ホーム > 教育 > 【教育】ただ乗り教材でオンライン授業をやりたいとか?

【教育】ただ乗り教材でオンライン授業をやりたいとか?

私が非常勤で教えに行っている2校もオンライン授業になり、先週から1校の授業が始まりました。従来からデジタル化した教材を使っていますが、それでもオンライン授業の準備は大変です。教室では学生の表情や頷きを観察しながらアドリブで行っていた部分をテキスト化するのはものすごく大変で、膨大な時間がかかります。これでは時給を少なくとも倍にしてもらわないと割が合いません(実質的には3,4倍もらいたい。それくらい時間がかかる)。

*

さて、ある大学の教員を名乗る人物から、私がYouTubeで公開している動画を教材に使いたいと、その教員の副業のメールアドレスから大学の肩書きと副業の肩書きを併記したメールが届きました。この時点ですでにアレな人だろうと感じたので返答不能だと突っ返したら、今度は大学のメールアドレスからメールが届き、なぜ副業メールから送ったかという理由を酒席での仲間内の愚痴のごとくグダグタと書き連ねていました。ここで本当にアレな人だと思いました。

副業メールから送った理由として、着任早々でコロナウィルスによって大学のメールアドレスの使い方もよく分かっていないとかなんとか書いていましたが、副業アドレスからのメールを突っ返した半日後には大学のメールアドレスからメールをよこしたのだから、副業にかまけて(?)、大学の業務をサボっていたということをカミングアウトしただけです。

この人がアレな人であるからではなく、このようなただ乗り希望の依頼は断っています。だから以下のような返信を書きました。(原文の骨子が崩れない範囲でちょっと手を加えています。)

コロナウィルスは全人類に等しくネガティブな影響を与えていますから、個人的失態の理由としてコロナウィルスを持ち出すことは、ご自身の印象を損ねる以外の効果はありません。

さて、私がYouTubeやブログで公開しているのは、個人の私的学習の補助が目的であり、組織の業務で利用してもらうためではありません。知識やノウハウの提供は、一般論としてもビジネスの範疇です。

また、何事であれ、自身の有給の業務を他者のボランティア活動にただ乗りして補填するのは不誠実です。それが教員たる者としてのアイデンティティに関わる教育内容に深く影響する教材についてであれば、なおさらです。

上記からご理解いただけるように、教材としての採用であればビジネスとしてお話を伺うことはやぶさかではありませんが、貴学としての方針が不明な現状では返答は不可能です。

一方で、インターネット公開した以上、どこかの誰かが他の誰かに紹介することについてはすでに自分のコントロール下にはないので、補助資料として学生に紹介していただくことについて私はどうこう言える立場ではありません。しかし、もし学生に紹介するのであれば、YouTubeチャンネルではなく、動画では示せない重要事項を併記したブログを紹介していただくことを願います。

上記への返信は「youtubeサイトの使用や紹介はしない」でした。

こういう場合、学生のことを大切にする教育者であればYouTubeではなくブログを学生に紹介すると返答するだろうし、自分だけが大切な似非教育者なら図星をつかれたことにカチンと来てすべてやらないと返答するでしょう。つまり返答内容でこの人の教育者としての資質を判断しようと考えて、最後の一段落を書き添えた訳です。

また、私はYouTubeではなくブログを紹介するように依頼したにもかかわらず「youtbeサイトを紹介しない」と返すのは、ブログがどういうものであるか調べもしていないということを暗に示しています。つまり私が何者であるかにも興味はないのでしょう。しかし教材には作成者のアイデンティティが色濃く表れるものです。どのような人物が作成したか気にならなかったのだとしたら教育者として欠格です。

なお、この人が使いたいと言った動画は、そのソフトを教えられるだけのスキルと知識があれば、1,2日で作成できるものです。Zoomなどで自分の操作を学生たちに録画させても同様の動画ができるはずです。そのように考えない点で大学業務に真摯に向かい合っているとは思えないのですよね。(動画への具体的な質疑であれば、内容次第では答えた可能性はあります。)

とにかく、この人、大学教員としての矜持、教育者としての謙虚さ、さらには日本語力も欠如しているのだろうと思います。そもそも大学教員になって自分が偉い人になったとでも勘違いしているのか、最初のメールは上から目線でした。そして40過ぎているのに敬語もまともに使えていません。

こういう人に教わる学生たちが不憫だと思う一方で、真摯に取り組みたい学生はわざわざ教員が紹介しなくてもインターネットの中で自ら発見できる良い時代だから、授業より自習に励めばよいでしょう。

*

それからもうひとつ言えば、この人は宛先に「○○様」ではなく「○○さま」と書いていました。初めての相手へのビジネスメールでこういう書き方ができる40過ぎの大人とは!

*

追記

上記を書いてから2ヶ月ほど過ぎました。オンライン授業の準備の過酷さはますばかりです。

準備だけではなく提出物の評価も過酷ですが、メールの授受メインのやりとりは、教室授業より学生一人一人のことがよく分かるという膨大なメリットももたらしてくれています。時間的負担が増えた分の経済的補填があれば、授業内容次第ではありますが、オンライン授業はなかなか良い物だと思います。

件のYouTubeチャンネルですが、特定の時間帯(日本時間の日中)の特定の動画へのアクセスが急増しています。日常的にギブアンドテイクが成り立っているごくわずかの教員さんには「自由に使っていいよ」と伝えていますが、日本のどこかで上に書いたような人が授業に利用しているのではないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

 

カテゴリー:教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。