ホーム > 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】これまでに行ったDell Inspiron 530の部品交換やメンテナンス

【備忘録:PC・ソフト】これまでに行ったDell Inspiron 530の部品交換やメンテナンス

2008年ごろ購入した Dell Inspiron 530。

今日、ファンを交換したが、多分、これ以上手を加えることはないので、まとめておく。

改造や増設も含めて、Core2Duo E6850(3.0GHz)+4GB+GT630の状態なので、今でもけっこう使える。Core i5 2415M (2.3GHz) + HD Graphics 3000 + 8GBのMac mini(2011)……BootcampでWindows 8.1マシンとして使用……と比べると、総合的にはInspiron 530が勝つ。

 

メモリーの増設

購入時は、512MB×2、あるいは、1GB×1 だったと思うが、購入直後に1GB×2にして、その数年後に1GB×4の4GBにした。(BIOSの仕様で4GBが最大らしい。)

 

DVD-RWドライブの交換 (2011年頃?)

オリジナルはLG製。当初からぱっとせず、読み込みでも書き込みでもエラー多発。使用頻度が低いのでそのままにしていたが2年くらいでほとんど言うことを聞かなくなった。あるときDVDを大量に焼く必要が生じたときに、Sony製に交換した。

DVDを大量に焼いているとき、Latitude内蔵のLG製DVD-RWドライブで焼き始めて数枚目のところで、ブォワーンという大きな音がなりはじめて、そのまま壊れた。LG製はとくに悪い評判を聞かないが、私とは相性が悪いみたい。

しかし、このSony製も当初は良かったが、だんだんと調子悪くなって、数年前からは専ら外付けを使用。去年SSD増設時に、SATA端子と電源を明け渡したので、現在は使えない。 そもそもDVDドライブを使うこと自体がほとんどないので、取り外しておけば外付けとして使えるのだが、取り外しが大変なので内蔵したまま。

 

HDDの増設や交換

オリジナルのHDD(320GB)はまだ現役。SMART情報を見ても、まだ健康を保っている。

もう1台内蔵できるので、ケースが壊れた外付けドライブの中身を取り外して、Inspiron 530に入れたり出したりを数回行っている。現在は、かなり前に買ったIO DATAの外付けHDDから取り外した250GBが入っている。

 

外付け用SATAポートの増設(購入してから2年目ごろ?)

IO DATAの外付けSATA-HDDを買ったときに取り付け。そのドライブの中身は現在内蔵し、ケースには2TBのHDDを入れている。この2TBは、Lacieの外付けドライブに入っていたもの。USB3の端子にケーブルを挿すと、ぐらついて認識されなくなってしまうことがあったので、調子が良かったIO DATAケースに入れ替えた。LacieのHDDはモデルごとにばらつきがある気がする。良いモデルは良いし、ダメなモデルはダメ。私の手元では、2勝2敗。

SSDの追加 (2014年ごろ)

福袋に入っていた64GBのSSDを増設して、Program Files用にしている。
CADなどのでかいプログラムの起動がずいぶん早くなって快適。

頻繁に使うMicrosoft Office 2010もSSDに移したいところだが、オンライン認証に手間取りそうな気がして、HDDに残したまま。 去年2013を買ったのだが、某所でOffice 2010を教えているため、2010環境を残しておく必要があって、2013はお蔵入りになっている。

グラフィックボードの交換(別記事) (2014年9月)

 

CPUのグリスの塗り替え(別記事) (2014年7月)

 

ケースファンの交換 (別記事) (2015年7月)

 

CPUファンの交換 (別記事) (2015年7月)

広告
カテゴリー:備忘録:PC・ソフト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。