ホーム > 雑記, 未分類 > 【雑記】 Windows 10のクリーンインストール

【雑記】 Windows 10のクリーンインストール

無償アップグレード期間中に、Windows 10 ProにアップグレードしたPCの庫裏ー人インストールをする羽目になりました。

2016年夏のAnniversary Updateをかけてしばらく後、トラックボールの動きがカクカクしはじめました。トラックボールの一通りのメンテナンス(掃除、電池交換、ドライバの再インストールなど)をやっても改善しないので、msconfigを使って、余計なものを読み込まずに起動する設定で試してみようと思った結果、ログオン画面が出たところで、うんともすんとも言わない状態になりました。

ここで立ち止まって考えればよかったのですが、システムイメージから復旧すりゃいいや!とやりはじめたのですが、できません。フォーマットしないようにしていたはずなのに、うっかりしていたのか、フォーマットもされています。何度やってもダメ、HDDを交換してもダメ。いつもは、スルスルっとシステムイメージから復旧できていたので、途方に暮れました。

システムイメージからの復旧をしつこく試した理由は、Windows 7 → 8 Pro → Windows 10 と順次アップグレードしてきていたので、クリーンインストールするには、Windows 7 からやり直しになるし、そもそも、無料アップグレード期間が終わっているので、最終的にWindos 10のライセンス認証が通るだろうか?というう不安があったからです。探し方の問題もあったでしょうが、インターネットでは、私にとって役立つ情報が見つかりませんでした。

Mirosoft Office ほか、オンラインで認証するソフトもいくつか使っているので、電話認証になったら面倒くさいなぁという気持ちもありました。

でも、どうにもならないので、Windows 7からやり直しました。ソフトはWindows 10にした後で入れればいいので、アップグレードを繰り返すだけです。

Windows 8 は、購入時にダウンロードしておいたインストールファイルを使用し、Windows 10 はMedia Creation ToolであらたにインストールUSBを作り直して、インストールしました。

オンライン認証がややこしくなるのではないかとうのも、杞憂でした。Windows 10 も、Microsoft Office ほかのいくつかのソフトも、あっけなくオンライン認証が完了して、きれいなPCができあがりました。

その後、私にとっての主要ソフトをインストールする度に、システムイメージをつくって、復元できることを確認しながら進めました。どうやって復旧するか悩んでいた時間もあるので、トラブルが発生してから一週間かかってしまいました。最初からクリーンインストールすれば、一日仕事で終わったはずです。

なお、データはもちろん、AppDataフォルダもバックアップしてあったのでソフトの復旧は楽でした。また、アップデートがかかっていた一部のソフトは、復元には使えなかったシステムイメージのVHDファイルをマウントして、そこから最新ファイルをコピーしたので、面倒くさいアップデート作業はほとんど必要ありませんでした。

一方、Giveaway of the Dayなどで入手していたものは、当然、インストールできません。動画変換のよいソフトがあったので、それが使えなくなったのが残念です。

 

 

 

広告
カテゴリー:雑記, 未分類
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。