ホーム > 雑記, 教育 > 【雑記】Amazonのレビューに★1つを付ける人

【雑記】Amazonのレビューに★1つを付ける人

Amazonなどのユーザレビューの、特に★1つのレビューは感情に任せて書かれたような役に立たないものが多いことは、多くの人に共通する見解だと思います。私も通常はそういうレビューを無視しますが、自分が関わった書籍に対する★1つは気になります。

*

ずっと前から、私が共著者の一人である書籍に対して★1つがつけられています。当該レビュー者が★1つを付けた理由は「注文したのではない本が届いた」からだそうです。書籍そのものではなく書店(アマゾン直販ではない)へのクレームを書籍のレビューとして書いているわけで、レビュー自体は誰が読んでもナンセンスだと分かります。ところがレビューはこの1つだけなので、レビュー本文を読まず当該ページ上部の星の数を見ただけで判断されると、内容がだめな本だと勘違いされるかもしれません。だから、この本を扱った書店も当該レビュー者もたいへんに迷惑です。

興味本位でこのレビュー者の他のレビューを見たところ、すべてが書籍購入の際の個人的状況説明をしているだけで、レビューではありませんでした。

こういう人は「レビュー」の意味や意義を考えたことがないのでしょう。書籍の内容そのものへの客観的批判であれば、肯定的な内容でも否定的な内容でも謙虚に受け止めますが、書店の対応の悪さと本の内容の良し悪しを混同されたら困ります。

こういう人はインターネットで公開されることの意味や意義も理解していないだろうから、いつかSNSなどでひどい目に遭うかもしれませんがご愁傷様としか言えないでしょう。

*

最近、私が監修した書籍(共著)に対して★1が付けられていました。

CADの練習本ですが、レビュー者によれば「教材データがない」から「とんでもない駄本」であるそうです。

レビューから分かるのは、この人はすべてのCAD練習本には教材データが付いているという思い込みがあるようですが、事実は異なります。

この本は、教材データがなければどうにもならないレベル(おおざっぱに言えば初心者レベル)の人に向けた本ではなく、そのことは明記しています。また、手順を追って練習するような本ではなく、ヒントやアイディア集でどちらかというと逆引き辞典のように使うのに適しているので、教材データは無用です。仮に教材データを添付したとしても、この本の内容に対応できる人は「教材データはいらないから、その分価格を下げてほしい」と思うであろうものです。

このレビューを初めて目にしたときは監修した立場からは捨て置けなかったので、「教材データがなし=駄本」との主張にもしかしたら正当性があるかもしれないと謙虚に受け止めてみました。しかし理解できません。そこでいつものように、このレビュー者が書いた他のレビューを読んでみたら案の定でした。このレビュー者は自己承認欲求が強い人物のようで、自分が感情的に気に入れば高評価、自分が感情的に気に入らなければ★1つを付けています。

ほとんどの★1つレビューに共通する、「主観/客観」と理性的に対比しながら語る「主観」ではなく、感情に支配されたレビューであり、出版社、書店、著者、読者の誰にとっても百害あって一利なしのタイプです。

もし正当性のあるクレームだったら、編集者と相談してブログなどを利用した教材データ配布を検討したと思いますが、いちゃもんレベルにレビューに対応する気持ちにはなりません。

いずれにしても「教材データがない=駄本」という決めつけが、このレビュー者の世界の狭さや物事を把握する能力の低さを示唆しているので、こんな人に設計を依頼したお客さんは可哀そうです。

なお、著者の意図を完全に把握しているありがたいレビューもあって、★1つ氏のレビューは浮いた状態になっています。

*

同じ本に★3つを付けた人がいます。★3つにした理由は「自分が知っていることが多かった」からという個人的事情です。特定のスキルレベルの層をターゲットとした本なので「自分が知っていることが多い」と感じる読者がいることは当然です。そのこと自体は本の評価に影響しませんが、問題はそういう個人的事情をレビューに記載することです。そして件の本は一定レベル以上の人なら「知っている/すでにやっている/使っていないが気づいている」ようなことしか書いていません。そういう企画の本だからです。逆に言えばこの本を必要とする人は一定レベルはクリアしているものの大したレベルではないので、上記のようなレビューはレビュー者自身が「自分のレベルは大したことはない」と公言しているのと同じで、もし就職活動でこのような人が来たらお帰り願うでしょう。

このようなレビューは、小学校1年の漢字練習帳を買って「自分が書ける漢字ばかりだったので★1つにしました」、「何文字か忘れていたので役に立ちましたが、ほとんど自分が知っている感じだったので★3つにしました」などと同等です。レビューにおいて必要な情報は、小学校に入ってこれから漢字を学ぼうとしている子供たちが上手く漢字を学べるように考えて作られた本かどうかを判断するための情報です。購入者の漢字レベルがどうであるかは全く意味がありません。

購入検討者はそのレビューを書いた人のレベルを知る術がないので、レビューに個人的事情を書く意義はありません。

残念ながら、この人の他のレビューでも個人的印象を★の数に影響させたものがありました。一方で、この人が客観的に記した評価や購入検討者へのアドバイスは、とても役に立つものでした。この人が客観性のある内容だけ書くようになったら、優れたレビュアーになれると思います。

カテゴリー:雑記, 教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。