ホーム > 雑記, 教育 > 【教育】 Dropboxのシステムトレイアイコンが気持ち悪くなった

【教育】 Dropboxのシステムトレイアイコンが気持ち悪くなった

Dropboxを3.0.2にバージョンアップしたら、システムトレイのアイコンが表示されなくなった、、、と思ったら、アイコンのデザインが変わっていたのだった。

image[12]デスクトップに猫の足跡があるみたいで気持ち悪いとしか言えない。肉球みたいでかわいいという人もいるのかもしれないが、デザイン系のソフトをよく使う私には、障害でしかない。(モニターの枠のメーカーのロゴマーク、スイッチ、LEDランプなども障害になる。)

システムトレイにアイコンを出しておくとそれなりに便利だったが、「通知のみを表示」に切り替えたら、スッキリとした。

Dropboxにかぎらず、バックグラウンドで動くソフトは、自己を主張しないでほしい。といっても、クラウド系で「雲」の形のアイコンの場合、よく似ていて違いが分からないので、多少の自己主張は必要かも知れない。

いずれにしても、デスクトップという公共スペースを我が物顔で私的に使うソフトが多く、デザイナーの異常なまでの自己顕示欲の強さ、心の卑しさを感じてしまう。デザイナーさんたちは、もっと公衆道徳を学んで欲しい!、という希望からこの記事は教育カテゴリーに入れた。

image因みに、Dropboxのシステムトレイアイコンは、拡大すれば肉球ではなくなるが、通常作業において、このサイズで見ることは決してない。

ところで、Dropboxのデスクトップアイコンは、当初は青地に白でひどく目立つことはなかったのだが、iOS 7に合わせたデザイン変更とかで、白地に青という視覚的な大きな雑音と化していて、これも不愉快。そもそもiOS7自体が、デザイン上の優れた変更だとは思えない。本質的でない部分を変えて旧ユーザーを混乱に陥れるのが得意なファッションメーカーであるApple のまねをしないでほしいと思った。ドナルド・ノーマン(Donald Norman)がAppleのフェローになったと知ったときは、これでAppleもまともになるかもしれないと期待したけれど、Norman、あっという間にやめちゃったらしい。(事情は知らない。)

記事を教育カテゴリーに入れたので、絶対お勧めのNorman の著作を紹介しておきます。建築系の人も必読!

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

広告
カテゴリー:雑記, 教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。