ホーム > 雑記 > 【雑記】 革命家もIT経営者も教養書を読んでいるそうです

【雑記】 革命家もIT経営者も教養書を読んでいるそうです

朝刊の書籍の広告蘭はときどきネタを提供してくれますが、今日見かけたのも秀逸です。

なぜあの人は「教養」があるのか。

サブタイトルは「大人の教養を身につける53の具体例 」で、帯には「革命家もIT経営者も教養書を読んでいる」と書かれています。

教養には大人も子供もありませんがそれはさておき、教養は結果として備わるものであって、目的ではありません。また教養書というものが存在するとしても、それは古今東西、多くの人々が評価した結果得られた称号であり、著者自身が「よし、これから教養書を書くぞ!」と宣言して著すものでもないでしょう。ということで、教養を付けたい場合には、世界の中で教養書との称号を得ている本を読んだ方が適していると思いますが、きっと著者はそんなことは分かった上で書いているのでしょうね。

*

アマゾンに掲載されていた目次を見る限りでは、著者の見解に賛同できる点が多そうな気がしました。

でも、目次の中に「言葉のレベルで、教養の差がつく」という一文がありました。これはちょっと、と思いました。この一文を軽率に受け取って「言葉のレベルを高める」=「難解な言葉を繰り出す」と短絡する人がいたら困るからです。「相手の言葉から教養レベルを瞬時に判断し、それに応じたレベルの言葉で対話できるかどうかに教養の差を見いだせる」では、キャッチコピーとしては長すぎるから端折ったのだろうけれど、端折りすぎではないかなぁ。

 

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。