ホーム > 雑記 > 【雑記】 最後の1台をWindows10にアップグレート

【雑記】 最後の1台をWindows10にアップグレート

手元にあるPCでWindows 10にアップグレード可能なもののうち Dell Inspiron 530 以外はすでにアップグレードしていた。Dell Inspiron 530だけは必要があってWindows 7のままにしていたが、最近Mircrosoftがアップグレードの知らせ方が変わったらしく日付まで指定など煩わしいので、Windows 7 を残す必要性があまりなくなってきたこともあって、アップグレードすることにした。

もともとWindows XP Professionalだったが、Windows 7 にアップグレードするときにけちって Home Premiumにしていた。だからWindows 7から直接アップグレードすると、Windows 10 Homeになってしまうが、数年前のキャンペーンでWindows 8 Proを買ったまま寝かせていたので、これを使って8を経由して 10 Proにできる。

Windows 8のインストールは、何年か前に別のPCをアップグレードしたときにダウンロードしておいたインストールファイルを使うことにした。

ライセンスキーを入れるところまでは順調だったが、その後しばらくするとVirtual PCをアンインストールせよとのメッセージが出て、先に進まなくなった。Windows 7 ではVirtual PCは更新プログラム(KB 958559)としてインストールされるので、コントロールパネル>プログラムと機能で、更新プログラムKB 958559をアンインストールした。そして再起動してWindows 8のインストールを継続したが、再び「Virtual PCをアンインストールせよ」とのメッセージが出て先に進めない。アンインストール時に不具合が生じたかもしれないので、KB 958559を再度インストール→再起動→KB 958559をアンインストールとやってみたが、ダメ。

ダメ元で、Program Filesの中のVirtual PCのフォルダを別の場所に動かしたら、Windows 8をインストールできた。

Bluetooth ドライバ、Netgear USB コントロールセンターがうまく起動できないので、アンインストールした(どちらも別のWindows 10マシンでは動いているので、後から入れ直せばよい。)

念のためWindows 8の状態でシステムイメージを作ってから、Windows 8.1はスルーして、Windows 10へのアップグレードすればいいと思っていたが、それはできないことを思い出し、泣く泣くWindows 8.1にするために必要な2つのUpdate(※)をしようと思ったら、Windows Updateが全然進まないという状況。でも、あちこちに書かれているように、コントロールパネルからWindows Updateのトラブルシューティングをしたら、いくつかのエラーがフィックスされ、無事にUpdateできた。

(※)原則は「すべての更新プログラムをインストールしてから」らしいが、実質的には下記の2つでよいらしい。Windows 8インストール直後には、Windows Updateには、200以上の更新プログラムがリストされ、合計サイズが1GBを超える。下記の2つだけのインストールをすれば、かなりの時間を短縮できる。

 

ここで念のためWindows 8.1 アップグレード アシスタントを走らせてみたら、JustsystemのiDiskマネージャーがNGだったのでアンインストール(これもWindows 10で入れ直せばよい)。

そして、ストアに表示さえたWindows 8.1への更新を開始した。スムーズに進んでほしいと願いつつ、、、でもダメだった。 0x80070057 のエラーが出て止まってしまった。

そこでこれもまた、あちこちに書かれているWindows Update のコンポーネントをリセットする方法を試してみたら、無事にインストールできている。他のPCで仕事をしながらの作業なので、ここまでに半日以上かかってた。

調べている時に、Windows 8のサポートが今年(2016年)の1月13日で終了していたことを知った。ちょっと冷や汗。なおWindows 8.1は2023年1月11日までサポートされるらしい。

食事をしたり、犬の散歩に行ったりしているうちに、インストールは「設定しています(56%)」くらい進んでいたが、その後82%で数十分止まってしまったため焦ったが、最終的には、無事にインストール完了した。

ここでシステムイメージを作成してから、Windows UpdateでWindows 10へのアップグレード作業を開始。ここからは滞りなくスムーズに進んだ。

Microsoft Office 2013は、コントロールパネル>プログラムと機能から修復する必要があった。

8.1にした時点で、FascCopyのドラッグ&ドロップが効かなくなっていた(※)ので、アンインストールして再インストールしてみたがダメ。(※:FascCopy自体は動くのだが、右クリックメニューが、表示はされるけれど所定の動作をしてくれない状態)。目下のところ、原因不明。

かなり困るので、以前使っていたCopyExtを入れてみようかと思って窓の杜に行ってみたら、作者のh_toshさんが一昨日お亡くなりになったと書かれていた。h_toshさんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。