ホーム > 雑記, 備忘録:PC・ソフト > 【雑記】 EeePC 901 を Linuxマシンに (Zorin OS Lite)

【雑記】 EeePC 901 を Linuxマシンに (Zorin OS Lite)

EeePC 901(無改造) を Zorin OS 9 Lite でLinuxマシンにしたときの記録。

(2017/4/26追記 : その後、Chromebook化しました。その記録→ )

*

Linuxのインストールは16年ぶりくらいでしたが、インストーラーの進化に驚きました。Linuxの知識がゼロの人でも、パーティション操作以外は本当に簡単にできると思います。

*

EeePC 901はサポートが終了しているWindows XPを搭載したマシンなので、失敗したときにXPを復旧させることは全く考えませんでした。だから、パーティション操作に失敗してもよいという前提で行いました。

【成功した手順】

  1. USBメモリから起動する。(※1)
  2. GPartedで、4GB、8GBともパーティションを作っておく。(※2)
  3. USBメモリから起動すると、デスクトップにインストーラーのアイコンがあるので、それをダブルクリックしてインストール開始。
  4. 画面の指示どおりに進めれば良いですが、インストール先を8GB (/dev/sdb)にすることに留意。
  5. インストールの最終段階で、grub…(ブートローダー)を書き込むドライブを聞かれたら、4GB(/dev/sda)を選ぶ。これをやらないと、起動しない。
  6. 無事に終わると再起動せよとのメッセージが出るので、そのまま再起動。

(※1) Zorin OSをUSBメモリから起動させる方法は、インターネットに多くの情報があるので、ここには書きません。ブートに対応しないUSBメモリがあるので、ブートできなかったら、他のUSBメモリで試してください。USBメモリの容量は、Zorin OS 9 Liteの場合は1GBで十分でした。それから、EeePC 901 は標準設定のままではSSDから起動するので、起動直度に何度かESCキーを押して起動ドライブ選択画面を出し、USBメモリを選ぶ必要があります。

(※2)インストール成功後のGpartedの画面キャプチャはこんな感じです。(SkypeとTeamViewerをインストールした後の状態です。)

image

image

なお何度か失敗しましたが、そのときに「インストーラーがクラッシュした」というメッセージが出ていました。そして、その原因は、SSDの容量不足でした。

Zorin OS のインストーラーの表示では「1.5GB以上」となっているので、4GB側(sda)からSWAP領域に少し食われても問題ないだろうと思っていましたが、上のインストール後のパーティションのGPartedの画面キャプチャを見れば分かるように、明らかにsdaの4GBでは不足します。

Zorin OSで何度か失敗した後、Lubuntu を試しました。Lubuntu も上記の方法でインストールできます。Lubuntuのおかげで、失敗の原因(容量不足とブートローダー書き込みドライブの選択)を特定できました。そのままLubuntuを入れておいてもよかったのですが、デスクトップがZorin OSの方が好みだったので、あらためてZorin OS を入れた次第です。

Zorin OSもLubuntuも、タッチパッド、カメラも含め、ドライバ類は自動的に入ってくれたので、当初の目的のひとつ Skypeのビデオ通話も果たせました。さすがにこの低スペックでは、あれこれやろうとは思いません。私の場合は、捨てるのが惜しいというのがLinux化させた最大の理由です。

嬉しいのは、Windows XPの時より、圧倒的に、と言えるくらい動きが軽くなったことです。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。