【道具】ダッシュボードの映り込み対策サングラス

去年買った車のフロントガラスはかなりスラントしています。そのせいで、ダッシュボード上面のフロントガラスへの映り込みが甚だしく、長時間のドライブではかなり目が疲れます。目の疲れに起因する頭痛も併発します。何か対策しなければ!と思いつつ、なんとなくだましだまし乗っていました。

しかし、数日前、夏のギラギラした太陽の下、4時間ほどドライブしたら目のダメージがとても大きく、これではいけないと思って本気で対策することにしました。

方法としては、1)ダッシュボードの反射を抑える、2)映り込みを目に入れない、の2つがあり得ます。

1)はダッシュボード上に反射しない(直接反射が弱い)素材を敷けばよいことは明白で、インターネットで検索してみてら、百均の書道用下敷きを使うという安上がりな工夫でかなり解消することがわかりました。しかし、言うまでもなく、見た目がいまいち、粘着テープ等で固定しないとずれるなどのデメリットがあります。

chromance_cr.jpgそこで2)の方法を採ることにしました。簡潔に言えば、偏光メガネをかけるということです。

サングラスはレイバンのティアドロップ型という思い込みがあり、すでにレイバンのティアドロップ型を2つ所有しています。今回は、CHROMANCE (クロマンス)RB8317CH 003/5Jを選びました。

早速3時間ほどドライブしてみたところ、効果絶大、素晴らしいの一言です。映り込みは取れ、目の疲れもありません。さすがレイバン、期待を裏切りませんでした。

*

以下の画像はドライブレコーダーの映像から切り出したもので、CHROMANCE RB8317CH 003/5Jをかけていないときは、これらの画像のよりも強くダッシュボード映り込みます。

CHROMANCE RB8317CH 003/5Jをかけると、映り込みはほぼゼロに近づきます。下の画像の中央上部に見える銀色の枠の映り込みが、わずかに(意識すれば、映り込んでいるような気が知ると感じる程度に)残りますが、その他の映り込みは見えなくなります。

一方、これまでは映り込みのおかげ見えなかった窓の汚れ(とくに、白っぽいくもり)がはっきりと見えてしまったので、慌てて、STONER ガラスクリーナー インビジブルガラス 1730で拭き取りました。窓の内側をきれいにするときは、これがベストです。

2

1

Chromance(クロマンス)は色にこだわったレンズだそうで、購入時にはこのことも重視しました。たしかに色はきれいに(自然な感じに)見えますが、グレーの偏光レンズなので、カメラでいえば偏光フィルターNDフィルターを合わせて使ったような映像です(露出アンダーの、単に光が足りない映像とは異なり、コントストがしっかりしている)。夕方の太陽にまっすぐ向かうドライブがわりと辛くない一方で、太陽が出ているあらゆる時間帯に、どっち方向に向いて走っても、つねに夕方の時間帯にドライブしている感じになります。

 

 

 

カテゴリー: 道具

【備忘録:PC・ソフト】WindowsからMacにリモートデスクトップ接続

これまでは、WindowsからMacにリモート接続する時、Team Viewerを使っていましたが、新しい方法を見つけました。「新しい」ではなく、「灯台下暗し」であっただけですが、、。

Linux mintを入れたLOOX M/D15をファイルサーバ的に使っていて、WindowsからVNC Viewerで接続してメンテナンスをやっています。で、今日になって初めて、MacもVNC で繋げられることを知ったので、VNC Viewerで試してみました。

Mac側は共有の設定が必要です。

2019-06-15_205727.png

2019-06-15_210008.png

上の黄色いマーカー部にMacのIPアドレスが表示されるので、これを憶えておいて、次はWindows側でVNC Viewerを起動して、File > New Connection と進んで、接続設定を作ります。VNC Serverのところ(下の黄色いマーカー部)に、上で憶えたIPアドレスを記入します。Nameは分かりやすいものを。

2019-06-15_210428.png

これでWindowsからMacを操作できます。

 

 

 

 

カテゴリー: 備忘録:PC・ソフト

【雑記】 Dell Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)のHDDをSSDに交換

SSDの価格がかなり落ちています。そろそろ潮時だろうと思って、以前から考えていたモバイルストレージ(?)目的で購入したDell Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)の500 GB HDDモデルをSSDに交換することにしました。

480GBのSSDを物色していたところ、512GBの 2.5inch SATA III の512GBモデルが480GBと同等の価格だったので、これを買いました。(本家サイト:http://www.agi-gear.com/

購入前にAGIのSSDのアマゾンや価格コム他でレビューを見ましたが、ぱっとしたものは見つかりませんでした。この製品にかぎらず素人によるレビューは話半分で受け取れば良いし、私のInspron 11 の使い方からは多少の不具合は気にならないので、「安さ」で選んだ次第です。

交換手順は、サービスマニュアル(デルのサポートページにでも閲覧可能)に記載されている通りで、とても簡単です。

カタログ値は Read:556MB/s、Write:519MB/sですが、Crystal Disk Markで測定した結果は以下のようになりました。

AGI SSD 1.PNG

AGI SSD 2.PNG

 

 

 

 

 

カテゴリー: 雑記

【教育】道路看板を「岡山空港」から「岡山桃太郎空港」に書き換えるというあまりにも愚かな発想

地元の空港の名称が、いつのまにか岡山空港から岡山桃太郎空港に変わったようです。

何でもかんでも、名称に「桃太郎」を付けること自体が幼稚で、地元民として恥ずかしいかぎりですが、道路の案内看板も「岡山空港」から「岡山桃太郎空港」に書き換えられつつあります。

*

これ、愚行としか言いようがありません。

地元民として恥ずかしいから、愚行だと言っているわけではありません。

*

運転中は、常に多様な情報をインプットしながら、適切なアウトプットをする必要があります。「岡山空港」だけで事足りる情報に対して、「桃太郎」という3文字分多い情報を読まなければならないこと、つまり、そうでなくても脳味噌が忙しい運転中に、コンマ数行の無駄な時間を費やして、無用な情報を読みとなければならないことの危険性を、看板を書き換えた人たちは理解していないのでしょう。事故は、コンマ数秒の思考の攪乱によっても生じるわけです。

この愚行は、オリンピックのエンブレムの盗用騒動を思い出させます。日本におけるデザイン教育の不足と、それに起因する日本人のデザイン思考の欠落が露呈した出来事だと思います

さらに言えば、「岡 山 空 港」とほどよい間隔で並べられていたのと同じ幅に「岡山桃太郎空港」と無理矢理入れているので、字間が詰まりすぎてとても読みづらくなっています。

このように「税金を投入して人々を危険にさらす」ことを愚行と呼ばずしてなんと呼べばよいのか、、、、。

*

「岡山桃太郎空港」という恥ずかしい名称に喜んでいる岡山県民がたくさんいるとは俄には信じがたいし、機長さんやキャビンアテンダントさんも「まもなく岡山桃太郎空港に到着します」とか言わされるのは苦痛でしょう。岡山桃太郎空港に限らず全国的に恥ずかしいネーミングが増えているようですが、幼児か相当の年配の人に由来するケースが多いらしいですね。

*

ところで、Wikipediaによれば「開港30周年を記念して「岡山桃太郎空港」の愛称を制定」したそうです。正式名称でないことを喜びたいところですが、道路の案内看板のような公的な情報の提供媒体に「正式名称」ではなく「愛称」を使っているということですか? (・・;)

カテゴリー: 雑記

【雑記】元号は代わるが、時代は変わる?

20世紀が終わろうとする頃、20世紀なんとか辞典という書籍が出版されました。タイトルを見て「アホか?」と思いました。ちょうどその頃、ある雑誌にブックレビューを書いていたので、編集者に頼んで件の辞典のレビューを書かせてもらいました。内容は良い本だったので好意的な内容のレビューになりましたが、20世紀がまだ1,2年残っている時点で20世紀なんとか辞典として20世紀を括ってしまう軽率さは指摘しました。まだ終わっていないものに対して「20世紀○○」と括るのは販売戦略としては適切なのかも知れませんが、そのようなタイトルの本に関与した執筆者たちには憤りを感じました(「企画は面白いので参画するが、20世紀が完全に終わるまで待て!」と言った執筆者はいなかったのか!という憤りです)。

*

今日で平成が終わります。

元号世の中では「新しい時代になる/新しい時代が来る」と言う人がいたり、あるいはこれまでの約30年つまり平成という元号に含まれる期間をひとつの「時代」として括る人もいるようです。

2019年に元号が代わることから新しい時期の始まりとして人々は今年を語るようですが、元号が代わらなかったら今年は2010年代の終わりとして語られただろうと思いますが、それはさておき、元号が代わるからといって直ちに歴史が変わるわけではありません。歴史は、今の私たちが積み上げられた過去の事実を振り返ったときに、今の私たちに必要なものとして見えるものです。その見え方によって時代区分は揺らぎます。

少なくとも数十年を待たなければ、平成をひとつの時代区分として扱うことが適切であるかどうか分かりません。現在から見たとき、明治や昭和をひとつの時代区分として括るのは適切ではありません。大正は明治末期から昭和初期を合わせたら、平成は昭和末期と令和初期を合わせたら、ひとつの時代として括れそうですが、このような短期的な括り方は今の自分たちに近い時期だから可能なだけで、数百年経ったら現在の私たちには想像も出来ない時代区分で歴史が把握される可能性が高いと思います。

*

元号は、一種の普遍性を感じてしまう西暦と同じく、人が自分たちの都合で貼り付けたラベルにすぎないわけですが、元号が代わることが人々の気持ちに与える影響は否定しません。というより、必ず影響があるだろうと思いますが、それがバラエティ番組的なバカ騒ぎに終始しないことを願います。

 

カテゴリー: 雑記

【教育】2020年から小学校でプログラミング教育が必須になるそうだが、、

2020年から小学校でプログラミング教育が必須になるそうです。

これについては、小学校を中心としたプログラミング教育ポータルが公開されています。充実した、面白いサイトです。

私自身のプログラミング学習経験から言えば、将来の職業や生活と無縁であったとしてもプログラミング学習はとても役に立つと思うので、大きく期待します。

一方で、指導する側がプログラミング学習の向こうにあるものをしっかり見ていないと、現在の情報教育のように「Wordで文字は打てるが文章を書けない人」、「PowerPointでパタパタめくり絵を作れるが、プレゼンできない人」、要するに特定ソフトウェアのオペレータ(それも低レベルのオペレータ)を量産するだけに終わります。子供たちの貴重な時間を無にしないように、指導する側は、ぜひともがんばってください。

カテゴリー: 教育

【雑記】中島義道氏と、ロブ・グリエの『消しゴム』

我が家ではよくある後継ですが、息子が読んでいる本が床に転がっていました。パラパラっとめくったら面白かったので、しっかりと読みました。これが「中島義道」という名前の哲学者をはっきりと認識したきっかけです。息子が持っていた同氏の著作数冊にさらさらっと目を通しましたが、納得・同感・共感できる内容がとても多いのに驚きました。

*

ずっと昔から、私は、街中(とくに店舗内)のBGMが大嫌いです(音楽は大好きですが、BGMのように無理矢理聴かされる音楽は嫌いです)。あるとき(出版年を確認したら1996年)、『うるさい日本の私』という本の出版を新聞広告で知って強い興味を持ちましたが、まだオンライン書店もなかった時代で、丸善も紀伊国屋もないような街に住んでいたので手に取ってみることもできず、そのまま20年以上が過ぎました(当時の立場からは、附属図書館に入れてもらうこともできたことに今さらながらに気付きました)。

*

数ヶ月前、息子にオンライン書店で古本を注文して欲しいと頼まれました。送料無料にするために自分用に何か買おうと物色していたら、『騒音文化論 なぜ日本の街はこんなにうるさいのか』という本が目に入りました。これを買うと送料が無料になるので注文しました。

届いてから初めて著者名を確認したのですが、なんと中島義道氏でした。そして、『うるさい日本の私』も同じく中島義道氏が著したことを知りました。『騒音文化論 なぜ日本の街はこんなにうるさいのか』を読むと、中島義道氏と私のうるささの感じ方が非常に似通っていることが分かりました。感覚の近さが中島義道氏の著作で納得・同感・共感できる部分が多かった理由でしょう。

*

Le gomme.png

大学時代、フランス文化論を教わったペシャール先生がアラン・ロブ=グリエの『消しゴム』の概要を図解しながら「ぜひ読みなさい」とおっしゃいました。原著は辛かったですが、翻訳と対照しながらなんとか読み通しました。文学者に叱られそうな要約をすると「偶然の作用であたかも時間がループしたかのような出来事が起きる」話ですが、私にとっての中島義道氏の発見(それとも再会?)はそれと似たような体験です。(右図はペシャール先生の図解を思い出しながら、Vectorworksで描いたもの。)

 

 

カテゴリー: 雑記
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。