ホーム > 道具 > 【道具】 宛名印刷ソフト

【道具】 宛名印刷ソフト

Macがメインマシンだったころから、年賀状の宛名印刷にはずっと宛名職人を使ってきた。

私が現在持っているバージョンは2011という古いバージョンだが、Windows7では問題なかった。ところが、Windows 10にしたら、データファイルのダブルクリックで開かなくなってしまった。プログラムを起動してから「開く」でやれば開けるが、こういう部分については宛名職人は使い勝手がよくないので、バージョンアップすべきかどうか迷っていた。

迷う理由は、裏面作成機能はいらないから。

もちろん住所録だけであればExcelで十分なのだが、宛名印刷を考えたら、やはり専用ソフトが楽だ。

この手のソフトは、宛名職人も含めて、私には無用な裏面制作ばかりにエネルギーが割かれていて、バージョンアップと言っても、その年の干支に合わせたイラストが増えている程度で、肝心の住所録と宛名印刷については10年、20年前と大差ない。

ところあバージョンアップを悩んでいるうちに、アジェンダは宛名職人をソースネクストに売ってしまった。昨年、ソースネクストから新バージョンが出されたが、ソースネクストへの身売りは開発中止を意味するという印象を持っているので、宛名職人の使用継続は断念することにしていた。

そこで、筆まめ(無料版)や筆王(マイルでもらった)を試したが、好みではなかった。一太郎に付いてきた住所録ソフトも試してみたのだが、頻繁に落ちて使い物にならなかった。

そこであらためて探してみたら、「はがき作家 あてな 10 Free」というソフトがあった。バージョンが10だから、かなり昔からあったのだろう。当然と言えば当然だが、CSV経由で他ソフトの住所録を取り込める。5分ほど使ってみた印象ではけっこう良さそうだし、宛名作成と裏面作成がはっきりと切り離されているのもありがたい。今年の年賀状作成はこれでやってみようと思う。

 

広告
カテゴリー:道具
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。