ホーム > 雑記 > 【雑記】 甘すぎる健康飲料で健康になれるの?

【雑記】 甘すぎる健康飲料で健康になれるの?

先日、飲料の宅配をしている業者さんが来て、定期購入を検討してほしいと言って、健康飲料を何本か置いていった。子供たちが手を付けないので、自分で飲んでみたが甘すぎて気持ち悪いかった。どうやら子供たちは甘すぎて気持ち悪いことをすでに知っていたので手を付けなかったようだ。穏やかで親切そうな宅配業者さんには申し訳なかったが、「甘すぎて気持ち悪い」と正直に伝えて、定期購入を断った。

これを毎日1本飲んだら一日あたりの糖分許容量の相当量を取得することになるのではないかと思って、製品紹介のHPを見たところ、甘み成分としては、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、ステビアが入っていて、糖類が約13g となっていた。専門家ではないので、糖分糖類の違いを知らないので誤解かもしれないが、重量だけで言えば、一般には糖分は一日25gまでと言われているから、件の健康飲料はその半分に相当する。ステビアの分は引き算しないといけないのだろうが、それでも許容量の25gの数分の1くらいにはなるのではないだろうか(←憶測)。

それでなくても、糖分が入っていない食べ物を探す方が大変な現在、たった1本の健康飲料で、許容量の半分も糖分をとってよいはずがないと思う。

以上、多くの不味い食料品に共通する甘くして素材の味を殺すコンセプトが健康食品にまで適用されていて驚いた、という戯れ言でした。

 

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。