Archive

Archive for the ‘道具’ Category

【道具】 コーヒー談義(手挽きコーヒーミルを買ったので)

中学生時代からコーヒーを飲み始め、今では毎朝コーヒーを淹れるのが日課です。イッタラの 1Lのポット8割くらいの分量を作ります。熱いコーヒーを飲むのは朝だけで、その後は冷めたコーヒーを飲みます。ホテルの朝食バイキングなどではヒーターに載せられて温めっぱなしになっている場合が多いですが、あれは不味いです。電子レンジで温め直した味も好きではありません。

仕事の合間に飲むので、一日の終わりには、イッタラのポットは空っぽになります。(家族も飲むので、一人で全部飲んでいるわけではありません。)

フィルターは、DeLonghi ゴールドフィルター のような金メッキのフィルターを、もう30年くらい使っています。金属フィルターは使い込んでいくうちに目詰まりしてしまって、歯ブラシでこすったり苦労していましたが、食洗機で洗うようになったら、目詰まりがなくなりました。食洗機でなくても、お湯で洗っていれば良かったのでしょう。なお、このフィルターは5千円くらいの価格だったと思いますが、30年間、週3回使ったとすれば、1回約1円。百均の紙フィルターと似たようなコストです。だったら、DeLonghi ゴールドフィルターなどを使った方が、明らかに美味しいのでオススメです。

*

10年以上前、名古屋に頻繁に出張していた時期がありました。出張先の目と鼻の先にあった<加藤珈琲店>に時間の余裕があれば立ち寄っていました。その後、名古屋出張の機会がなくなって、あの味はもう楽しめないと思っていたら通販がありました。通販のページには『しゃちブレンド』という怪しい名前のコーヒーがありました。お店に行ったときはメニューをじっくり見ることをせずマンデリンを頼んでいたので、そのときからこういうブレンドがあったかどうか知りませんが、怖い物見たさで注文してみたら「美味しい!」ので、その後もときどき買っています。(画像は加藤珈琲店さんのHPから拝借しました。名古屋の飲食物といわれるとついつい身構えてしまう人もいると思います。私もその一人ですが、味噌煮込みうどんのような方向性の味ではないので、心配無用です。名古屋出張時は、毎回駅でみそかつのたれをお土産に買っていました。愛知や岐阜は、味噌の使い方のバリエーションが多く、上手だと思います。)

*

豆はやはり、挽いた豆では無く、豆のままを買うのがいいですね。

挽いてあるのは手間が省けますが、ふわ~んと部屋に広がる香りがありません。豆を挽くときには、しばらく前までは電動ミルを使っていました。調理用のイワタニ ミルサー 720(のたぶん旧モデル)です。もう20年近く使っていますが、いまでも問題なく動くし、コーヒー豆もきれいに挽けます。一度も変えていないゴムパッキンは、当然ながら完全に硬化していますが、コーヒー豆とかゴマとか、水分がほとんどないものを粉砕する場合はノープロブレムです。

*

ときどき、面倒臭くなって、朝、コーヒーを淹れるのをサボります。夕方、どうしても飲みたくなることがありますが、2杯分ほど淹れるためだけに電動ミルを持ち出すのは億劫です。そこで、気分転換にもなるだろうと思って、手動のコーヒーミルを買ってみました。HARIO 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム MSS-1TB という製品で、最大2杯分の容量です。安いコーヒー専用の電動ミルと同じくらいの価格です。同価格帯の製品は他にもありましたが、老舗のHARIOなら大丈夫だろうと思って、これに決めました。

プロポーションと配色はかなり良いと思いますが、実物は写真から得られる印象よりやや大きく、また素材もコストと実用性重視のためか今一つで、インテリアとして目で楽しめる領域には到達していません。

インテリアとして目で楽しむという点からは、300円以下で手に入る榮久庵憲司デザインのキッコーマン卓上醤油と、ついつい比較してしまいますが、コーヒーミルという商品の需要を考えたらHARIOのミルはデザイン面でもコストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

*

榮久庵憲司氏については下記のような本が出ていました。

*

HARIOのミルの効率的使い方】

このHARIOのミル、見ての通りの縦長形状なので、引くときにかなりぐらつきます。最初は、椅子に腰掛けて腿の間に挟んで片手で持ち、もう一方の手でグルグルとハンドルを回していましたが、効率が悪いです。この効率の悪さの原因は本体のぐらつきなので、本体のぐらつきを、豆を挽くエネルギーに転換すれば効率があがるはずです。

そこで、片手でハンドル、もう一方の手で本体を持って、両手を胸の前でピストン運動するような動きで挽いてみたら、効率もあがり、とても楽になりました。ハンドルを回すというより、本体を動かすという感じの動きです。でも、この方法でも、2杯分を挽くのに2~3分かかります。

で、このHARIOのミルで挽いたコーヒーですが、電動ミルより明らかに美味しいです。

*

【手回しミルの決定的なメリット】

味の他に、電動ミルと比べた場合の決定的な美点があります。それはモーター音がしないことです。現代生活においてモーター音を聞かされずに何かが出来上がることは希少な体験であり、感動的ですらあります。

カテゴリー:道具, 雑記

【道具】 性懲りもなく、またSynergy (サービス再起動用バッチを作成)

いろいろ不具合があるSynergyから、Magic Switch MMSK-02に切り替えて数ヶ月、とくに不便なく使っていたが、あるときからPCを移動したときに、勝手にNum Lockがオフになるようになった。Windows Updateとの関係が疑われるので、Magic Switch用のアプリのアップデートを待たなければならないような気がするが、古いモデルなのでアップデートに期待できないかも知れない。

そこで、性懲りもなく、Synergyに戻してみた。

バージョンは、1.8.7-stable-9799e96 で、2017/1/19 のビルド。期待していなかったが、以前と同じ不具合が出るし、サービス再起動で復旧する点も同じ。

現時点で頻繁に使っているソフトとの相性が悪いらしく頻繁に不具合が生じ、サービス再起動する必要があるので、サービス再起動用のバッチを作った。バッチは以下の2行;

net stop Synergy
net start Synergy

restartというオプションがないので、いったんstopして、あらためてstartすることになる。

留意点はこのバッチファイルを管理者として実行しなければならないことで、バッチファイルそのものを右クリックメニューして管理者として実行することもできるが、頻度が多いと面倒くさい。

そこで、このバッチファイルを適当な場所に保存して(私はProgram Files の中のSynergyのディレクトリに入れた)、ショートカットをデスクトップなど扱いやすい場所に置き、ショートカットのプロパティを出して、つねに管理者で実行するように設定しておいた。(下図参照)

synergy_bat_1.png

synergy_bat_2.png

 

カテゴリー:道具

【道具】 CADをゲーミングマウスで

長年、LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570 を愛用していることを他の記事に書いているが、老朽化のためか少し動きが悪くなってきている印象で、近いうちに買い換えが必要だと思うようになっていた。

CADやCGでは俊敏でデリケートな動きが必要なので、以前から、ゲーミングマウスというものに興味を持っていたが、それなりの価格のものが多いので躊躇していた。そんなとき、たまたま見かけたCorsair の KATAR というゲーミングマウス(有線)の「軽量」という謳い文句に惹かれて買ってみた。

サイズは普通によくあるマウスくらいの大きさで可も不可も無いが、謳い文句通り、とても軽く、クリック感も軽やか。10年以上前に買って、いまでも時々使っているお気に入りの Microsoft Mobile Optical Mouse を思い出す軽やかさと正確さ。

そして、マウスは電池が入って重い無線ではなく、しっぽが生えていても軽い有線の方がよいとあらためて思った。

CADでの使用感も上々である。

*

私は全くゲームをやらないのでゲームをする人たちの気持ちが分からないが、ゲームをする人がいるおかげで、KATAR のようなマウスが開発されるのであろうから、ゲーム好きの人たちにし感謝したい気持ちになった。

*

専用ユーティリティは英語版のHPからダウンロードする必要があるが、インストール時に日本語を選べるが、私の場合はゲームに使うわけではないので、ユーティリティの必要性は高くなかった。Windowsの標準ドライバで全く問題がない。

なお、ダウンロードページには、一覧に”gaming mouse”という表示がないので戸惑う人がいるだろう。複数形なので、”gaming mice” と表示されているので、英語が苦手な人は留意されたし。

*

ただし、マウス、キーボードのような人体と直接つながる機器は、他人の評価は当てにならない。他人の評価が良いからと言って買ったものが、自分にはぜんぜん合わなくてもしょうがない。

M570KATARがすべての人に適切である可能性はゼロだから、できるかぎり実機に触って試した方がよいことはいうまでもない。

 

カテゴリー:道具

【道具】 どう考えても賢くなってきたと思えない、いや、むしろ日本語離れしてきた気がするATOK

PC-9801で動く一太郎3の頃からATOKを使っている。

そのころに最も気に入っていたのは、Fixer 3というFEP(今のIMEに相当)だったが、一太郎はFEPの切り離しができなかったので一太郎使用時はATOKを使っていたという記憶がある。私のメインのワープロであった「松」も標準FEP「松茸」の切り離しができなかった。この頃はそういうものだったので、複数のFEPを使い分けるのは当たり前だった。

Windowsになって、IMEを切り替えずに複数のソフトを使えるようになったが、当初のMS-IMEがあまりにもできが悪かったので、ATOKを購入し、他の記事に書いたように拝観料のつもりでときどきバージョンアップしながら使ってきた。先日、キャンペーンでATOK2016とほとんど同じくらいの価格になっていた一太郎2016を買ったので、今はATOK2016になっている。

HPの説明を見ると、ATOKはどんどん賢くなっているはずなのだが、さきほど「さんこうどうが」と打って変換したら、「参考動画」ではなく「産行動が」と変換された。未確定状態で文節を切り直したら今度は「参考道が」となった。

「さんこう」でスペースバーを叩き、続いて「どうが」でスペースバーを叩けば、「参考動画」と変換され、その後は学習されて、「参考動画」と出るようになる。しかし、学習させないと「参考動画」を出してくれないとは!

このような、私にとっての誤変換がかなり多く発生する。

私がFEPを使い始めた頃は単文節変換だったので、頻繁な変換操作が必要だった。それが連文節変換になって、スペースバーを鬱回数が減った、、、あぁ、なんと言うことだ、今、「うつかいすうが」で変換したら、「鬱回数が」となってしまった、、、、打つ回数が減ったが、ATOK2008あたりから、意味の無い変換が増えてきた気がする。

しかし、「打つ回数が」が学習されたので、もう「鬱回数が」とは出なくなった。

しかし、学習前に出てくる「産行動が」、「参考道が」、「鬱回数が」は、控えめに言っても日本語として違和感がありすぎる

ATOK、あるいはその開発者にとっては「日本語の文=漢字仮名交じり文」であるのか? と疑いたくなる。

IMEはペットではなくて、道具だ。

ペットならゼロから育てることに何ら疑問を感じないが、道具は最初から所定の機能を果たすことが要求される。だから、学習がゼロの状態であっても、日本語に変換すべきである。使用者の期待と異なる変換結果になったとしても、それが日本語であればよいが、意味不明の漢字仮名交じり文では困る。少なくとも日本語として違和感があるような変換結果にならないような地所の設計(←また期待はずれの変換)、いや辞書の設計があってしかるべきだと思う。

地所設計は確かに土木建設分野で使われる用語だが、地所を設計することはない。ATOK 2016 アホすぎ!

そんなこんなで、少なくとも私の場合、20~30年前より総合的な入力速度が遅くなっている気がする。かつてのFixer3は常に的確だった。ついでに言えば、松茸の方がATOKより良かった。それでもVJEと比べたら、ATOKの方がずっと優れていた。

MS-IMEがどんどん賢くなってきている現在、なくても良いATOKにわざわざお金を払う人がいるという事実を、ジャストシステムの開発者はもっと大切にしてほしい。ATOKがこんな状態では私が長年払い続けてきた拝観料も遠くない将来、無駄な投資になるだろう。

、、、上記、ジャストシステムへのエールのつもりで書いた。

【ATOK2016 のおバカすぎる変換例】  (順次追加していくつもりです)

  • きょうがくせいさんとはなして : 驚愕清算と話して ← 今日学生さんと話して
  • ちらしだいは : チラ次第は ← チラシ台は ← チラシ代は
  • もんだいではないが : 問題で花伊賀 ← 問題ではないが
  • たいひようこうかは :  待避陽光かは ← 対費用効果は
  • よのためひとのため : 夜のため人のため ← 世のため人のため
  • ろぼっとはかせ : ロボットは貸せ ← ロボット博士
  • おやじぎゃく : 親自虐 ← 親父ギャグ (この誤変換には、ちょっと悲しくなった)
  • なかったら : 中ったら ← なかったら
  • はいちまえ : 吐いちまえ ← 配置前
  • こうきかいしから : 好機会氏から → 後期開始から
  • かくしたじょうたい : 格下状態 → 隠した状態

 

カテゴリー:道具

【道具】 Synergy使用断念

何度か記事を書いているが、ずっとSynergyの調子がよくない。バージョンアップでも何も解消されないので、ついに使用を断念し、Magic Switch MMSK-02に切り替えた。

Magic Switch MMSK-02は、以前Synergyの調子が悪かったときに買ったのだった。Synergyに私が望むことは、Magic Switch MMSK-02で可能だったが、画面の移動時にすこし引っかかるような感じがあって、それが嫌いで、多少の不具合はあってもSynergyを使いつづけていた。しかし、最近のSynergyの不調に、ついに我慢の限界に達してしまった。

Synergyの不調

  1. PC間のコピー&ペーストが突然できなくなる。(しかも頻発する。)
  2. Adobe、Microsoft Officeと相性が悪い。
  3. ArchiCADと併用するとおかしくなる。
  4. 表面的な操作を何もしていないのに、おかしくなることがある。

なお、ここ半年くらいは、Syngergy はほぼ必ず最新版を使っていた。改善項目に、上記が治ったと期待させるような記述があるのがその理由。しかし私の環境では何も改善されず、むしろ悪化していっただけという結果だった。

一方、Magic Switch MMSK-02にも下記のような困った点がある。

  1. 上にも書いたが、画面移動時にひっかかりがある。
  2. 逆に画面端での動きが敏感すぎて、操作しにくい。
  3. ときどき「行きはよいよい帰りは怖い」になる(=帰れなくなる)
  4. 他のUSB機器にアクセス中、動作がもたつく
  5. クライアント側でキーボード(Micrisoft Natural Ergonomic Desktop 7000)の特殊キーが効かない。

※1, 3 は、何かのアプリケーション上にいるとダメで、いったんデスクトップ、エクスプローラー、タスクバーなどをOS標準の部分をクリックすれば大丈夫だと、しばらく使っているうちに気づいた。

※このキーボードはWindows 10には非対応なので、それが原因かも知れない。(ホスト側でも働かないキーがある。)

*

他メーカーの同様の製品もあるようです。 → USB リンクケーブル (Amazonへのリンク)

カテゴリー:道具

【道具】 Dell XPS8900でmicroSDカードを読む

私が買ったDell XPS8900には最初からカードリーダーが内蔵されていましたが、64GB の microSD カードが認識されなかったり、認識されても途中で消えたり、ファイルを削除できなかったりして、困っていました。

対応は下記だから、大丈夫だと思うのですが、、、。

CompactFlash Card type I, CompactFlash Card type II, RS-MMC, SD Memory Card, SDHC Memory Card, SDXC Memory Card, SmartMedia Card, miniSD, xD-Picture Card, Memory Stick, Memory Stick Duo, Memory Stick PRO, Memory Stick PRO Duo, Memory Stick PRO-HG Duo, MultiMediaCard, MultiMediaCardmobile, MultiMediaCardplus

いずれにしても遅いし、出先で必要になることもあるので、¥1,000弱のUSB3.0対応のカードリーダーを買いました。

エレコム カードリーダー MR3-FD01BK

一般的なUSBメモリのような形状なので、持ち運びに便利です。SDカードとmicroSDカードだけしか使えませんが、むしろそれ以外のカードを使いたいという人の方が、現在ではマイナーだと思います。

私のXPS8900には、32MBのコンパクトフラッシュと1GBのxDカードを挿しています。カードとカードリーダーがもったいないから、挿してみているだけです。1GBのxDカードはそれなりに使えるので、Bitlockerで暗号化して、Portable Appsを入れています。32MBのコンパクトフラッシュも何か使い道があればいいのですが、、、4GBと8GBのメモリースティックもありますが、さすがにここまで小さいと使えません。

エレコム カードリーダー MR3-FD01BKについては、アマゾンのレビューでは低い評価をしている人がいますが、私が買った物は全く問題ありません。速度については、内蔵のカードリーダーとの比較でしかありませんが、十二分に快適です。この程度の廉価な製品にどこまで求めるか?、ということだと思います。

参考までに64GBのmicroSDカードを挿したときのCrystalDiskMarkのキャプチャを貼ります、(上がUSB 3.0、下がUSB2.0)。1回だけなので大した指標にはなりませんが、USB3.0という点に期待したら、確かに速くないですね。

mr3-fd01bk%e3%80%80usb3-2

mr3-fd01bk%e3%80%80usb2

 

 

 

 

カテゴリー:道具

【道具】 Bye Bye Canon Pixus iP2700

数年前に年賀状印刷用に Canon PIXUS iP2700 を¥3,000 ほどで買った。

印刷する年賀状は毎年150枚前後で、メインで使っているHPのプリンター製品だと定価で¥5,000くらいかかるインクがなくなってしまっていたことから、iP2700の場合も年賀状を印刷したところでインクがなくなるだろうと見込んでいたが、結果としてインクが残ったので、捨てずに使うことにした。

純正インクが切れるころに、詰め替えインクの存在(カラー)があったので早速購入し、その後、3~4年分くらいの年賀状と、年に数枚の写真の印刷、その他モノクロ文書の印刷などをやっていた。

昨年末、年賀状を印刷するころには詰め替えインクも後1回分あるかないかという状態になっていたので、いよいよお終いかなと思っていたが、その通り、カートリッジがダメになっていたようで、インクを入れて何度かクリーニングしてもかすれて印刷できなかった。

年が明けてから、ついに iP2700 を処分した。プリンターに多くを期待しない人にとっては、とても良いプリンターだと思う。長く作り続けてほしい。

いま、もしメインでHPのプリンター(複合機)を使っていたら、また iP2700 を買い直しただろうけれど、昨年からRicohのジェルジェットプリンター IPSiO SG 2010L をメインとしていて、これが頗る調子がよいので(ほとんどメンテナンスがいらないし、コストも低い)、HPのプリンターはほとんどスキャナとしてしか使わなくなっている。まだ、純正インクが1セットと、数回分の詰め替えインクがあるので、しばらくは使い続けるだろうが、次は SG 3120SF  とかリコーの複合機を買おうと思う。本体が高いけれど、メンテナンスにかかる時間コストとか、印刷コストとか考えると割安だと思う。

*

ところで、リコーのジェルジェットプリンターは基本的にはビジネス用途のプリンターだから、Canon や Epson の家庭用プリンターと比べてはいけません。ところが、価格コムや他の通販サイトでは、価格から家庭用プリンターであると勘違いしたらしい人が低評価のレビューを書いています。リコーのジェルジェットプリンターの情報集めについては、そのような愚かなレビューに気をつけましょう。リコーのホームページで印字サンプルを申し込んで、実物で確認することを勧めます。私も印字サンプルをもらってから購入を決めました。

それから他の記事にも書いた記憶がありますが、インクジェットプリンタで写真を印刷するのは、質的にも、コスト面からも、狂気の沙汰だと思います。もし写真をプリントしたいなら、写真屋さんでプリントしてもらうべきです。

 

カテゴリー:道具
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。