ホーム > 雑記 > 【雑記】Bootcamp入りMac mini (mid 2011)のHDDをSSDに交換

【雑記】Bootcamp入りMac mini (mid 2011)のHDDをSSDに交換

2011年式のMac miniはいまでも現役で、BootcampでWindows 10マシンとして使っています。HDDが遅いのでSSDに入れ替えたいとは思っていましたが、Bootcampで使うために、オリジナルHDDの500GBと同等の容量が欲しいけれど、その程度の容量のSSDは(2011年式に積むには)高かったので安くなるのを待っていました。ようやくそれなりのメーカー製が8000円を切るようになってきたので心が動いていました。

昨年末ごろからWincloneでバックアップしようとしたら、エラーが出るようになりました。調べてみるとWindows側のドライブに問題がある場合に出るエラーだったので、Windows側で「chkdsk /f」をやって修復したらWincloneできました。ところが、その後、Wincloneしようとする度に同じエラーが出ます。Crystal Disk InfoでS.M.A.R.T.情報を見たら「代替処理保留中のセクタ数」に黄信号が灯っていたので、ついに交換を決意し、Dell XPS 8900に入れて調子の良かったADATAの下記を購入しました。

ADATA Technology Ultimate SU650 SSD 480GB ASU650SS-480GT-C

バックアップ

Bootcampを使っているので、macOSのバックアップとBootcampのバックアップの2つが必要です。

macOS

Time MachineのバックアップがあればOKです。

Bootcamp

私は日常的に(2ヶ月に1回くらい)Winclone 6 (現在の最新版はバージョン7)でバックアップしています。交換に先立って、あらためてバックアップしました。なお、Wincloneのバックアップにはものすごく時間がかかるので、Windwosのデータを一時的に外付けHDDに移動してから、2回、Wincloneしました(Wincloneでの復旧はこれまで何度かやっていますが、バックアップが壊れている(?)ことがあったので、念のためバックアップを2つ取った次第です。)

Windowsのデータ

以下の2種類のバックアップを外付けHDDに取りました。

  1. 通常のコピー
    (といっても、私はこのような場合はFastcopyを使います。)
  2. EaseUS Todo Backup Workstation
    Free版でも大丈夫です。

2をやらなくても(1だけで)十分だと思いますが、心配な場合は1を他のPCにコピーしておくと良いと思います。

交換

交換作業については「Mac mini 2011 HDDをSSDに交換」のようなキーワードで検索するとたくさん情報が出てくるので、ここには記しませんが、見つかった情報を3つ4つ読んでおけば安心して作業できます。私の場合、作業時間は20~30分でした。

なお、特殊な(日常的でない)ドライバーが必要で、私は趣味で購入していたサンワダイレクト ドライバーセット800-TK035 を使いました。この中には、作業に必要なドライバーの一つであるT8は含まれていませんが、私は以前から持っていたので困りませんでした。これから買おうという人は気をつけてください。

システムの復元

不思議なこと

実は Dell Inspiron 11 も同じくSSDへの交換を考えているので、購入したSSDはまずInspiron 11 の方を交換してみました。こちらは通常のWindowsのドライブ交換だから作業はあっけなく終わり、SSDの速さを満喫できました。その後、Inspiron 11 用にクローンされた状態のままMac miniに移設しました。

そうしたら、そのままInspiron 11 用のWindows 10が起動してしまいました。ということは、Mac miniにmacOSを入れてBootcampでWindowsを動かすのではなく、そのまんまWindowsマシンに仕立てられるということかもしれませんが、Windowsのライセンスの問題もあるから、それ以上は試していません。

Time MachineからmacOSの復元

あまり考えないままに復旧時のおまじないであるCommand+R(私の場合は、Windowsキーボードなので、Windowsキー+R)を押しながら起動しました。そうしたら自動的にインターネットに繋がって、インターネットリカバリー(?)が始まりました。時間がかかりそうなので犬の散歩に出かけ、帰って見ると、お馴染みのmacOSユーティリティが起動していたので「Time Machine バックアップから復元」を選んで、あとはメッセージ通りに進めました。

macOS側はたった数十GBしか使っていませんが、復元には1時間弱かかりました。完了後、無事起動したので、次はBootcamp領域の復元です。

 

WincloneでBootcampの復元

Wincloneの使い方通りに進めます。

まずはディスクユーティリティでBootcamp領域を確保します。このときフォーマットはFATにしておきます。

次にWincloneを起動して、バックアップイメージを選んでrestoreをクリックすれば後は待つだけ、のはずでしたが、SIPなんとかかんとかというエラーが出て進めませんでした。

対策がWincloneのサイトに出ているので(下記URL)、その通りにやったら、無事に復元できました。

https://support.twocanoes.com/hc/en-us/articles/204838719-Winclone-and-System-Integrity-Protection

*

面倒くさいので交換前後のベンチマークを取っていませんが、感動的に速くなりました。リモートデスクトップで使うことも多いですが、これまではWiFiのせいだろうと思っていたモソモソ感がなくなったことから、Mac miniはHDDが元凶であったことが分かりました。2011年式とはいえCPUは腐ってもi5だし、RAMも8GB積んでいるので、当分の間、現役で使えそうです。

MacでWindowsを動かすにあたって、macOSとWindowsの切り替えが楽だという点でParallelsやVMWare Fusionにも興味がありました。しかし、SSDに交換して起動が高速化したので、macOSとWindowsの切り替えがそれほど苦にならなくなったし、長い間、macOSを起動するのはWincloneするときだけなので、もはやParallelsやVMWare Fusionは必要なさそうです。

*

追記(2020/6/15)

その後、WMWare Fusionを試してみましたが、Bootcampと比べるとかなり遅かったです。
2011年式のパフォーマンスが遅い理由の大半でしょうが、macOSとWindows間の頻繁なやりとりが必要なければ、Bootcampが良いと思います。

カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。