Archive

Archive for the ‘教育’ Category

【CADとかBIMとか】 結局JW_CADの図面は、、

25年くらい前はJW_CADを愛用していた。というより、個人的に入手でき、かつ、当時のPCの性能で満足に動くのはJW_CADしかなかったので、唯一の選択肢だった。

その後、3D-CAD、BIM、とCADソフトの推移とともに、私のメインのCADも変遷し、もう15年以上、JW_CAD を含めた製図CADをしっかりと使うことはなない。

久しぶりにJW_CADで書かれた図面を扱う必要が生じて、あらためて嘆息したのは、JW_CAD は印刷時の表現しか考えない使い方がほとんどだということである。簡単に言えば、線の太さを色分けしただけの図面で、レイヤーの意味を捉えた使い方がなされているケースが少ないのである。

もちろんJW_CADは製図板と製図道具をPC内に置き換えたものにすぎないから、印刷時の表現だけを考えることを問題視するわけにはいかない。レイヤーをどう扱おうと、同じ色の線は同じ太さで印刷されるから、印刷結果だけが目的であれば十分だが、そればかり考えて作られたデータは、データベースとして美しくないし、BIM に持ち込んで処理することを考えると途方に暮れる。そして、プレゼン目的であれば、データの不備を直すときは、プレゼンが得意なVectorWorksにDXFで持って行って膨大な意味不明な名称のクラスに目を回すより(VectorWorksの場合、レイヤーはクラスとして取り込まれるのがデフォルト)、PDF経由でIllustratorに持って行って処理した方が早くて楽な場合が多いのではないだろうか。

BIMソフトを使ったり教えたりするようになった今、JW_CADで製図ではなく設計を教えようとしていた25年前ごろの私は相当に無謀だったと思う。

今回、久しぶりにほんのちょっとだけJW_CADを使ったが、ズーミングやスナップのハンドリングの良さは相変わらずで、製図CADとしての完成度の高さをあらためて感じた。JW_CADは、CADの系統樹のひとつの枝の先端に実った美味しい果実であり、BIMはこれとは違う枝に実る。BIMの枝はまだまだ伸びていくが、JW_CADの枝はもう伸びることはないだろう。

カテゴリー:CADとかBIMとか, 教育

【教育】 留学生の友人と漢字、そして文部科学省の報告

大学院時代の思い出話です。多少、脚色しながら。

あるとき、マーチンさんが漢字を書いているのを見て、「書き順が違うよ」と教えました。マーチンさんは書き上げた文字を指して、「でも読めるよ」と答えました。返す言葉がありませんでした。

ほかのあるとき、マーチンさんが漢字熟語の読みを間違えていたので、「読み方が違うよ」と教えました。マーチンさんは「でも(意味が)分かるよ」と答えました。このときも返す言葉がありませんでした。

華僑の子孫ユさんは私と同世代ですが、私の世代の日本人は学校で習っていない旧漢字をすらすらと書きます。漢字を使わない国で生まれ育ったため、おじいさんの時代の中国の漢字をそのまま学んだユさんにとっては「旧」ではなく「日常」なんですね。私が「それは間違いではないし、多くの人が分かるけれど、今は使わない」と言ったら、「でも、間違いではなくて、みんな分かるのだったら、使ってもいいでしょう」とユさんは答えました。これにも返す言葉がありませんでした。

日本の学生さんが間違いを言い繕おうとしたのとは異なって、文字や言葉の本質を突いた発言だったと思います。

*

書き順とは筆を合理的に動かすための法則であり、読みとはコミュニケーションのために発音を統一した結果ですが、もっと掘り下げれば書き順も読みも慣習に過ぎないわけで、最終的に文字形態として完成させること、ひとつひとつの意味を理解しておくことの重要さ、あるいは文字というものはコミュニケーションツールであり互いが理解できれば十分であるということなどを、二人の友人は私に教えてくれたのだと思います。

子供たちが小中学校で書き順や読みをテストで間違えて減点される度に思い出す大学院時代の懐かしい会話です。

*

今春(2016/2/29)、文部科学省から『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について』が発表されました。「はね、とめ、はらい」について、そんなに目くじら立てなくてよいという内容です。

漢字の字体・字形については,昭和24年の「当用漢字字体表」以来,その文字特有の骨組みが読み取れるのであれば,誤りとはしないという考え方を取っており(以下略)

(上記の文科省HPより。下線は筆者による)

国家はコミュニケーションツールとしての漢字の意味を理解していたということで、ホッとしました。

カテゴリー:教育

【教育】 あるライターによればショートカットは「神テク」だそうだ、、、、.

Business Journal というサイトで、『ビビるほと仕事が速くなる!PCのショートカット「神テク」はこれだ!』が出ていた。キーボードショートカットよりマウスの方が新しい入力方法なので、昔はキーボードショートカットしか操作方法がなかった。WordMasterライク, Wordstarライクとかキーボードショートカットの流派があったとか、懐かしい思い出だ。

ライターはマウスがなかった時代の操作を知らない人なのかもしれないが、でもこのサイト、眉唾物のタイトルの記事がけっこう多い感じなので、まともに取り合う人も少ないのだろうと思う。件の記事のURLは下記。

http://biz-journal.jp/2016/01/post_13442.html

*

それはさておき、マウス、キーボードという拷問道具は早くなくなってほしいと思うが、タッチ入力や音声入力は自分が間抜け人間になった気がするし、体にセンサーはつけたくないし、思考(脳活動)がそのまま入力されたら悟りのお化けを相手にしているみたいでイヤ。インタフェースを考えるのは難しい。

そういう意味では、今のインタフェースを活かす態度が大切。キーボードショートカットは「神テク」ではなく、使わない人が愚かなだけ。箸で物を突き刺して食べることしかできないのと似たようなものだ。

左手の人差し指でCtrlを押して、右手の人差し指でSを押す姿も間抜け。

私が知っているタイピング練習ソフトは、昔のタイプライター時代の教本と同じことしかやっていない印象。パソコンソフトなのに、キーボードショートカットの練習がないのが問題だと、今更ながらに思った。

 

カテゴリー:教育

【教育】 高校のプレゼンテーション大会を見学して

先日、息子の高校でプレゼンテーション大会が開かれたので見学に行った。

1年生の情報教育の授業の一環としてPowerPointでスライドショーを作り、クラスで全員発表し、その中から評価の高かった学生がクラス代表として、プレゼンテーション大会に出場したそうだ。

9名が発表したが、手に原稿を持って読んだ者はゼロ、みんな聴衆の方を向いて話していた。まず、この点で良い教育をしていると感じた。

さて、仕事現場では「これだったらスライドをそのまま印刷して配布してもらって、つまらない説明なしで紙資料を自分で読んだ方がよく理解できただろう」という印象の退屈で下手なプレゼンが多いが、学生たちの発表はそうではなかった。スライドと語りの両方が相まってひとつのプレゼントとなるように工夫していた。完璧であったとは言えないが、彼らの世代が社会人となったら、こういうプレゼンが増えていくのだろう(というか、そうなることを期待する)。

とにかく、この高校では、PowerPointのスキル、発表のスキルについて、かなり充実した指導がなされているのだろうと思う。

私は大学で1年生にコンピュータリテラシーを教えているのだが、少なくない数の学生が高校でナンセンスな情報教育を受けさせられと思わざるを得ない。彼らが失った時間を思うと悲しくなる。

話を戻すと、視覚デザインとしての出来映えはいまひとつだった。このことは、現在の情報教育が抱える問題ひとつだろうと思う。おそらく情報教育の授業時間、芸術科目が選択制であるために美術を学ばない学生がいることなどから、現状のカリキュラムではこの問題を解消するのは困難だろう。

プレゼンに限らないが、デザインの感性的な部分が強調されがちで、理論の部分がおざなりになっているのが、私の時代から変わらない小中高の美術教育であるような気がする。個性を重視しながら感性を評価することも重要だが、多くの人に伝わる美を理論的な側面から身につけることの方が、長い目で見て役に立つと思う。

 

カテゴリー:教育

【教育】 インターフェースデザインについて少し、、それとバリアフルデザイン

ユニバーサルデザイン

バリアフリーデザイン

ニュアンスは異なりますが、どちらも使う人が困らないようにしようという気持ちから行うデザインです。

 

日本語で「デザイン」と言うと見た目」のことだけに言及している場合が多いですが、デザインとは使い勝手、安全性など、総合的な物作りのことです。

そして、見た目だけを重視した場合、それがバリアフリーデザインならぬ、バリアフルデザインになっている場合がしばしば見受けられます。(バリアが full、つまりバリアだらけという意味ですが、バリアフリーと語呂合わせした自製英語です。たぶん15年くらい前から授業で、形態、肉体、動作、心理などいろんな側面のバリアに対して使ってきました。)

 

バリアフルの度合いについては、実際に手に持って使うものの場合はひどくないですが、建築物にはそのようなものがたくさんあります。この後で記すインターフェースデザインもひどいものが多いです。

 

一例をあげると、iOS の Apple Store を iPad でみたときの画面がバリアフルだと言えます。

下に、画面のスクリーンショットを掲載します。

2016-02-02 12.04.38

 

ほとんどの人は、40才過ぎた頃から老眼になり始めます。

老眼になると、近いところのピントが合わなくなるので、新聞や本など手に持って読むものの文字を読みにくくなってしまうわけで、手に持って読む程度の距離の文字は、小さすぎない方がありがたいです。

で、iPhoneのような小さい画面より、iPadのように少しでも大きな画面の方がありがたいのです。

ところが、上のスクリーンショットはどうでしょう?

せっかく広い画面を使っているのに、その半分程度の面積にしか、必要情報を表示していません。

そのことに有意な理由があるのでしょうか? 私には分かりません。

Apple Storeのアプリ説明が全画面を使わなくなったのは、iOS7のときからで、iOS6のときは全画面を使っていたか、あるいはもっと広く画面を使っていたと思います。表示面積が小さくなったために、表示できる情報量も激減しています。したがって、少なくとも私にとっては改悪でしたが、このインタフェースデザインの変更によって、より情報を得やすくなった人はどれくらいの割合で存在するのでしょう? iOSのデザイナーは、どういう理由で広い画面の一部だけを使うという選択肢を選んだのでしょう?

Apple Storeにかぎらず、iOS 7以降、せっかく広い画面を使えるのに、わざわざ小さく表示して、たとえば、老眼だけでなく視力に問題を抱えている人の視認性を落としたり、スクロール無しで表示される情報量を減らしたりしているインタフェースが増えました。バリアフルとまでは言えませんが、バリアフリーデザインでも、ユニバーサルデザインでもないことは確かです。

こういうところに、インターフェースのデザインの教育不足を感じます。

重要なのは、理論を作り上げて適用することではなく、自分の目が悪かったらどうだろう、とか、指が不自由だったらどうだろう、とか、想像力を鍛えることだと思います。

カテゴリー:教育

【教育】 今年度も授業が終わった

非常勤でCADを担当している某専門学校の今年度の授業が終わった。

ほぼ1年間、ArchiCADを教えたわけだが、当初は、壁というのは2本の線であり、平・立・断は別々に描くものだという意識を持っていた学生たちも、壁とは最初から高さ、材料、仕上げなどを考えて設計することを身につけ、また、2次元図面と3次元表示の間を自由自在に行き来できるようになった。

BIMは建築教育のための至上のツールである。

一方で、ツールを活かすためのカリキュラムづくりが重要である。

もう何年も前の第1回BIMミーティングで、BIMを軸としたカリキュラム策定を提案したが、教えれば教えるほど、そのことの正しさへの自信がどんどん高まっていく。

カテゴリー:CADとかBIMとか, 教育

【教育】 いまだに、手書きかCADかという愚問が?

ときどき「手書き CAD」という検索キーワードでこのブログに到達する人がいる。

いまでも、「手書きかCADか?」という教育上の疑問を持っている人が存在するのだろうか?

手書きかCADか?という問いがいかに愚かな問いであるかについては、このブログだったかどうか忘れたが、すでに書いたような記憶がある。それはさておき、課題を切り分ければ、このような愚問は出てこないと思う。

切り分けとは、道具の使い方の教育と、設計の教育は別であるという認識である。

*

手書きで製図できる能力は、現時点では建築士試験の実技で必須であるので、当然身につけた方がよい。

また、CADで製図できる能力は、実務では必須である。

つまり、製図能力については、手書き、CADを問わず必要であるのが現状であるので、教育機関ではどちらも教える/学ぶ必要があると考えるのが自然だろう。

そして、手書き製図とCAD製図のどちらを先に教えれば/学べばよいかについての議論は無意味である。最終的にどちらも必要なのであるから、どちらでもかまわない。

かつての職場で、ある教員が学生に向かって「CADを使って横着をしてはいけない」と言い放ったが、私は呆れるしかなかった。(20数年前は、CADを使ったことがない教員、CADに触ろうともしない人が多数派だった。)  その教員の発言は、手書き製図がもたらす肉体的苦痛や疲労を経験しなければまともな設計にならない、というような含みを持っていたように思う。たしかに手できれいな線が引けると、スポーツで何か上手くいったときのような喜びがある反面、CADからプロッタで出力した線は味気ない。しかし、その線がもたらす情報は、手書きであってもCADであっても同じである。ロットリングより烏口の方がきれいな線は引けるかもしれないが、結果として「きれいさ以外の点で同じ図面(=第三者に同等の情報を伝えることができる図面)」になるのあれば、手間がかからない道具がよいに決まっている。「CADを使って横着をしてはいけない」という人は、距離が離れた目的地に移動するときに、乗り物に乗るのは横着だ!と考えて、全行程を歩き通すのだろうか?

有名建築家の場合は手書きのスケッチや図面に値が付くことがあるが、私のような凡人建築士の場合は図面そのものが売れることはない。売れるのは図面という媒体で表現された設計である。だからどんな道具を使ったとしても、情報内容が整っている図面ができていればよい。

だから、製図能力を身につけるときは手書きかCADか?という問いは愚問である。

*

一方、手書きかCADか?という問いを「設計」に関して発するのは愚問ではない。

CADが珍しかった時代は別として、当たり前のように使われている今、設計能力と製図能力の間にほとんど相関性がないことは、おそらく多くの建築系の指導者は分かっているはずだ。設計演習課題においては、仕上げ方を強制すべきではない。

私が経験的に思うのは、設計はBIMソフトで教えるべきだということである。7~8年前頃から、ベンダーが「BIM」という呼び方で差別化を図り始める前の3D-CAD や2Dだけの製図CADでは、設計は教えられない。ダメな道具を使うのは時間と労力の無駄遣いでしかない。

とはいえ、日本においては誰でも知っておいた方がよいJW_CADでの製図法を教えるのは良いことだと思う。言いたいのは、それで設計教育を行うのはやめた方が時間と労力が無駄にならなくてよいということだ。

*

鉛筆をもった手を何となく動かしているときに、ふっと出てくるアイディアがある。私はそういうものの価値と可能性を肯定している。CADに限らずソフトというものは、そもそも合目的的なものであるから、脱線しにくい。だからCADしか使えないのは困りものである。私はあちこちで同じようなことを繰り返して述べているが、IT化社会においては、ITを操る力に以上に道具に関して適材適所の選択ができる力こそが重要であり、可能ならば学生時代に身につけさせてやりたい力である。

*

プレゼンテーションにおいてはどうだろう?

CADも手書きも、鉛筆や製図ペンのような表現道具の相異、あるいは、断面を塗りつぶす・影を描くなど表現手法の相違でしかない。だから、プレゼンテーションにおいては、CADか手書きか?などと議論することには意味がない。ケースバイケースで適切な道具と表現手法を選べば良いだけである。CADという新しい道具の出現によって選択肢が広がった一方、CADがもつ簡便さゆえ、選択における適切な判断が難しくなってきたと言える。

***

以下は、上記の関連する基本的な考え方を知るための良書です。画像をクリックするとアマゾンに飛びますが、古い本なので、現時点で新品が手に入るかどうかは分かりません。

 

カテゴリー:教育
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。