ホーム > 雑記 > 【雑記】 シュレッダーは安全か?

【雑記】 シュレッダーは安全か?

詳細は端折るが、訪問リサイクル業者にシュレッダーを引き取ってもらった。まだ中身を処分していなかったので、中身を取り出してから業者に渡そうとしたら、業者が「一緒に処分するからそのままで良い」というのでお願いした。

その2ヶ月くらい後、少し離れた地域を管轄する警察署から電話がかかってきて「シュレッダーのゴミをどのように捨てていますか?」と聞かれた。なぜ警察からそのような電話があるのか直ちに把握できなかったので、「廃品回収に出していましたが、シュレッダーは2ヶ月ほど前に廃棄したので、最近はシュレッダーのゴミは出ていません」と実情を答えたところ、警察からの返答は「不法投棄されていたゴミの中にシュレッダーがあって、その中身の紙片をつなぎ合わせたところ、私の連絡先が書かれていたので連絡した」とのことだった。

目が点になった。

自分を特定できるゴミを不法投棄するような間抜けはいないだろうから、私が不法投棄の嫌疑をかけられたのではなかっただろうと思いたいが、それはさておき、警察官と私が互いに状況が把握できてからは廃棄した状況などについての和気藹々とした事情聴取となった。話の中で、私が「これではシュレッダーにかける意味がありませんね」と警察官に言ったら、「すみません、仕事なので」と電話の向こうで笑っていた。

件のシュレッダーは頂き物の古いタイプで、最近の小さな紙片にカットするタイプ(クロスカット?)ではなく、製麺機のようにニョロニョロっと細長く切るタイプだった(ストレートカット?)。だから、つなぎ合わせるのは難しすぎはしなかっただろうと思うが、私の連絡先を特定できるようなものは全体の1%にも満たなかったはずの数枚の郵便物の表書きだったから、仕事とはいえ、うんざりするような作業だったろうと思う。

指先やピンセットで扱える程度の紙片であれば、その気になれば復元できるだろう。これもまた、安全か、安心か、どちらを採るかという選択をしなければならないことだ。

シュレッダーは、プライバシーを守りたいという気持ちを保護する安心感を得られる装置ではあるかもしれないが、プライバシーそのものを保護できる安全な装置であるとは言えない、、、、と思った。本当に小さな紙片に粉砕してくれるものであれば大丈夫なのかもしれないが、上記のような経験からは、燃えるゴミとして出した方が安心できる気がする←環境保護という側面からはNGだと思うが、、。

 

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。