アーカイブ

Archive for the ‘備忘録:PC・ソフト’ Category

【雑記】 Quadro or GeForce

現在のメインマシン(Dell XPS 8900、i7-6700, 24GB)のビデオカードは、GeForce GT730(2GB)です。BTOではQuadroを選べなかったので、将来的にQuadroに入れ替えようと思って、最低ランクのGT 730にしました。内蔵グラフィックスでもかまわなかったのですが、BTOの選択肢にありませんでした。

昨日、某オンラインショップでGeForce GTX 1050を格安販売するというメールが届きました。ちょっと触手が動いたので、あらためて情報を仕入れました。

CAD

以下はXPS8900購入券当時に知っていた情報ですが、ソフトのバージョンアップに伴い内容も刷新されていたので、あらためて読んでみました。

ArchiCADのサイトのGPU比較資料

Recommended Video Cards for ARCHICAD 21

かなりポリゴン数が多くないとQuadroの効果が出ないことが分かります。また中規模程度までであれば、Quadro, GeForceそれぞれのシリーズ内でのモデル間格差も大したしたことはありません。

CineRenderについては、ここには記載がありませんが、次に記すVectorworksと同じ状況であるはずです。

VectorworksのGPU利用に関する資料

各種レンダリングのハードウェア依存について

動作環境のページの中にあります。これによれば、CineRenderはGPUを使わないので、計算速度はCPUとメモリ量に依存することが分かります。またCineRenderはGPUを使わないことも明記されています。

利用状況を把握するときに、ELSA System Graph が役立ちます。

ArchiCADの場合はF5 キーで表示される3DがOpenGLで、Vectorworksの場合はレンダリングモード「OpenGL」ですが、この状態で視点をクルクル動かすと、GPU Loadの数値が跳ね上がって、私のGT730では90~100%の間をうろうろします。一方、タスクマネージャで見るCPUやメモリにはほとんど変化が起きず、平静を保っています。

一方、ArhciCADのレンダリング、VectorworksのRW仕上げレンダリングなどCineRenderでレンダリングを開始すると、OpenGLの場合とは逆に、GPU Loadには変化は起きず、数%に近いところで平静を保ちますが、CPUは100%になり、メモリ使用量もあがります(メモリーは24GBで、タスクマネージャでは数十%です)。

 

Adobe

XPS 8900購入時はAdobe製品のことは意識していませんでしたが、今回は、さらっと調べてみました。

NVIDIA発の情報

NVIDIAのHPではQuadroを使った場合のことが記載されています。OpenGLとかCUDAとか、一歩踏み込んだことは分かりませんでした。

Premiere Pro CC

System requirements | October 2017 (12.0) release of Premiere Pro CC

推奨GPUとしてはGeForce、Quadro共に掲載されています。CUDAを使うことから、同価格帯で比較した場合はCUDAコアが多いGeForceの方がよいのではないか?と素人目にはうつりますが、たぶんそれは勘違いなのでしょう。

Photoshop CC

How does Photoshop leverage the graphics processor?

GeForce, Quadroとも推奨されていますが、説明中にOpenGLという言葉が何度か出現することから、OpenGLが強いQuadroに軍配があがるのだろうと思います。

Illustrator CC

Illustrator CC March 2018 and October 2017 (22.x) system requirements

GeForce, Quadroとも稼働確認されています。以下のNVIDIAによる2014年の発表からはOpenGLの拡張であるようなので、Quadroの方が適しているのだろうと思います。

NVIDIA、ついにAdobe Illustrator CCの GPUアクセラレーション対応を発表

InDesign CC

Adobe製品の中で、私がPCに面と向かって最も重い処理を行うのはInDesignで、これもGPUの恩恵があるようです。

InDesign で GPU を使用するメリット

図版や写真がたくさん入った数百ページの報告書を作ったりするので、恩恵はありそうです。

 

Adobe系については、RAMを8GBから24GBに増設したことによる感動が大きかったので、動画のエンコード以外の処理でGPUによる恩恵というものを意識したことはありませんでした。環境設定でGPUをオンにして使っていますが、オフにすればGPUの効果を試せます。しかしわざわざ遅い状態を体験する意味はないですね。

 

ということで、CADだけなら現在のGT730で差し支えないので、もし入れ替えるなら、Adobeのことを考えてQuadroがよいだろうという結論に至りました。

 

広告

【備忘録:PC・ソフト】 ホームページビルダー21

ホームページビルダーは、PCにバンドルされていたバージョン6?の頃に使い始めました。その後、11にバージョンアップしました。ずっと同様のインタフェースで操作感は良いとは思えなかったけれど、タグ打ちと比べると楽なので、ときどき使っていました。

先日、ついにスマートフォンに対応させようと思って、レスポンシブなホームページを作れる高くないソフトを探した結果、またまたホームページビルダ21を買いました。持っていた11からは10バージョンも離れていることから、バージョンアップではなく通常版です。

ホームページビルダ21 には、クラシックとSPの2つのプログラムが含まれます。インタフェースが異なります。クラシックは名の通り、昔からのインタフェースです。SPはフールプルーフ的なインタフェースを目指しているみたいです。

とりあえず、SPを試してみました。操作方法の概要が分かったら可も不可もないという印象です。

*

ひとつ馴染めないのは、データの保存場所を任意に選べないことです。バックアップを取るために探してみたら、下記にありました。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Justsystem\Homepage Builder Version 21 SP\Site\site20180227151954

最後の「site20180227151954」はプログラムが管理している名前です。

クラシックの方は、下記のようです。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Justsystem\Homepage Builder Version 21\Site\(自分で作ったサイト名)

自分で保存場所を管理できないソフトは嫌いですが、しょうがないです。

*

肝心の操作感については、何でもかんでもダイアログを開いてあれこれする感じで妙に手間がかかりますが、逆にダイアドルを開いてしまえば設定は楽です。

それから、CADがサクサク動くスペックのPCを使っているにも拘わらず、異様なまでに遅いです。理由が分からないので、他のPCにインストールし直して試してみようと思います。

ところで、ヘルプメニューから開けるPDFマニュアルが充実していて、これで十分な感じです。

*

それからCD-ROM版を買ったので、インストール後にアップデート(Justオンラインアップデート)をかけました。クラシック、SPともアップデータがありましたが、クラシックの方は途中で止まってしまいました。キャンセルして再起動して、またアップデートをかけたらエラーで進めません。

下記のレジストリを削除したら無事にアップデートできました。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Justsystem\JustOnlineUpdate

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録・PC・ソフト】 IOデータHDEL-UT3BRBの中身

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB オシャレなデザイン 日本製 テレビ録画/USB3.0/mac対応 HDEL-UT3NVB の中身は下記でした。

TOSHIBA DT01ACA300 3TB 6Gbps SATA対応

5400回転だろうと思っていたら、7400回転でした。ありがたいです。

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 Moto G4 Plus + FOMA通話SIM + イオンモバイルデータSIM

Moto G4 Plus を、FOMA 通話SIMとイオンモバイルのデータSIMのデュアルで使うときの設定メモ。

SIMをどちらのスロットに指すか?

  • SIM1 → FOMA
  • SIM2 → イオンモバイル

逆でも繋がるが、ステータスバーに常時「通信サービスなし」と表示されて気持ち悪い。

*

ここからは、インターネットのあちこちに情報があるので、そちらを参照してもらうことにして、困ったのはイオンモバイルの情報が見つからずAPN設定が完了しなかった点である。

イオンモバイルHPの端末共通の設定だけでは、「MCC, MNCを入力せよ」とのメッセージが出てきて、設定画面から抜け出せなかった。

イオンモバイルの事例ではなかったが、「MCC, MNCを入力せよ」と言われたときの対処として、NTT DOCOMO系のSIMの場合は、それぞれ400,10をいれればよいらしいことが分かった。

*

イオンモバイルのAPN設定

赤字がイオンモバイルHPの説明にない部分。

  • APN =  i-aeonmobile.com
  • ユーザ名 =  user
  • パスワー =  ド 0000
  • 認証タイプ =  chap
  • MCC =  400
  • MNC =  10

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 KOBOにepubを送るとき

epubファイルをKOBOに送るときは、拡張子を epub から kepub.epub に変えるとよい。

【例】

ABC.epub → ABC.kepub.epub

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 EeePC 901, Loox M/D15 の Chrome Book化

使い道のなくなった2台のネットブック(FMV-Biblo  Loox M/D15, EeePC 901)へのChromium OS記録ですが、ほとんどトラブル無しに事が運んだので、たんなる稼働報告です。

FMV-Biblo  Loox M/D15

標準だったWindows XPから 7 → 10とアップグレードしてみたものの、遅すぎて使い物にならないので放置していました。もったいないのでEeePC 901のようにLinux化しようかと思いつつも、Linuxを入れてまで無理して使うのも気が重くて何もせずにいましたが、数日前にChrome Bookという文字を見かけて、Chrome Book化も面白そうだと思い、情報を探しました。

いくつかありましたが、下記が素晴らしかったです!

Chromium OS カスタムビルド配布ページにようこそ

ここに記載されているとおりにやれば、スムーズに進みました。(管理人さん、ありがとうございます。)

なお、タッチパッドは標準のままでも動きますが、ギスギスとした動きで使いにくいです。上記HPで紹介されている方法を使うと、スムーズに動くようになりました。

 

EeePC 901

Loox M/D15のChrome Book化に成功したので、気をよくしてEeePC 901もChrome Book化することにしました。別記事に書いたように、すでにZorin OSを使ってLinux化していましたが、使い道からはChrome Bookがもつ機能で十分です。

作業は、上記のHPどおりに進めました。

EeePC 901には、4GBと8GBの2台のSSDが内蔵されていて、4GB が /dev/sda、8GB が /dev/sdb となります。4GBでは容量が足りないかも知れないので、/dev/sdb にインストールしました。(後から気づいたのですが、参考にした上記のHPにも4GBの方は容量不足でインストールできないと書いてありました。)

再起動後、言語等の設定画面が出ますが、USBメモリで起動していたときには使えたタッチパッドが効きません。マウスは使えました(キーボードでも操作できます)。起動後、上記HP記載の方法でタッチパッドを動くようにしました。

*

いずれにしてもスペックが低いので多くは期待できませんが、Chromium OSでChrome Book化するのは、捨てるに捨てられない場合の最善の再利用策であるような気がします。

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 デスクトップ背景のスライドショーの間隔を変更する(Windows 10)

デスクトップ背景のスライドショーの間隔を変更するときは、

Windows + R → regedit (enter) でレジストリエディタを起動し、以下の数値を変更する。

HKEY_CURRENT_USER > Control Panel > Personalization > Desktop Slideshow > Interval

単位がm秒なので、1秒=1000として計算して、10進数で入力すればよい。

設定できたら、いっったんサインアウトしてサインインしなおすか、再起動する。

※10秒が最短みたいです。

 

 

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。