Archive

Archive for the ‘備忘録:PC・ソフト’ Category

【備忘録:PC・ソフト】 KOBOにepubを送るとき

epubファイルをKOBOに送るときは、拡張子を epub から kepub.epub に変えるとよい。

【例】

ABC.epub → ABC.kepub.epub

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 EeePC 901, Loox M/D15 の Chrome Book化

使い道のなくなった2台のネットブック(FMV-Biblo  Loox M/D15, EeePC 901)へのChromium OS記録ですが、ほとんどトラブル無しに事が運んだので、たんなる稼働報告です。

FMV-Biblo  Loox M/D15

標準だったWindows XPから 7 → 10とアップグレードしてみたものの、遅すぎて使い物にならないので放置していました。もったいないのでEeePC 901のようにLinux化しようかと思いつつも、Linuxを入れてまで無理して使うのも気が重くて何もせずにいましたが、数日前にChrome Bookという文字を見かけて、Chrome Book化も面白そうだと思い、情報を探しました。

いくつかありましたが、下記が素晴らしかったです!

Chromium OS カスタムビルド配布ページにようこそ

ここに記載されているとおりにやれば、スムーズに進みました。(管理人さん、ありがとうございます。)

なお、タッチパッドは標準のままでも動きますが、ギスギスとした動きで使いにくいです。上記HPで紹介されている方法を使うと、スムーズに動くようになりました。

 

EeePC 901

Loox M/D15のChrome Book化に成功したので、気をよくしてEeePC 901もChrome Book化することにしました。別記事に書いたように、すでにZorin OSを使ってLinux化していましたが、使い道からはChrome Bookがもつ機能で十分です。

作業は、上記のHPどおりに進めました。

EeePC 901には、4GBと8GBの2台のSSDが内蔵されていて、4GB が /dev/sda、8GB が /dev/sdb となります。4GBでは容量が足りないかも知れないので、/dev/sdb にインストールしました。(後から気づいたのですが、参考にした上記のHPにも4GBの方は容量不足でインストールできないと書いてありました。)

再起動後、言語等の設定画面が出ますが、USBメモリで起動していたときには使えたタッチパッドが効きません。マウスは使えました(キーボードでも操作できます)。起動後、上記HP記載の方法でタッチパッドを動くようにしました。

*

いずれにしてもスペックが低いので多くは期待できませんが、Chromium OSでChrome Book化するのは、捨てるに捨てられない場合の最善の再利用策であるような気がします。

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 デスクトップ背景のスライドショーの間隔を変更する(Windows 10)

デスクトップ背景のスライドショーの間隔を変更するときは、

Windows + R → regedit (enter) でレジストリエディタを起動し、以下の数値を変更する。

HKEY_CURRENT_USER > Control Panel > Personalization > Desktop Slideshow > Interval

単位がm秒なので、1秒=1000として計算して、10進数で入力すればよい。

設定できたら、いっったんサインアウトしてサインインしなおすか、再起動する。

 

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 Dell XPS8900 のメモリ増設

Dell XPS8900のメモリを増設しました。当初から、いつか増設する予定で8GB(4GB×2)のモデルを買っていたので、今回、16GB(8GB×2)を増設して、24GBにしました。

増設したメモリは、以前、他のPC用に買って全く問題が無かったシリコンパワー製品を選びました。

シリコンパワー デスクトップPC用 288Pin DIMM DDR4-2133(PC4-17000) 8GB×2枚組 SP016GBLFU213N22

ところが、増設してみると起動しません。昔で言うBIOS(今はUEFIが正しい?)の画面にも到達できません。

このときは、スロット1,2に当初からの4GB、スロット3,4に新設の8GBを挿した状態です。

以前、どこかで「容量が大きい方を先に積む」とか書いてあったような気がして、スロット1,2に入っていた4GBを引っこ抜いて、新しい8GBを挿し、当初は空いていたスロット3,4に4GBを挿してみたら問題なく起動しました。

*

増設後、残念だったのは、最も期待したCADやレンダリングではメモリ増設の効果がいまひとつ分からないこと。一方で、Adobeのソフトを複数起動しておくとか、そういう場合の動きは本当に軽くなりました。

CADはOpenGLの強化の方が効き目があるのでしょう。私が使っているレンダリングエンジン(Cine Render)は、CPUやRAMが影響すると書いてある資料もあったので、けっこう期待していました。

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 Acrobat 10起動時に読み上げ機能画面が表示される

Acrobat 10で、起動時にいつも「読み上げ機能」の画面が表示される。うるさいし、処理に時間がかかるし、キャンセルもすぐに働かないことがある。原因を調べるのも面倒臭いので何年もそのまま使っていたが、限界に達して調べてみたら、AdobeのHPに説明があった。

*

起動時に読み上げ機能画面が表示される(Windows 版 Acrobat 8/9/X)

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/cpsid_91756.html

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 Synergy 1.7.6でクライアントのクリックが効かなくなる

トラブルが多いけれど便利で手放せないSynergyですが、このところクライアントでマウスクリックが効かなくなることがあります。(Synergy 1.7.6)

ホスト側でいったん停止し、あらためて開始すると治ります。症状が出るタイミングはつかめていません。

ベータ版(1.8.0)が出たより後の現象なので、アップデートに躊躇しています。SynergyのHPを見ると、安定版(1.7.6)は1年以上アップグレートが止まっているし、ベータ版も半年以上前のものが最新で、ちょっと心配になります。

しばらく前に、どんな機能が欲しいかのアンケートが来ていたので回答しましたけれど、ほとんどが私には無用な機能でした。Synergyにかぎりませんが、機能を追加するより、メインの機能を洗練してほしいです。

 

 

 

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

【備忘録:PC・ソフト】 SynergyでPhotoshopのマウスホイールが効かなくなる

Synergy(1.7.6 Windows版)を使っているとき、毎回ではないが、Abobe Photoshop CS6でマウスホイールが機能しなくなる。

Photoshopの起動前でも起動後でも、Synergyを停止すると治る。

 

Synergyはいろんなトラブルを発生させてくれるが、メリット>>>>>>>デメリットである。こういうツール開発の大変さを感じるので、無料版を使っている人は「トラブルが多いから」と利用を中断するのではなく、ぜひ有料版を買ってSynergyの洗練に貢献して欲しいと願う。

【追記】 2016/4/14

上記について、Synergy Wikiに「Conflicting software」が掲載されていて、Photoshopも含まれていました。
https://github.com/symless/synergy/wiki/Conflicting-software

カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。