ホーム > 雑記 > 【雑記】 ITを正しく使えば人命を守れると思う

【雑記】 ITを正しく使えば人命を守れると思う

またもや学校で子供が熱中症で亡くなりました。

あの暑さの中、屋外で活動するというのは狂気の沙汰ではないと思います。まだ小学校に入って数ヶ月の子供は、きっと先生に素直に従ったのでしょう。

今回の事件にかぎらず、学校活動における熱中症については正確な判断が出来なかった学校や教員にほぼすべて責任があると思いますが、古びた規則と慣習に縛られた学校や教員に柔軟な対応を求めることは絶望的だと思います。

*

そこで思ったのは、こういうことを人間が判断しなければよい、つまり、機械的な判断で行うようにすればよいということです。

コンピュータに屋外学習の可否を決定させるのが良いと思います。簡単なプログラムとセンサーがあれば、10年前のパソコンでも実現できるはずです。人工知能というような大げさなものは必要ありませんが、文科省や厚労省が主導してビッグデータを参照しながら同時に構築していくようなシステムにする必要があります。また、ギリギリの判断ではなく、かなり安全側の判断を返すような設定にする必要もあるでしょう。

そうすれば、一教員、一学校は判断の全責任を負う必要がなくなります。

*

先日の大雨による大災害も同様でしょう。これも行政の人に委ねたり、居住者自発性を重んじるなど、人の判断で行動するのではなく、機械的な判断に従うようにすればよいと思います。

空や天気図を見れば分かるような「今日の天気は?」に「晴れ、とても暑くなる」と答えるシステムは不要です。「今日は外出してはいけません」と知らせるシステムが必要です。

人の言葉には従わないくせして機械の言葉に素直に従う人は多いから、効果あると思います。

*

多くの人がスマートフォンを持つ今、GPSでその人がいる地形、標高などが分かりますから、そういう情報を用いた警報システムも可能でしょう。

*

上記のようなことは、すでに、どこかで誰かがやっていると想像します。一刻も早い実現を望みます。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。