ホーム > 未分類 > 【備忘録:PC・ソフト】システムイメージの作成で、0x800423f3

【備忘録:PC・ソフト】システムイメージの作成で、0x800423f3

Windows 10で、クローンしたシステムドライブのシステムイメージを作ろうとしたら、下記のようなエラーが生じました。

0x800423f3.png

0x800423f3 について調べたところ、「chkdsk /r」で解消する場合があるということが分かりました。

*

そこで、ドライブレターが振られていて「Windows上で見える状態」のドライブに対して「chkdsk /f」を走らせてみましたが、エラーは見つかりませんでした。そこで、見えないドライブに対して「chkdsk /f」を行うために、「ディスクの管理」でドライブレターを割り振ろうとしましたが、できませんでした。

このHDDには、システム用とデータ用のドライブレターを振ったパーティションが2つと、システムが勝手に作るパーティションがいくつか存在しますが、EaseUS Todo Backup Workstatuin でパーティションごとのバックアップを試みたところ、回復パーティションだけでエラーが生じました。つまり、問題は回復パーティションにあると推測できました。

このPCの場合はすでに回復パーティションは不要になっていましたが、これまでは積極的に削除する理由がなかったので何となく残していていました。だから、今回は回復パーティションを削除しました。この状態でシステムイメージの作成を試みましたが、上と同じエラーが出て進みません。

そこで、未使用領域になっている回復パーティションの跡地(500MB程度)を潰したらどういう結果になるだろうか?と考えて、「ディスクの管理」で回復パーティションの跡地をデータ用パーティションの拡張に使いました。その結果、無事にシステムイメージが作成できました。

*

私のPCの場合は回復パーティションが不要だったし、クローン前のHDDをそのまま残していて、このHDDから起動できたし、クローン直前のシステムイメージもあったので、回復パーティションの削除の影響で起動できなくなったとしても困ることはなかったでしょう。だから、よく分からないまま、思いつくままに操作してみました。しかし、回復パーティションが必要だったり、他の方法で起動できる状況にない場合は、リスクを伴うやり方であったろうと思います。

*

それから、回復パーティションは工場出荷時に戻すために使われるので、使い込んだPCの復旧には役に立ちません。日常的にWindowsの標準機能であるシステムイメージの作成や、EaseUS Todo Backup のようなサードパーティーのバックアップソフトを使って、環境を復元できる状態にしておくことは大切ですね。

いずれにしても、環境の復元は気の重い作業です。ソフトごとに異なるFDで起動していたDOS時代の方が環境の復元は楽でした。

 

広告
カテゴリー:未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。