ホーム > 雑記 > 【教育】道路看板を「岡山空港」から「岡山桃太郎空港」に書き換えるという愚挙

【教育】道路看板を「岡山空港」から「岡山桃太郎空港」に書き換えるという愚挙

地元の空港の名称が、いつのまにか岡山空港から岡山桃太郎空港に変わったようです。

何でもかんでも、名称に「桃太郎」を付けること自体が幼稚で、地元民として恥ずかしいかぎりですが、道路の案内看板が「岡山空港」から「岡山桃太郎空港」に書き換えられつつあります。

*

これ、愚挙としか言いようがありません。

地元民として恥ずかしいから、愚挙だと言っているわけではありません。

*

運転中は、常に変化する多様な情報をインプットしながら、適切なアウトプットをする必要があります。「岡山空港」だけで事足りる情報に対して、「桃太郎」という3文字分多い情報を読まなければならないこと、つまり、そうでなくても脳味噌が忙しい運転中に、コンマ数秒の無駄な時間を費やして、何の役にも立たない情報を読みとなければならないことの危険性を、看板を書き換えた人たちは理解していないはずです。事故はコンマ数秒の思考の攪乱によっても生じるわけです。

この愚行は、オリンピックのエンブレムの盗用騒動を思い出させます。日本におけるデザイン教育の不足と、それに起因する日本人のデザイン思考の欠落が露呈した出来事だと思います

さらに言えば、「岡 山 空 港」とほどよい間隔で並べられていたのと同じ幅に「岡山桃太郎空港」と無理矢理突っ込んだため、字間が詰まりすぎて読みづらくなっています。

このように「税金を投入して人々を危険にさらす」ことを愚行と呼ばずしてなんと呼べばよいのか、、、、。

*

「岡山桃太郎空港」という幼稚な名称に喜んでいる岡山県民がたくさんいるとは俄には信じがたいし、機長さんやキャビンアテンダントさんも「まもなく岡山桃太郎空港に到着します」とか笑いをこらえながらアナウンスするのは苦痛でしょう。岡山桃太郎空港に限らず全国的に恥ずかしいネーミングが増えているようですが、こういう名称は幼児か相当の年配の人に由来するケースが多いみたいですね。

*

ところで、Wikipediaによれば「開港30周年を記念して「岡山桃太郎空港」の愛称を制定」したそうです。正式名称でないことを喜びたいところですが、道路の案内看板のような公的な情報の提供媒体に「正式名称」ではなく「愛称」を使っているということですか? (・・;)

カテゴリー: 雑記
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。