ホーム > 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】 Dell XPS8900 のメモリ増設

【備忘録:PC・ソフト】 Dell XPS8900 のメモリ増設

Dell XPS8900のメモリを増設しました。当初から、いつか増設する予定で8GB(4GB×2)のモデルを買っていたので、今回、16GB(8GB×2)を増設して、24GBにしました。

増設したメモリは、以前、他のPC用に買って全く問題が無かったシリコンパワー製品を選びました。

シリコンパワー デスクトップPC用 288Pin DIMM DDR4-2133(PC4-17000) 8GB×2枚組 SP016GBLFU213N22

ところが、増設してみると起動しません。昔で言うBIOS(今はUEFIが正しい?)の画面にも到達できません。

このときは、スロット1,2に当初からの4GB、スロット3,4に新設の8GBを挿した状態です。

以前、どこかで「容量が大きい方を先に積む」とか書いてあったような気がして、スロット1,2に入っていた4GBを引っこ抜いて、新しい8GBを挿し、当初は空いていたスロット3,4に4GBを挿してみたら問題なく起動しました。

*

増設後、残念だったのは、最も期待したCADやレンダリングではメモリ増設の効果がいまひとつ分からないこと。一方で、Adobeのソフトを複数起動しておくとか、そういう場合の動きは本当に軽くなりました。

CADはOpenGLの強化の方が効き目があるのでしょう。私が使っているレンダリングエンジン(Cine Render)は、CPUやRAMが影響すると書いてある資料もあったので、けっこう期待していました。

広告
カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。