ホーム > 雑記 > 【雑記】自転車の点滅ライトは危険だと思う

【雑記】自転車の点滅ライトは危険だと思う

自転車のライトの話です。

点滅するタイプのライトだけをハンドルに付けている人をたくさん見かけますが、点滅ライトは夜空の星と同じで距離を掴みにくく、したがって速度も読みにくいです。

普通のライト(タイヤ上部付近につける光が少し広がるライト)であれば、路面など周辺を同時に明るくするので位置と速度を把握しやすいです。しかし、点滅ライトだけを付けている自転車は、対向する歩行者や運転者から見れば「存在が確認できる」けれど、無灯火同様に「どこにいるのか分かりません」。

自転車店に並ぶ国産の自転車は法律がそうなっているのかどうか知りませんが、ライトは標準装備されています。だから点滅ライトを付けているのは、ほとんどが外国製の自転車のようです。こういう自転車は高級自転車であったり、そうでなくてもスポーツタイプが多く、どや顔しながら歩行者無視で飛ばす人が多いので余計に危ないです。

さらに、このようなライトはバッテリー式だから、ダイナモ特有の回転音がありません。ライトが必要な時間帯は当然暗い時間帯で物が見えにくいから、歩行者にとって、音はとても大切な情報源です。電気自動車はエンジン音が聞こえないから存在を察知しにくくて、見通しが悪いところではとても危ないと言われるのと同じことです。

カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。