ホーム > 雑記 > 【雑記】 檻の中の自由から、ひろい世界へ

【雑記】 檻の中の自由から、ひろい世界へ

インターネットというのは、ひろい世界への入り口だ。

それなのに、わざわざ閉じた小さな輪の中で使っている若者たちが多いと思う。

「関わるそれぞれが実際にいる場所は遠く離れている、だから広い世界だ」と反論した者がいた。しかし、インターネットとはそもそも地理を超越したシステムだから、互いの物理的距離は関係ない。関わる情報の広さが問題なのだ。

 

ゲームという予め決められた道筋しかない世界に籠もっている者も多い。

「そんなことはない、裏技があるし、シミュレーションゲームでは複数の結末がある」という反論をしてきた者がいた。しかし、予めプログラミングされていた中での出来事にすぎない。そこには自由はない。自分で選んだような錯覚に陥っているだけ。ゲームに限らずすべてのソフトがそうだ。その中でできることしかできない。これも檻の中の自由でしかない。

 

いずれにしても、システムやソフトや機器が悪いのではない。使い方が適切ではないのだ。

 

小中学校の卒業式や合唱コンクールで、『ひろい世界へ』を歌った若者は、ぜひその歌詞を思い出してほしいと思う。

 

2015/3/3 夢ある中学生が犠牲となった悲惨な事件の後で。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。