【備忘録:PC・ソフト】誤削除したmicroSDカードの動画の復元とバッチファイル

microSDカード上のドライブレコーダー( Kenwood DRV-630)のファイルを過って削除したので、復旧を試みました。

削除したファイルを取り出す作業自体はソースネクストの「救出®ファイル復元」でたやすく終わりました、、、と思ったら、MP4ファイルが開けません(NMEAの方は問題ありませんでした)。その理由は分かりませんが、「MP4 修復」で検索したらいくつか情報が見つかったので、複数のサイトで言及されていた下記の方法を試したら、動画ファイルは無事に開けました。なお、私はMP4の修復に使いましたが、MP4 / AVI / H264 / H265 に対して有効であるようです。

https://tehnoblog.org/video-repair-guide-corrupted-mp4-avi-h264-file-fix/

(上記を日本語で解説したサイトもありましたが、元ネタの方を掲載しています。)

ところが、上記の説明は1つのファイルの復旧についてなので、ドライブレコーダーのように数十個以上あるような場合にひとつひとつファイル名を打ち込みながら復旧するのは苦痛です。

そこで、いつものようにMS-DOSコマンドとExcelを使ってバッチファイルを作りました。

私はffmpeg自体の細かいことが分からないので上記のHPの通りにやりましたが、STEP 8,9あたりは他のやり方(=オプションの使い方)があるかもしれません。

また、バッチファイルのループ処理が分かっている人にとってはExcelは不要です。というか、そもそもこのブログの情報も不要ですね。だから、以下はバッチファイルを扱ったことのない人向けの説明です。

※バッチファイルの説明は「知識ゼロからのwindowsバッチファイル超入門」が分かりやすいです。興味あれば検索してみてください。

以下の手順は、削除して復旧したMP4ファイル群に限った方法ではなく、たんに開けなくなったMP4ファイル群に対しても使えます。またExcelがインストールされていて、かつ、拡張子CSVがExcelに関連づけられていることを前提としています(普通にExcelをインストールしたら勝手にそうなっています)。

【手順】

  1. 上記のHPのSTEP 7までを実行します。
  2. STEP 7で用いる健全なMP4ファイルは同じドライブレコーダーで録画した過去の動画を使いましょう。具体的には「recover_mp4.exe good.mp4 analyze」の「good.mp4」の代わりに自分の動画ファイル名を使うということです。また、上記のHPの説明は修復したい動画ファイルをffmpeg/binフォルダに入れた場合なので、手動で修復したい動画ファイルをffmpeg/binフォルダにコピーしておきます。
  3. コマンドプロンプトを開き、復元した動画ファイルのフォルダに移動します。たとえば、動画をE:\ffmpeg/binに入れていたら、コマンドプロンプトで「CD  E:\ffmpeg/bin <enter>」、「E: <enter>」のように入力します。なお、「E:\」の「\」(バックスラッシュ)は、フォントの都合でバックスラッシュに見えると思いますが、キーボードで半角の円マークを打ち込んでください(以下同様)。
  4. この状態で、「dir /b *.mp4 > aaaa.csv <enter>」と入力し、ファイル名リストを作成します。

    ファイル名のaaaaの部分は任意です。一過性のファイルなので、aaaaのように意味のないファイル名にしています。また、この作業の後、マンドプロンプトのウィンドウを閉じてもOKですが、やり直す場合のことを考慮してそのままにしておきましょう。

  5. エクスプローラーでaaaa.csv をダブルクリックするとExcelが開いて、A列にファイル名一覧が表示されます。
  6. B1に拡張子を取り除いたファイル名を入れるために、計算式「=LEFT(A1,17)」を入力します。(2つめのパラメータ「17」はDRV-630 などKenwood製品の場合であって、使用するドライブレコーダーがどのようなファイル名を付けるかによって、異なる数値になります。)
  7. C1に上記のHPのSTEP 8「recover_mp4.exe bad.mp4 recovered.h264 recovered.aac」に相当するコマンドを作るために下記のように入力します。

    =CONCATENATE(“recover_mp4.exe “,A1,B1,”.h264 “,B1,”.aac”)」

  8. D1に上記のHPのSTEP 9「ffmpeg.exe 30 i recovered.h264 i recovered.aac bsf:a aac_adtstoasc c:v copy c:a copy recovered.mp4」に相当するコマンドを作るために、下記のように入力します。

    =CONCATENATE(“ffmpeg.exe -r 30 -i “,B1,”.h264 -i “,B1,”.aac -c:v copy -c:a copy “,A1)

    Excelの計算式の最後の「A1」についてですが、「A1」と書くと元ファイルと同じファイル名で修復されます。それが困る場合は「A1」ではなく「”recovered_”,B1,”mp4″」のように記すと、元ファイル名の先頭に「recoverd_」が追加されたファイル名になります。

    それから、私はドライブレコーダーの音声録音をオフにしているので上記ではエラーになりました。そこで、音声に関わる部分を除いたコマンドを作りました。

    =CONCATENATE(“ffmpeg.exe -r 30 -i “,B1,”.h264 -c:v copy “,A1)

  9. B1~D1セルをドラッグして選択し、D1セルの右下の■をドラッグして、A1の最下行に至るまでずるずるっとコピーします。(下画像のようになります。)
    2019-10-22_105734.png
  10. メモ帳などのテクストエディタを起動します。
  11. Excel表の最上部のCをクリックしてC列すべてを選択して、Ctrl+Cでコピーし、メモ帳に移ってCtrl+Vで貼り付けます。
  12. メモ帳の「名前を付けて保存」で保存ダイアログを表示し、下部の「ファイルの種類」を「すべてのファイル」に変更してから、その上の「ファイル名」に「recover_all.bat」と入力して保存します。

    保存ファイル名に関して重要なのは、拡張子「bat」です。上の例の「recover_all」の部分は何でもかまいませんが、必ず「.bat」を付けてください。「bat」はバッチファイルを示す拡張子なので、間違えると動きません。

  13. 手順11,12と同様に、D列の内容をメモ帳にコピーし、「remake_all.bat」のようなファイル名で保存します。
  14. ここまでできたらExcelを閉じてもOKです。適当なファイル名を付けて保存してから終了します。
  15. エクスプローラーで、12で作成した「recover_all.bat」をダブルクリックします。勝手にコマンドプロンプトのウィンドウが開いて処理が始まります。
  16. 手順15が終了してコマンドプロンプトのウィンドウが自動的に閉じられたら、修復前のMP4ファイルをどこか適当なフォルダに移動させるか、削除します。(手順8のところで、元ファイルと異なるファイル名で修復するようにした場合は、移動や削除は不要です。)
  17. 手順13で作成した「remake_all.bat」をダブルクリックします。再びコマンドプロンプトのウィンドウが開いて処理が始まり、終わると勝手に閉じます。
  18. 以上で修復できているはずです。できあがった動画ファイルを確認しましょう。また修復前のファイルが不要であれば削除しましょう。

以上です。

さて、話をmicroSDカードで誤削除した動画の復元に戻すと、すべてのファイルを復元できたのですが、異なるファイル名で同じ内容の動画ができたりしていたので、無事に復元できたのは一部だけでした。誤削除した後、microSDカードは手つかずのまま復元作業を開始したのですべて無事に復元できると考えていましたが、残念な結果に終わりました。

そこで、ソースネクストの「救出®ファイル復元」以外(※)のファイル復元ソフト、たとえばGlary Undelete で試しましたが、結果は同様でした。つまり、ファイル復元ソフトの性能ではなく、microSDの状態そのものが復元できないファイルがあった原因でしょう。microSDについては詳しくないし、とくに調べる気もないので、原因は分からずじまいです。

(※)私が使っているソースネクストの「救出®ファイル復元」はO&O社のOEMなのでO&O社以外のものです。また「救出®ファイル復元」はバージョンによってOEM元が異なるかもしれないので、「救出®ファイル復元」だからといってO&O社であるとは限りません。

*

VLC Media Playerで修復できるという情報もありましたが、私の場合はできませんでした。面倒くささから言えば、まずVLC Media Playerで試みて、だめなら上記の方法を使う手順の方がよいだろうと思います。

カテゴリー: 備忘録:PC・ソフト

【教育】皿上の美学、味よりビジュアル重視の料理

きれいに盛り付けられた料理の写真を見るのは嫌いではないですが、「これ、いったいどうやって食べるのだろう? 食べ終わるまで皿上の美学を保つにはいったいどのような道具を使ってどのような手順で食べればよいのだろう?」と疑問を感じるものが少なくないです。箸の最初のひとつつきで皿上の美学が消えたら、あとは残骸を口に運ぶ苦行が残るのみです。

真に美しい盛り付けというのは、皿上のものがなくなるまで、つまり、食べる人が突き崩し続けても最後まで美を保つものではないかと思うのです。もちろん食べる人もそういう配慮で食べていかかなければなりません。将棋崩しのように、一箸ごとに、どこをどう取ろうか、そしてそれを取った後はどうなるか、、、と考えつつ箸を進める心地よい緊張感。

「料理は盛り付けた時点で終わるのではなく、皿が空っぽになった時点で終わる」と私は考えます。

*

さて、家族が図書館で借りた料理本の表紙写真を見て、目が点になりました。表紙写真の料理があまりにひどいので、救いを求めてページをめくってみましたが、もうあきれるばかりでした。

味には個人個人の好みがありますが、好みを持ち出して味を語る以前に以前に、料理として成り立つことが前提です。

この料理本に掲載された料理の大半は、切ったときの断面の姿を視覚情報デザイン的な意味できれいに見せることしか考えておらず、写真だけで「これは絶対においしくない」と断言できるものでした。

どうしておいしくないと思ったかというと、使う複数の食材に明確な主従関係が見当たらなかったからです。

視覚情報デザイン的な発想で美しく見せるために、味のバランスではなく、断面を構成する色の面積配分で、材料の配分を決めているようです。

家族が試しに作ってくれました。たしかに見た目はきれいでしたが、味の方は予想通り何だか分からない食べ物になっていました。

*

この本の料理を、海原雄山ははなから相手にしないでしょうが、山岡士郎がどう評価するかは知りたい気がします。

 

カテゴリー: 教育

【雑記】表現の不自由? 表現力の不自由!

ある展覧会のことで「表現の自由」が話題になっていて、メディアでは様々な意見が流れていますが、私は強い違和感をおぼえます。

というのは「表現の自由」についての意見は聞かれる一方で、対象となった3Dオブジェクトが「芸術作品であるかどうか(芸術作品として認められるかどうか)」についての意見は見当たりません(私が気づいていないだけかもしれませんが)。「芸術・美術系の展覧会に展示されたこと=芸術作品である」という前提になっているのかもしれませんが、それは正しいのでしょうか?

*

私は芸術とは「普遍的な美」の表現であり、芸術家とは「普遍的な美を表現する人」だと捉えます。

「普遍的な美」を有する現代の作品はたくさんありますが、軽い意味で「現代芸術」とか「アート」と呼ばれるような作品群においては、まるで「美」が敵であるかのような扱いを受けているケースもあります。制作や創造にあたっては何事においても従来の概念にとらわれないことが大切なので、美を敵と見る態度自体は善しとして差し支えありません。マルセル・デュシャンの「泉」はそういう方向性から生まれた3Dオブジェクトであったと思います。しかし歴史的に見れば「泉」1つがあったという事実だけで概念破壊は達成されたので、現代のアーチストやゲイジツカが同じようなことを繰り返しても無意味です。

*

映像を見ただけですが、今回、話題となったいくつかの3Dオブジェクトには「美」が感じられません。「表現の自由」がどうであるか以前に「そもそもこれって芸術作品?」と違和感を持った人も多いのではないかと思います。

古くはペイディアス、あるいは最近の印象派の画家たち、ピカソ、岡本太郎のような芸術家は、その時代までに築き上げられていた美の概念を突き抜けて美の概念を拡張したと私は考えています。そういう人たちだけが「表現の自由」を謳える芸術家だと思います。普遍的な美に到達できない作家が「表現の自由」と言いたくなる気持ちは分からないではないですが、音声として口から出してしまったら、自らの「表現力の不自由」の表明になるので気をつけてください。

一方、見る側としては、ある3Dオブジェクトに説明が加えられていたら、その時点で、その3Dオブジェクトは表現力の不自由を表明していると捉えても差し支えないでしょう。

*

その3Dオブジェクトが政治的なメッセージを含んでいるかどうか、あるいは政治的メッセージを読み取るかどうかは表層的な話です。その3Dオブジェクトが「普遍的美」があるかどうか、あるいは作った人が「普遍的美」を探求した結果であるかどうか議論の焦点であり、また鑑賞者は「メッセージ」の読み取りではなく、「美」の発見を行うことが大切です。

*

数年前の東京オリンピックエンブレムが盗作ではないかと騒がれた一件について、私はあれは盗作ではないと捉えるのが適切だと思います。自分のデザインが盗作されたと主張したデザイナーは別として、あのエンブレムが気に入らないことをデザイン的な側面から表現できないために、非難するための便利な言葉として「盗作」に飛びついたのだと思いますが、今回も「美」を論議できないために、対象の中に「美」を見いだせない不快感あるいは焦燥感といったネガティブな心の動きを「表現の自由」という高尚な気配が漂う便利な言葉で示したのだと思わざるをえません。

芸術や美のとらえ方はいろいろあるでしょうが、「相手が理解してくれるような十分な説明ができないこと」を「これは表現の自由の結果としてここに在る」とお茶を濁すのはみっともないです。これもまた「表現力の不自由」が原因なのでしょう。

*

ところで、上記のようなできごとに絡んで表舞台に登場する人々の言葉の軽さには驚きを禁じ得ません。このような軽さの根っこには「他者より秀でていること」を認知せず(ひどい場合は潰し)、「他と違えば何でも個性である(そしてそれは良いことである)」とする日本の教育や社会の大問題が潜んでいるはずです。

本気で論文にするような心づもりで書かなければならないテーマを思うままに書き殴ってしまいました。私自身の「表現力の不自由」で失礼しました。

 

 

カテゴリー: 雑記

【雑記】IPv6に切り替えたら、劇的に高速化!

使っているプロバイダはIPv6接続が可能なことは依然から知っていました。しかし、なんとなく手続きや設定が億劫でIPv6へ切り替えていませんでしたが、ついにやってみました。結果として必要だった手続きはプロバイダへの申し込みだけで、ホームゲートウェイ(PR-500KI)の設定は無用でした。

*

Microsoft ストアで入手できる”Network Speed Test”の実行結果は以下です。

  • 測定日 8/21/2019(赤線の下) がIPv4
  • 測定日 8/26/2019(赤線の上)がIPv6

2019-08-26_204555.png

*

劇的な高速化に、これまで切り替えをサボっていたことを後悔しました。

 

 

カテゴリー: 雑記, 未分類

【道具】ダッシュボードの映り込み対策サングラス

去年買った車のフロントガラスはかなりスラントしています。そのせいで、ダッシュボード上面のフロントガラスへの映り込みが甚だしく、長時間のドライブではかなり目が疲れます。目の疲れに起因する頭痛も併発します。何か対策しなければ!と思いつつ、なんとなくだましだまし乗っていました。

しかし、数日前、夏のギラギラした太陽の下、4時間ほどドライブしたら目のダメージがとても大きく、これではいけないと思って本気で対策することにしました。

方法としては、1)ダッシュボードの反射を抑える、2)映り込みを目に入れない、の2つがあり得ます。

1)はダッシュボード上に反射しない(直接反射が弱い)素材を敷けばよいことは明白で、インターネットで検索してみてら、百均の書道用下敷きを使うという安上がりな工夫でかなり解消することがわかりました。しかし、言うまでもなく、見た目がいまいち、粘着テープ等で固定しないとずれるなどのデメリットがあります。

chromance_cr.jpgそこで2)の方法を採ることにしました。簡潔に言えば、偏光メガネをかけるということです。

サングラスはレイバンのティアドロップ型という思い込みがあり、すでにレイバンのティアドロップ型を2つ所有しています。今回は、CHROMANCE (クロマンス)RB8317CH 003/5Jを選びました。

早速3時間ほどドライブしてみたところ、効果絶大、素晴らしいの一言です。映り込みは取れ、目の疲れもありません。さすがレイバン、期待を裏切りませんでした。

*

以下の画像はドライブレコーダーの映像から切り出したもので、CHROMANCE RB8317CH 003/5Jをかけていないときは、これらの画像のよりも強くダッシュボード映り込みます。

CHROMANCE RB8317CH 003/5Jをかけると、映り込みはほぼゼロに近づきます。下の画像の中央上部に見える銀色の枠の映り込みが、わずかに(意識すれば、映り込んでいるような気が知ると感じる程度に)残りますが、その他の映り込みは見えなくなります。

一方、これまでは映り込みのおかげ見えなかった窓の汚れ(とくに、白っぽいくもり)がはっきりと見えてしまったので、慌てて、STONER ガラスクリーナー インビジブルガラス 1730で拭き取りました。窓の内側をきれいにするときは、これがベストです。

2

1

Chromance(クロマンス)は色にこだわったレンズだそうで、購入時にはこのことも重視しました。たしかに色はきれいに(自然な感じに)見えますが、グレーの偏光レンズなので、カメラでいえば偏光フィルターNDフィルターを合わせて使ったような映像です(露出アンダーの、単に光が足りない映像とは異なり、コントストがしっかりしている)。夕方の太陽にまっすぐ向かうドライブがわりと辛くない一方で、太陽が出ているあらゆる時間帯に、どっち方向に向いて走っても、つねに夕方の時間帯にドライブしている感じになります。

 

 

 

カテゴリー: 道具

【備忘録:PC・ソフト】WindowsからMacにリモートデスクトップ接続

これまでは、WindowsからMacにリモート接続する時、Team Viewerを使っていましたが、新しい方法を見つけました。「新しい」ではなく、「灯台下暗し」であっただけですが、、。

Linux mintを入れたLOOX M/D15をファイルサーバ的に使っていて、WindowsからVNC Viewerで接続してメンテナンスをやっています。で、今日になって初めて、MacもVNC で繋げられることを知ったので、VNC Viewerで試してみました。

Mac側は共有の設定が必要です。

2019-06-15_205727.png

2019-06-15_210008.png

上の黄色いマーカー部にMacのIPアドレスが表示されるので、これを憶えておいて、次はWindows側でVNC Viewerを起動して、File > New Connection と進んで、接続設定を作ります。VNC Serverのところ(下の黄色いマーカー部)に、上で憶えたIPアドレスを記入します。Nameは分かりやすいものを。

2019-06-15_210428.png

これでWindowsからMacを操作できます。

 

 

 

 

カテゴリー: 備忘録:PC・ソフト

【雑記】 Dell Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)のHDDをSSDに交換

SSDの価格がかなり落ちています。そろそろ潮時だろうと思って、以前から考えていたモバイルストレージ(?)目的で購入したDell Inspiron 11 3000 2-in-1 (3185)の500 GB HDDモデルをSSDに交換することにしました。

480GBのSSDを物色していたところ、512GBの 2.5inch SATA III の512GBモデルが480GBと同等の価格だったので、これを買いました。(本家サイト:http://www.agi-gear.com/

購入前にAGIのSSDのアマゾンや価格コム他でレビューを見ましたが、ぱっとしたものは見つかりませんでした。この製品にかぎらず素人によるレビューは話半分で受け取れば良いし、私のInspron 11 の使い方からは多少の不具合は気にならないので、「安さ」で選んだ次第です。

交換手順は、サービスマニュアル(デルのサポートページにでも閲覧可能)に記載されている通りで、とても簡単です。

カタログ値は Read:556MB/s、Write:519MB/sですが、Crystal Disk Markで測定した結果は以下のようになりました。

AGI SSD 1.PNG

AGI SSD 2.PNG

 

 

 

 

 

カテゴリー: 雑記
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。