ホーム > 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】 Inspiron 530 にさらに手を加える & LHR-4BNHEU3

【備忘録:PC・ソフト】 Inspiron 530 にさらに手を加える & LHR-4BNHEU3

Dell Inspiron 530に手を加えるのは、ファンの交換で打ち止めにしたつもりだったのだが、システムドライブに不具合が発生し始めた。といっても、S.M.A.R.T. 情報の「C5 代替処理保留中のセクタ数」と「C6 回復不可能セクタ数」に黄信号が灯っただけで、経験的にはまだ使えると思うが、何しろシステムドライブなので、気持ちよいものではない。そもそも Inspiron 530 購入時に内蔵されていたドライブなので、耐用年数を超えているとも言える。

ちょうどバックアップ用のHDDが不足気味になっていたので、新しいHDDを買って、交換することにした。

ついでに外付け数台をまとめるために、Logitec ガチャベイ LHR-4BNHEU3 も買った。

HDDとして選んだのは、I-O DATA  HDC-LA3.0 で、中身はWDC WD30EZRX-00D8PB0だった。枝番が異なるがWD30EZRX-1TBP と同等なのだろうか、、。

ガチャベイ にHDDを入れると、中身(すでにHDDに保存してあるデータ)が消えるというクチコミ情報があった。

しかし、これまでケースを入れ替えたり、ドライブをケースに入れずにUSB接続するアダプタ(GH-USHD-IDESA )でドライブをあれこれ付け替えたりを何度もやっているが、中身が消えたことはなかったので、中身が消えるというのは勘違いだろうと思いつつも、念のため、まず HDC-LA3.0をPCに直結してファイルをひとつふたつコピーしてから解体して(ケースからHDDを取り出して)、ガチャベイ に入れた。(ケースは後からTV録画用に余ったHDDを入れて使う予定。)

なお、クチコミ情報で見た中身が消えるという情報は、説明書には書かれていない。RAID構成を作れる上位機種 LHR-4BRHEFU3 の説明には「初期化される」と書いてあったので、クチコミは機種を混同したのだろうと思う。

当然の結果ではあるが、中身はそのまま残っていた。

買ったのは ガチャベイ の4台用モデルなので、3台入れてみた。全く問題なし。BitLockerでプロテクトしてあるHDDも、いつもどおりのBitLockerドライブの手順で認識された。作業の都合上、何度も抜き差ししたが、中身は全く問題なし。

さて、私のInpsiron 530にはeSATA端子がひとつしかなく(オリジナルではなく増設)、すでにHDDを繋いでいたので、当初、ガチャベイはUSB(2.0)で繋いでいた。でも遅いので、eSATAにつなぎ替えた。

1台しか認識されない!!!

その理由は、SATAが「ポートマルチプライヤ対応」でない場合、一番上のドライブ(最上段のスロットではなく、複数台の中で最も上のスロットに入っているドライブ)1台だけしか認識されない仕様であるから。これはガチャベイの問題ではなくPCの仕様の問題なので、ロジテックにイチャモンを付けてはいけない。

そして、この問題は、¥3000ほどのポートマルチプライヤ対応のeSATAインタフェースカード(たとえば、RP-PE30S )を付ければ解消する。しかし我が家のInprison 530の場合、グラフィックボードのファンが PCI Express x1ソケット上にはみ出しているので、カードを差し込めない。PCIも埋まっているし、PCI用の製品は価格が倍ほどになるので、いまさらInspiron 530に付ける価値を感じない。これは将来的な課題とすることにして、当面は、その時の作業に必要なHDDの状況次第で、eSATAとUSBを切り替えながら動かすのが良さそう。

※下記のような延長ケーブルがあったが、
グラフィックボードと干渉ししそうで、
迂闊には手を出せない。
PCI Express x1 – x1 バス 延長ケーブル 300mm SGY-NET

*

さて、ガチャベイ にHDDを抜き差ししながら、バックアップとか、システムドライブの移動とか、ハノイの塔みたいにファイルをあっちへやり、こっちへやりしながら、システム構成の再構築をやっているが、しびれを切らして、PCのふたを開けてDVD-RのSATAケーブルを外して、HDDを直結して、eSATA<—>SATAでファイルのやりとりをすることにした。やはりeSATAは速いので、RP-PE30S を買った方がガチャベイを活かせるなぁと思い始めた。(USB 3.0のカードを付けるという選択肢もあります。)

ところで、ガチャベイ購入に至った原因であったシステムドライブの不具合についてですが、このドライブはSATA/300でした。交換したHDDはSATA/600なので、PCの起動が心持ち速くなりました。SSDにしたら、もっともっと速くなるのでしょうね。

ガチャベイ LHR-4BNHEU3 について

HDDを4台内蔵できるモデルなので、現在、複数台の外付けHDDを使っている人は、配線や配置をスッキリさせられるのがメリットです、、、、というか、他にメリットがあるのかと問われたら返答に困ります。この手のものは、使い方や自分にとってのメリットを想定できない人が買うべきではないと思います。所有欲を満足させるものではありませんし、、。

  • やや大きめの外付けケースを横にして4~5台分積み上げた程度の大きさで、Inspiron 530 の上に安定して載せられるサイズでした。 メーカーHPの写真から受ける印象より小ぶりでした。
  • Inspiron 530はファン交換で静かになったので、ガチャベイ が五月蠅く感じられます。といっても、ファン交換前のInspiron 530よりはずっと静かで、他の騒音がある中では気になりません。
  • 上にも書きましたが、eSATA接続の場合、PC側のSATAが「ポートマルチプライヤ対応」でなければ一番上の1台しか認識されません。USB3.0で接続すれば、eSATAと同等?の速度がでるのだとは思います(私のPCには、USB 3.0が付いていないので実効性は分かりません。)
  • 電源ケーブルを本体側面に取り付けます。プラグがL型なので、2cmくらいでっぱります。本体の放熱のためには他の何かにぴったりと引っ付けて置くことはないだろうから、あまり問題ではありませんが、気になる人はいるだろうと思います。それ以前の問題として、電源内蔵にしてほしかったです。 せっかく配線がスッキリするのに、ACアダプタがごろっと寝そべるのは嬉しくないです。
  • 型番が似ている上位機種 ガチャベイ と説明書が共通なので、ときどき混乱しそうになります。中身が消えるという誤解も、そういうところから生じるのでしょう。また 筐体が共通なので、下位機種では意味がないスイッチやLEDがあります。
  • メーカーの自己満足のためのステッカーが付いていました。デザインセンスのかけらもありません。もらって嬉しい人がいるのでしょうか。こういうくだらないものを作る経費を、どこかに募金すればよいと思います。
  • PCをごく普通に使っていたら、外付けHDDを常時4台ぶら下げておく必要はほとんどないでしょう。私も、2~3TBが2台でおつりが来ます。そう考えたときに4台内蔵できるメリットは、2台は常駐、2台は入れ替えながら使うというような使い方が可能なことだろうか、、、と思います。
    こういう製品が役立つ人は多くないと思いますが、製品自体は良いと思います。
広告
カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。