ホーム > 雑記 > 【雑記】 人々はYouTube動画の説明を読まないのだろうなという話

【雑記】 人々はYouTube動画の説明を読まないのだろうなという話

YouTubeにあるソフトの学習用動画のチャンネルを作っています。初歩的学習のための動画群は授業の補助教材、自習教材として使っています。

このソフトは毎年バージョンアップされます。

最初に公開した動画群は2つ前のバージョンのときで、その次のバージョンは前バージョンからの変更が動画内容にほとんど影響を与えなかったので、そのまま使いました。その次のバージョン(現行)では細かいところでの変更があったので、作り直しました。

で、アクセス状況を見ていると、現行バージョン対応動画より、2つ前のバージョン対応動画へのアクセス数の方が多い、というか、現行バージョン対応版にはほとんどアクセスがありません。たぶん、過去の再生回数の関係で、検索すると古いバージョン対応の動画が上に出てくるのでしょう。

古いバージョンの動画群には、説明の冒頭に現行バージョン対応動画を別途公開していることを示しています。

そこで、タイトルに「現行バージョン対応版URLは説明文に記載」と付け加えてみました。そうしたら、現行バージョンへのアクセスが増えてきました。

たぶん一般的に成り立つことでしょうが、私のYouTubeやブログのアクセス状況からも、刹那的に必要になった事柄について検索し、味わうことなく食いっ散らかす閲覧者が多いことです。ブログを初めてしばらく経ったときにそのことに気付いたので、YouTubeもブログも全体としての統一性や一貫性をもたらすのはやめました。だから、私としては食い散らかされてもかまいませんが、閲覧者は説明文を読まないことで損しているケースが多いだろうとは思います。

 

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。