートデスクトップできないので、RDP Wrapper Library を入れリモートデスクトップで操作しています。目の前にちゃんとしたキーボードトラックボールが付いたがあるのに、わざわざノートPCの使いにくいキーボードとトラックパッドを使うようなマゾヒスティックな嗜好は持っていません。

RDPほか自分にとって最低限必要であるツールを入れている最中に、Windows Updateが始まりましたが、今回は1803という大きなアップデートがあったので、5,6時間あるいはそれ以上かかりました。これが終わった時点で、再度システムイメージを作成しました。また、EaseUS Todo Backupのフリー版でディスク全体のバックアップと回復パーティションのバックアップを取りました。また、16GBのUSBメモリを使って回復ドライブも作成しました。

これくらいやっておけば不具合が生じても容易に復旧できるので、安心して好き放題にやれます。(PCの扱いに自信がない人はやらない方が無難です。)

不要プリインストールアプリの削除

ソリティア等はずっと以前からプリインストールされていましたが、Windows 10になってからゲーム以外にも不要なアプリがたくさんプリインストールされています。いらないのはすべて削除しました。通常の方法ではアンインストールできないものは、PowerShellからコマンドを打ち込む必要があります。その方法については、あちこちで詳細な説明がなされています。たとえば、windows 10 不要アプリ 削除 。

回復パーティションの削除

回復パーティションは3つに分かれていて、合わせて10GB程度を占めています。ストレージとしては10GBでも貴重なので、バックアップを取って回復パーティションが必要なくなったこともあり、削除することにしました。

いつも使っているパーティション管理ツールのフリー版をインストールしてやってみましたが、できません。Windows標準の「ディスクの管理」でも削除できなかったので、コマンドプロンプトからdiskpartを使って削除しました。diskpartについては、あちこちで詳細な説明がなされています。たとえば、windows 10 diskpart 。

パーティションの切り直し

これも「ディスクの管理」やいつものパーティション管理ツールではダメでした。

そこで、diskpartの復習中に発見したAOMEI Partition Assistant Standardでやってみました。あっさりとできました。

下図は切り直した状態を「ディスクの管理」で見たところです。Microsoft OfficeとかCG、CAD系のソフトを入れる予定がないので、システムは80GBでも大きすぎたかな?と思ったりしています。

Inspiron 11 3185 partition.png

*

パフォーマンス

この程度のスペックのPCに過剰な期待を抱く人はいないと思います。下図はCINEBENCH R15の結果で、私は「意外とよいじゃないか」と思いました。

Inspiron 11 3185.png

参考:2008年に購入した Dell Inspiron 530
(Core2Duo E6850, RAM 4GB, VIDEO GT730-2GB)

Inspiron 530.png

HDD

  • SEAGATE の ST500LM030 でした。2.5インチのSEAGATEはたぶん初めてですが、3.5インチでは良い印象を持っているので、2.5インチも大丈夫であろうことを期待します。なおマニュアルのHDD交換方法の図にはWestern DigitalのBlueが描かれていました。
  • Crystal Disk Markの結果;
    int hdd.png

外観

  • FM-7とかパピコンを思い出しました。褒められる点が見つかりませんが、廉価なノートPCはどれも似たようなものなのでしょうがないです。Vostro 2520程度のクオリティです。

キーボード・トラックパッド

  • キーボードは価格帯から言えば、出来は悪くないと思います。。
  • トラックパッドは、指でこする部分自体は別に問題ないですが、ボタンの方はベコベコしていて、ぱっとしません。
  • 私の場合、通常はリモートデスクトップでつないで操作するので、キーボードやトラックパッドの出来は問題になりません。外出時はタッチ操作が主体になると思うので、多少の出来の悪さには眼を瞑れます。

裏面の熱

  • HDDやCPUの外側はかなり熱くなります。CPU側よりHDD側の方が心持ち熱いです。手に持てる程度であり、火傷するほどではありません。SSDに換装したら多少は緩和されるかもしれませんね。

重量

  • カタログ値は1.369kgです。25年くらい前はPowerBook G3が軽いと喜んだものでしたが、タブレットやスマートフォンに慣れた今は1.369kgでも十分重く感じますね。

バッテリー

  • 購入後3日目の時点では、まだ分かりません。そのうち気が向いたら追記します。

USB 3.1 Gen1 ソケットからの給電

  • ポータブルHDD、ポータブルBDドライブともに問題なく動きました。

microSDカードリーダー

  • 64GBのmicroSDから40GB程度のデータをFastCopyでコピーしたときの所要時間;
    • microSD → 内蔵HDD = 27分弱
    • microSD → ポータブルHDD(USB3) = 29分弱

製品紹介で使われている4つのモード

  • 製品紹介HPでは、普通のノートPCの形状ほか、キーボードを裏に回してタブレット風にしたりするなど4つのモードが紹介されています。できないよりできる方が良いだろうという程度の印象ですが、あちこち持ち運んでいるうちに便利さが分かってくるかもしれません。

音質・画質

製品紹介では画質や音質の素晴らしさが強調されています。この程度の価格帯の製品に多くは期待できませんが、価格から見た相対評価としては「よく出来ている」と言って良いと思います。フルHDの動画も淀みなく再生されます。

 

*

冒頭にも記したように、最大の目的が外出時にメモリカードから取り込み可能なストレージだったので、その目的を簡単に達成できるIOデータのWFS-SR03も良さそうだと思ったのですが、64GBのコピーに約2時間45分かかると製品紹介HPに記載されていたので選択肢から外しました。コピー時間を気にしない場合はWFS-SR03の方が安上がりで軽便だと思います。

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【雑記】 ITを正しく使えば人命を守れると思う

またもや学校で子供が熱中症で亡くなりました。

あの暑さの中、屋外で活動するというのは狂気の沙汰ではないと思います。まだ小学校に入って数ヶ月の子供は、きっと先生に素直に従ったのでしょう。

今回の事件にかぎらず、学校活動における熱中症については正確な判断が出来なかった学校や教員にほぼすべて責任があると思いますが、古びた規則と慣習に縛られた学校や教員に柔軟な対応を求めることは絶望的だと思います。

*

そこで思ったのは、こういうことを人間が判断しなければよい、つまり、機械的な判断で行うようにすればよいということです。

コンピュータに屋外学習の可否を決定させるのが良いと思います。簡単なプログラムとセンサーがあれば、10年前のパソコンでも実現できるはずです。人工知能というような大げさなものは必要ありませんが、文科省や厚労省が主導してビッグデータを参照しながら同時に構築していくようなシステムにする必要があります。また、ギリギリの判断ではなく、かなり安全側の判断を返すような設定にする必要もあるでしょう。

そうすれば、一教員、一学校は判断の全責任を負う必要がなくなります。

*

先日の大雨による大災害も同様でしょう。これも行政の人に委ねたり、居住者自発性を重んじるなど、人の判断で行動するのではなく、機械的な判断に従うようにすればよいと思います。

空や天気図を見れば分かるような「今日の天気は?」に「晴れ、とても暑くなる」と答えるシステムは不要です。「今日は外出してはいけません」と知らせるシステムが必要です。

人の言葉には従わないくせして機械の言葉に素直に従う人は多いから、効果あると思います。

*

多くの人がスマートフォンを持つ今、GPSでその人がいる地形、標高などが分かりますから、そういう情報を用いた警報システムも可能でしょう。

*

上記のようなことは、すでに、どこかで誰かがやっていると想像します。一刻も早い実現を望みます。

カテゴリー:雑記

【雑記】 高速道路の移動距離と所要時間

Google、Yahoo、ドラぷら、それぞれの経路案内を使って、高速道路の移動距離と所要時間から平均時速を算定してみました。

移動範囲は中国道のあるICから北陸地方のA,B,C 3つのICまでです。それぞれで時間が最短となる経路を選んだので、舞鶴道を経由するルートと、名神を経由するルートのどちらかになっています。

Google Yahoo ドラぷら
距離 所要
時間
平均
時速
距離 所要
時間
平均
時速
距離 所要
時間
平均
時速
A 408 4:44 86 407 5:22 76 428 4:43 91
B 466 5:25 86 465 6:05 76 485 5:21 91
C 706 8:02 88 705 9:08 77 726 7:58 91

(単位 距離=km、所要時間=hh:mm、平均時速=km/h)

平均時速の根拠はどうなっているのでしょう?

どらぷらの算定基準はルート検索結果の下の方に「所要時間について」として、以下のように記されています。

表示される所要時間は、主として規制速度をもとに高速道路は区間により60~100km/h、都市高速などは時速40~60km/hにて計算し、弊社の発表している渋滞予測通過所要時間を加味して算出しております。

Yahooにはヘルプの中に「通る道路(高速道路、県道など)によって速度が異なります。」と、言わずもがなのことが記されていました。当たり前のことであっても明記するのは大切なことですが、もうちょっと詳細な情報があったら嬉しいです。

Googleは、さらっと探しただけではどこに書いてあるか分かりませんでした。

*

我が家の車にはカーナビをつけていません。地図を読んだり覚えたりするのが好きで、それで間に合っているからですが、二年ほど前、WiFiでしか使っていなかったスマートフォンにデータSIMを入れたので、ナビを試してみました。

当初はポイントの検索や設定が容易なGoogleのナビを使ってみましたが、とんでもない道を走らせられることが続いて、Yahooカーナビに切り替えました(1年半ほど前の状況です。Googleはその後使っていないので、いまは改善されているかもしれません)。Yahooはポイントの設定や検索にいまひとつ手間取りますが、まともな道を選んでくれたのでその後はYahooカーナビを使っています。

*

一方、PCではGoogleが圧倒的に使いやすいので、Yahooを使うことはほとんどありませんでした。今回、経路と所要時間を調べるにあたって、カーナビが正確なYahooでも調べてみたところ所要時間が他より大きかったので、上記のような比較をしてみた次第です。

渋滞のときは別として、経験的にはGoogleとドラぷらの平均速度が実状を反映しているような気がします。一方で、SA、PAでの停止時間を考慮した場合、Google、ドラぷらのパフォーマンスを出そうとしたらローカル色豊かなSA、PAをたっぷり楽しむことは難しいので、走行距離次第ではYahooの所要時間が妥当だと考えて計画を練るのが安全かもしれないと思いました。

カテゴリー:雑記

【雑記】 Wikipediaを信じるか?

Wikipedia。ボランティア活動で、ここまでの情報源と構築したのはすごいことだと思います。私も活用しています。

*

10年以上前のことだと思いますが、とある項目について調べたら、全く一般論として成り立っていない内容が書かれていました。その内容には明確な記憶がありました。

なぜなら、その記載内容は私がホームページに書いていた内容のほどんどそのままの写しであり、むしろ旧来の説明に反するような内容でした。ところが、その当時、その項目についての日本語情報でWebで見つかるのは、私が書いていたものだけでした。(特定分野においては重要な内容なので、私が書いたものしかWebで見つからないことには大変に驚きました。多くの書籍に記されている内容でしたから。)

*

さて、この項目についてのWikipediaの記載は、親切なボランティアさんがWebで見つけた私のホームページを骨格とし、それに多少の一般的知識を追記したもののように思えました。この状態が少なくとも5,6年は間続いていました。

*

私は責任を持てないのでWikipediaの編集ボランティアに参加するつもりはなく、また、件の項目内容が人の生死に関わるような重大事ではなかったことから、そのままにしていました。このことを無責任だと言う人がいるかもしれませんね。責任感をもって編集しているボランティアさんたちがたくさんいることは、いろいろな項目を見ていると分かります。そのようなボランティアさんたちには頭が下がります。ところが Wikipedia というもの自体がボランティアで成り立つため、間違った内容に対して何か起きても誰も責任を取れません(取る必要もありません)。そういうシステムです。閲覧者はそのことを理解して、自己責任で掲載内容を扱う必要があります。

たとえば私のホームページがベースになっていた項目も、原著を読めば私が行っていたような解釈も可能であることが分かります。とはいっても、原著はフランス語で日本語訳の書籍が出ていますが、翻訳者の原著者への思い入れが強すぎたのか、偏った訳になっています(原著を読めば分かります)。でもフランス語だということがハードルになって、原著に当たれる日本人は少ないでしょう。出版社から出された翻訳者が明確な書籍でもこういうことがあるので、Wikipediaは言わずもがな、と考えざるをえません。

*

今日のコンピュータリテラシーの授業の準備をしているときに、「そういえば、Wikipediaのあの項目はどうなったろう?」と調べてみたら、幸いなことに中途半端ではあるものの、以前からは大幅に書き換えられていました。しかし、ある一点については、かつてよりも危ない書き方になっていました。(私の見解では、それが正しいと思うわけですが、一般論としてはどうなのか?)

*

授業では毎年、このような例を引き合いに出して、裏の取れない情報には気をつけましょうと指導しています。

 

さて、このような個人のブログも正当性のない単なる読み物なので、上に書いたことの正当性はどうなのでしょう、、、考え始めると堂々巡りになりますね。

 

カテゴリー:雑記
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。