アーカイブ

Archive for the ‘Nice な Joke’ Category

【CADとかBIMとか】Wikipediaのヴォールトの説明

必要があってWikipediaのヴォールトの説明を見たところ、思わずクスっとしました。嘲笑ではなく良い意味での笑いです。

*

どこで笑ったかというというと、

「ヴォールトとは、アーチを平行に押し出した形状(かまぼこ型)を特徴とする(以下略)」

「ヴォールトは、アーチ断面を水平に押し出したものである。」

という部分です。

*

形状を幾何学的に説明する場合は上記で差し支えないし、CADで作る場合に「押し出し(Extrusion)」を使えば良いという説明にもなっています。3Dプリンタで作る時も説明のようなやり方になるでしょう。ありがちな建築史や構法の側面からの作り方ではなく、とても現代的な(ヴォールトの長い歴史から見ればたいへんに進歩的な)作り方が記されている点で、思わずクスっとしてしまったわけです。この項目を書いた人はなかなか素晴らしいです。

私には「ヴォールトとは、アーチ形の断面をもつ構造体で云々」のような表現の方がしっくりくるのですが、それは私が旧石器時代の人間だからなのかもしれません。

*

以下、私のYouTubeチャンネルより、ArchiCADとVectorworksによるクロスヴォールトの作り方です。

 

なお、Vectorworksの動画は『CADリテラシー演習』(エーアンドエー発行)の高等ドリルの説明として、Vectorworks 2008くらいの古いバージョンで作成したものです。

 

広告

【NiceなJoke】CAD上で地図の縮尺合わせ

真面目な記事は別にあります。こちらは、これにまつわる笑える話です。

真面目な記事に記したように、地図画像をCADに取り込んでスケール合わせするのは小学校で学んだ算数の応用ですが、できない学生がたくさんいるので授業で説明し、練習させます。

このとき、学生さんたちの様子を見ていて面白いのは、結果として出てきた数値がクラスメイトより数ミリ元図の値に近いと優越感に浸ったり、あるいは、ぴったり一致したことを自慢したりすることです。

以上。

カテゴリー:Nice な Joke

【NiceなJoke】 今度は某政党のロゴマーク

去年からロゴマークについていろいろ起きている。

ある政党のロゴマークが発表されたというニュースを見た。党を示すMの字がモチーフの、未来に向かって手を携えて進む姿のイメージらしいが、前屈みになって頭を垂れながら貢ぎ物を捧げている姿にしか見えない。「朝貢」で画像検索すると、似た姿勢の絵がいくつか見つかる。中国の昔を描いた漫画にたくさん出てきそうなシーンでもある。

未来に進むなら胸を張れ!と誰もが思うのではないだろうか。

今回は、ある民間企業のロゴマークに似ているという声があるそうだ。当事者たちは問題にしていないらしいが、先日のオリンピックエンブレム同様、素人たちがパクリだと騒ぎ立てるのを恐れてデザイナーが萎縮したのか、日本のデザイン教育の欠如がもたらす選ぶ側のセンスのなさが露呈したのか、ロゴマークに関しては、去年のオリンピック騒動の後、情けない状態が続いているように思える。

でも、その政党には未来がないということの直喩かもしれないなぁ。

 

【追記 2017年秋】

この政党、本当になくなっちゃいました。そのプロセスで他の政党に頭を垂れたりしていました。このロゴのデザイナーは預言者だったみたいです。

カテゴリー:Nice な Joke

【Nice な Joke】東京オリンピックの新しいエンブレム案が発表されましたが、、、

去年のパクリ騒動で、デザイナーが萎縮してしまったようで、何だか気の毒です。

以下、率直な感想を;

 

A: 色を変えたら将来のオリンピックすべてで使えそうだという意味でユニバーサル(=普遍的)。

 

B: 洗濯機のロゴ & シャンプーのロゴ。

 

C: バラバラ殺人事件というと品が悪いのでやめておくけれど、 へたくそな岡本太郎と言ったら岡本太郎に失礼、、、、

 

D: 毒キノコ

 

 

建築を専門にする者としては、景観に対する貢献度(というより迷惑度の低さ)という観点から、A を推そうと思います。

(撤回された最初のエンブレムは、好き嫌いという私的な観点からは嫌いでしたが、景観にとって迷惑なデザインではなかったと思います。)

 

【追記 2016/4/26】

A案に決定しましたね。上記の理由でほっとしました。

 

カテゴリー:Nice な Joke

【教育】 変換ミス

先日 msn トラベルの、ちょっと調べればすぐに気づけたであろう間違いを見つけましたが、今回はもっと嗤えます。嗤う対象は、内容ではなく、作っている人です。

ニュースサイトを作っている人たちが、この間違いに瞬時に気づけず、半日以上放置しているようなレベルの国語力しか持たないのだから、読者はかなり気をつけないといけませんね。

 

2015.03.30_23h27m22s_001_

 

高感度 -> 好感度

 

なお、ニュース本文は「好感度」となっています。

ニュースサイトには、見出し一覧に書かれていることと、とニュース本文の内容が全くズレているものが多すぎるので、記者ではなく、目を引くキャッチコピーを作ろうとする人たちの国語力が問題なのでしょう。

 

それから、いまどきのIMEは、同音異義度は、意味も推測した上で変換してくれるので、「感度が低い」とは変換しても、「高感度が低い」とは変換しないでしょう。私が使っているATOKは大丈夫でした。物書きは、IMEの性能や鍛え方に対する配慮も必要だと思いますが、そういう姿勢も欠如しているのでしょうね。

カテゴリー:Nice な Joke, 教育

【CADとかBIMとか】 Cadalystの風刺画が面白い!

http://www.cadalyst.com/listing/45/cad-cartoons

ベンダーさんは、ぜひ、これをご覧あれ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.cadalyst.com/cadalyst/cad-cartoon-21505

訳してみると

いま、「うちの事務所で起きたことゲーム」をやってるんだ。

「ソフトは毎年バージョンアップされるけれど、何か役に立つことがあった一番最近のアップグレードはいつ?」

「2006年かな?」

「2010年かな?」

「1998年かな?」

【Nice な Joke】 長期保存用 DVD-R for Archive

オンラインショップで見つけた。

推定寿命30年以上国際規格「ISO/IEC 10995」寿命推定試験実施済み高品質のアーカイブ専用メディア

だそうである。

 

開発者の、DVD-Rというメディアに対する正義感を感じた。

 

しかし、情報というものを固着させて残す時代から、移ろわせて残す時代に、すでに変わっていると思う、、、。

カテゴリー:道具, Nice な Joke
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。