ホーム > 雑記, 未分類 > 【雑記】 Amazon Drive Unlimited ストレージを試す

【雑記】 Amazon Drive Unlimited ストレージを試す

別記事にも書いていますが、これまで何度かオンラインバックアップを試してきました。

2年間使った Zoolz はけっこう気に入っていたし、おかげで助かったこともありますが、自分の通信環境の問題もあって体感的に遅かったり、アップローダがCPUを100%近く食うことがあったりで、1年ほど前、契約更新せずに使うのをやめました。

その後はHDDを買い足してバックアップを取っていましたが、どんどん増えるドライブレコーダーの録画を老後の楽しみのために全部残そうと思って保存していたら、そんなに車を使っていない今の生活でも、毎年、1~2TBずつ増やしていく必要があります。それはそれで馬鹿馬鹿しいので、あらためてオンラインストレージ、とくに、Zoolzの日本語版であるAosBoxの利用を考え始めていたころに、Amazon Drive Unlimited ストレージが発表され、気になっていました。年間費用が3~4TBのHDDが買えるくらいなのでやや躊躇しましたが、3ヶ月間の無料試用を申し込みました。

アップロードは、Amazonから専用のデスクトップPC用アプリをダウンロードしてインストールします。このダウンローダにファイルをドラッグ&ドロップすると、アップロード先のフォルダを聞いてきます。そこで自由にフォルダを選べるし、その場で作ることもできます。まず、このことが気に入りました。PCのフォルダ構造をオンラインストレージでも保てるのはメリットです。(できて当たり前だと思いますが、直前にGoogleフォトを試して、ファイルの扱いの不自由さに閉口したので、余計にありがたく思えたようです。)

デスクトップアプリ、

世界的大企業の Amazon でも、下記のような恥ずかしい間違いを犯すのですね。驚きました。

amazondrive1.png

「再試行に失敗しました」は、このボタンをクリックしたときの動きから考えても、原文は “Retry  failed”でしょう。正しい訳は「失敗したもの(ファイル)を再試行する」で、動詞+目的語になっているはずです。Amazonの訳は、主語+動詞と捉える初歩的な文法ミスであろうと思われます。ただし、”failed” ではなく、”the failed” が文法的に正しいはずです。これまであまり意識していませんでしたが、上記のような場合”the”が省略されている例をけっこう見かける気がします。

試しにYahoo翻訳にかけてみたら、”retry failed” と “retry the failed” では異なる訳になりました。

しかし、そもそも、ここに「再試行に失敗しました」という機能ボタンがある意味がないです。人が訳したのか機械が訳したのか知りませんが、このアプリの開発に、中学校程度の英語と小学校程度の日本語が分かる人が関与していなかったのでしょうかね?

ということで、このボタンをクリックすると、失敗したファイルをあらためてアップロードしてくれます。

試用開始後の5日間で、約1TBがアップロードされました。時間帯によって速度差があるようですが、一日あたり約200GBです。Amazon drive unlimited ストレージは十二分に満足できる速度です。

またアップローダがCPUを食い過ぎてパフォーマンスが低下することもありません。

試用期間は3ヶ月間ですが、一ヶ月以内に手持ちのデータすべてのアップロードが終わり、その後は日常的な運用をして、可能性を確かめられると思います。

とにかく、今までに試した中ではベストだという印象です。

でも、日本とアメリカで料金に2倍近い開きがあるのは何故なのでしょうね? 日本もアメリカ並みになってほしいです。

*

使用開始後、2週間程度で約3TBのデータのアップロードが終わりました。

この過程で以下が分かりました。

  • ファイルサイズが大きいとリトライが増えて、平均的なアップロード速度がかなり遅くなります。
  • 4~5GB程度以上のファイルはリトライが繰り返され、ほどんどの場合、いつまで経ってもアップロードが完了しません。スマートフォンやブラウザを使ったアップロードはサイズの上限があるが、デスクトップアプリには制限がないので、回線の問題かも知れません。
  • 1GB以内はだいたい問題なくアップロードされますが、リトライが全くないわけではないので、平均速度が落ちます。。
  • 100MBくらいでも、リトライされる場合があります。
  • 小さなファイルは、見た目には小気味よくアップロードされますが、平均速度は落ちます。

上記には私の通信環境も影響しているでしょうが、50MB程度までがストレスがない感じです。それより大きなファイルは、事前に分割したファイルをアップロードした方が早そうだというのが、上記で得た結論です。

そこで、分割ツールを探したところ、HamsCopy が最も私の希望に合っていました。

フォルダ構造を保ったままでサブフォルダのファイルを分割できること、ベリファイできることや、ファイルごとに作られる結合ツールで容易に復元できること、チェックサムとかちゃんとチェックしてくれることなど、とても便利なツールです。私は使っていませんが、暗号化もできます。(作者さん、ありがとうございます。)

ついでに、分割したファイルをZIP圧縮すれば、さらにファイルサイズを小さく出来る場合があるので、分割後、ZIPすると同時に暗号化してみています。

このようにすると、当然ながら復元に手間がかかるようになりますが、セキュリティ面の向上になると思います。そもそも二次的なバックアップが目的で、復元する頻度はたいへん低いはずなので、復元の手間よりアップロードの速さやセキュリティを優先することにしました。

*

複数の巨大な動画ファイルをダウンロードして復元してみましたが、全くトラブルなしでした。

ひとつだけ、分割ファイルの結合時に、チェックサムのエラーが出ました。でも元ファイルが壊れていたのではなく、ダウンロード失敗が原因でした。再度ダウンロードしたら大丈夫でした。派手なメッセージは出ないので、注意が必要です。

*

使用期間はまだ2ヶ月以上残っているので、その期間、じっくり使ってみて継続するかどうか考えるつもりです。

いままで使ったオンラインバックアップの中ではベストだという印象ですが、同期型ではないので、ある程度貯まったところで定期的にバックアップするのに向いていて、日常的なバックアップにはAOSBox(Zoolz)の方が向いているでしょう。併用するのが良いと思いますが、Zoolzの基盤はアマゾンのシステムだったと思うので、同じ基盤にバックアップを置くのは決して好ましいことではなく、悩み中です。

*

また気が向いたらレポートするかもしれません。

*

【追記 2016/12/28】

12月中旬で3ヶ月の試用期間が終わり、契約を継続しました。11月中に手元のデータはほどんどアップロードし終えていたので、その後は増えたデータを定期的にアップロードしている状況です。相変わらず、CD一枚分程度より大きなファイルは一発ではアップロードできないことがあり(リトライすれば100%アップロードできている)、4GBくらいより大きなファイルは何度やってもアップロードできないという状況は変わりません。しかし、パスワードをかけて分割アップロードすることによってセキュリティが高まるので、災い転じて福となるということだと思えばOKです(ただし遠い将来、プラットフォームとしてWindowsが残っていることが前提です)。

また、デスクトップアプリがバージョンアップして、特定フォルダーのファイルを同期できるようになりましたが、現時点では、Dropbox, Box, OneDrive で十分なので使っていません。当初の目的通り、ひとつの外部ドライブというイメージで使っています。この使い方で十分満足できるシステムだと思いますが、Dropbox, Box, OneDriveのフォルダをAmazon Driveの同期フォルダーの中に入れたら、データのバックアップとしてはかなり有効ではないかと思っています。

【追記 2017/2/28】

ここ数日、10GB超のファイルもアップロードできています。素直にアップロードできるファイル数が、エラーで再試行が必要になるファイル数を上回っています。また失敗はファイルサイズに関係なさそうで、10GBより大きくても一発でアップロードできる場合もあれば、数百MBでも失敗することがあります。ほとんどが2、3回以内の再試行でアップロードできています。

 

広告
カテゴリー:雑記, 未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。