ホーム > 雑記 > 【雑記】食洗機National S46EW2の機内水漏れの修理 

【雑記】食洗機National S46EW2の機内水漏れの修理 

新古品として入手して、丸8年ほとんど毎日使ってきた食洗機National S46EW2の「パワフル」と「スピーディ」が点灯して動かなくなりました。取扱説明書によれば(下の画像が当該部分の抜粋)、原因は機内水漏れ不良で、至急販売店に問い合わせよとのことです。

インターネットで調べてみると、このトラブルの修理には2~4万円かかるようでした。料金の大半はサービスマンの人件費でしょう。だから場合によっては買換えた方が結果としてコストパフォーマンスが高いだろうかなどと考えながら調べていたら、自分でトラブルを解決した方のブログ記事に行き当たりました。

https://ameblo.jp/ep-itaka/entry-12360288020.html

この方の場合は、本体背面のパイプ(※)に亀裂が入って機内下部(5ミリ程度の浅いトレイ状)に水が溜まっていたことが原因だったそうです。私の場合も同様の可能性があり、また修理がパイプの交換程度の簡単な作業だけなら自分でやった方が安くて早いと思って本体を取り出し、本体裏の金属パネルを外して確認したたところ、機内下部のトレイ上位になっている部分が水浸しで、パイプには亀裂が入っていました(要するに上のブログ記事の方と同じ状態です)。

(※)写真はありませんが、本体裏面の金属パネルを外したら出現する、左上部から右下部をL字型に繋げている白っぽい蛇腹タイプのパイプなので、すぐ分かります。

そこで本体をいったん元に戻してから、以下のパイプとホースバンドを注文し、それらが届いた後で改めて本体を取り出してホースを交換したら、無事に復旧しました。本体取り出しに先立って、水の元栓を閉めることと、コンセントを抜くことを忘れないようにしましょう。

パイプ(ホース)

このパイプはお湯が通るようなので、耐熱性のあるものを探しました。蛇腹タイプで適当なのが見当たらなかったので、耐熱性があるシリコン製の普通のホースを買いました。だいたいにおいて1m単位で販売されていますが、実際に必要な長さは40cmほどです。

uxcell シリコーンチューブ ホース ソフトパイプ 耐高温 19mm x 25mm 1M長さ

ホースバンド(ホースをしっかりと止める金具)

ホースの外径(25mm)と値段で探して最初にヒットした下記を買いました。44mmまでの対応なので、かなりごついです。もっと華奢なのでも大丈夫でしょう。また、もともとはホースバンドはホースと本体を接続する2か所のうち低い位置にある側だけに付いていましたが、素人仕事なので2つ買って高い位置にある側にも付けました。

タカギ(takagi) ホースバンド QG426 ホース外径:19mm~44mm 高圧ドライバー締外径19-44

なお、ドライバーを回しにくい位置にネジがあったりするし、金属パネルで手を切る恐れもあるので、電動ドライバーでやるのが良いと思います。私は下記を使っています。コンパクトでわりと狭い部分でも使えるので、PCや電気製品いじりにはなかなか良いです(木工で木ネジを打ち込んだりするにはパワー不足です)。

ブラックアンドデッカー 3.6V 充電式 ドライバー 軽量 コンパクト AS36LN

取扱説明書には販売店に連絡せよと記されているから、上記は簡単な作業ですが100%自己責任で行わなければなりません。

カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。