ホーム > 雑記 > 【雑記】 Dell Inspiron 530 が掘りごたつの熱源になっていた件について

【雑記】 Dell Inspiron 530 が掘りごたつの熱源になっていた件について

他のいくつかの記事に書いたように(例えば、これ)、デスク下に置いている2008年製Dell Inprion 530が掘りごたつの熱源のようになっている。あれこれ交換して、CPU, GPUなどの温度は無事に下がったが、それでも掘りごたつ状態が完全には解消していなかった。

壁と他のデスクトップPCに挟まれた格好で設置しているので、本体から十分に放熱できていないことは明らかだが、この状態で設置した当初は熱源にはなっていなかった。CPUファン等を交換した後の熱さは、本体から放熱しにくい状態に置いていることが原因だろうとも思ったが、CPU, GPUなどの温度から想定される以上に熱い空気が出てくる。

最初からやればよかったことだが、あらためてPCの背面に手をかざしてみたら、電源の冷却ファンからの排気がとても熱かった。

そこで、PCの側面が空気に触れるように置き直し、アウトレットで1台108円で買ったUSB扇風機2台で周囲に気流を作ったら、かなり解消した。これから冬に向かうから、ほんのり温かい掘りごたつで快適に仕事ができそうな気配。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。