ホーム > 道具 > 【道具】 Fixer3、松茸、ATOK、拝観料

【道具】 Fixer3、松茸、ATOK、拝観料

IMEが、まだ、FEPと呼ばれていたDOSの時代、

ワープロの一太郎にはATOKには松茸が標準添付されていた。どちらもFEPだけの単体販売があったかどうか記憶は定かでないが、ある時期からワープロ本体とか独立して、他のソフトでも使えるようになった。

以前も書いたような気がするが、私が最も好きだったのは Fixer3 で、それほど使い込まないうちから誤変換がほとんどなかったし、画面の動きが、変換キーを叩くと、スパっ、スパっと小気味よいのが好きだった。

Fixer3 の次のお気に入りは松茸で、ATOKは三番手。VJEというのも有名で、IDOQについてきたような気がするが、記憶が残るほどには使っていない。

 

Windows時代に入って、Fixer3松茸もなくなってしまったし、当初のMS-IMEはジョークソフト並だったので、MS-IME以外の唯一の選択肢ともいえるATOKを使い始めた。その後、数年おきにバージョンアップしているので、いまは、ATOK2014

ジャストシステムの商品説明のとおり、ものすごく親切になってくれている、とも言えるのだが、一個人が使う言葉の範囲はとても狭いので、ATOK2014の親切さが仇となった誤変換のたびに DOS時代は良かったなぁと思う。ATOK自体も私の使い方では、たぶんATOK2014より、当時のATOK6とか7の方が、的確な変換をしてくれただろうと思う。もちろん、一般的でない用語を単語登録しておくのは前提。

 

ATOKは、新機能が必要でバージョンアップしているわけではない。社寺の拝観料は、建物維持のための募金だと思っているが、それと同様にジャストシステム維持のための募金のつもりである。日本でのPC利用に対するジャストシステムの功績はとても大きいし、ATOKには今後も発展していってほしいので、ジャストシステムには永らえて欲しい。

 

そんな訳で、去年は奮発して ATOK2014 単体ではなく一太郎2014 を買ってみた。一太郎は7~8年前のバージョン以来のバージョンアップであったが、一太郎を使い始めたバージョン2のころと同じく、一太郎自体は決して好みではなかった。

広告
カテゴリー:道具
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。