ホーム > 雑記 > 【雑記】チョコラブ

【雑記】チョコラブ

chocolab1.jpg「チョコラブ」(茶色のラブラドール・レトリバー)を飼っています。現在13歳です。

ラブラドール・レトリバーは白や黒が大半なので、我が家のチョコラブを見て直ちにラブラドール・レトリバーだと分かる人は少数派です。散歩中、「何という犬種ですか?」と尋ねられることがあります。一方、これまで我が家の犬を見て即座に「チョコラブですね」と言い当てた人のほとんどがラブラドール・レトリバーを飼った経験がある人でした。

*

ある夜、犬と散歩していたら、道の反対側を向こうから歩いてきた50半ばくらいの男性が、一瞬硬直して歩みを止めたかと思うと、駆け寄ってきて「チョコラブですね」と声を掛けてきました。「触らせてもらってもいいですか?」と尋ねられたので、「どうぞ」と答えたら、男性は即座にしゃがんで犬を撫ではじめました。犬は嬉しそうにでれっと転がって、気持ちよさそうに触られています。

あぁ、この人もラブを飼っているのだなぁと思いつつ、「ラブはいいですよね」「そうですね」、、、とありがちな会話がしばらく続きました。私が「もう13歳であちこちが悪くなっていて、、」と言ったら、数秒の沈黙の後、その男性は「うちのは去年11歳で死んでしまって、、、」と言って、嗚咽を堪え始めました。そのまましばらく犬をなでた後、目頭を押さえながら「長生きしろよ」と犬に話しかけてから立ち上がり、私に向かって「ありがとうございました」と言って、何かを振り切るように足早に去って行きました。その後ろ姿に数年後の自分が重なりました。

*

学生さんから「先生の趣味は何ですか?」のように私生活に関する質問をされることがあります。私生活に関する質問ははぐらかすことにしているので、趣味を問われた場合は「犬の散歩」と答えることにしています(ウソではありません)。多くの場合「へぇ、そうなんですか」で会話は打ち止めになります。

あるとき、犬の散歩という答えに食いついてきた学生がいました。

学生「大型犬ですか?」

私(なんでいきなり「大型犬」が出てくるのか思議に思いつつ)「いちおう大型犬に分類されてるよ」

学生「ラブラドール・レトリバーですか?」

私(なんで大型犬でいきなり「ラブラドール・レトリバー」が出てくるんだ?と思いつつ)「そうだよ」

学生「ラブって可愛いですよね」

私(なるほど、彼も飼っているんだなと思いつつ)「そうだね」

学生「何歳ですか?」

私「xx歳だよ」

学生「長生きですね」

私「どっちかというと長生きみたいだね」

学生「僕も飼ってたんです」

私(あれ?過去形?と思いつつ)「そうなんだ」

学生「病気で死んじゃって」

私「えっ」

学生「まだ4歳だったんです」

私「そうか、、」

(その学生の友だち)「おい、バスに遅れるよ」

学生「じゃまた、先生」

私「来週は遅刻するなよ」

学生「は~い」

その後、彼の遅刻癖はほぼ完治し、よく話しかけてくるようになりました。

ところで、学生たちのタメ口は、もはや手遅れだと思うので矯正することは諦めています。もし矯正しようと思ったら、授業中の会話の半分をタメ口矯正のために費やすことになります。

*

追記

2019年11月、我が愛犬は14歳と7ヶ月で天国に旅立ちました。

 

カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。