ホーム > 教育 > 【教育】 コンプライアンス

【教育】 コンプライアンス

訳あって、ハウスメーカーで家を建てた。

打合せから工事の中で、営業担当者からも設計担当者からも、「コンプライアンス」という言葉がしばしば聞かれた。

結果として分かったのは、彼らが言う「コンプライアンス」とは、社内の規定に盲従することでしかなかった。

手術における「同意書」と同じ感覚である。つまり、自己保身のための逃げ。

 

ハウスメーカーで働く建築士たちに言いたい。

あなたたちは、建築士法(とくに2条の2)を遵守できているか?

あなたたちにとって、これがもっとも重要なコンプライアンスである。

 

建築士法第2条の2には高記されている。

(職責)

第二条の二 建築士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。

【実況解説】

品位を保持し
→ ハウスメーカーは建設業界内では、給料が良い方なので、着ているものの品位は低くなかった。

業務に関する法令及び実務に精通して
→ 法令については大半は標準仕様でクリアできるだろうから、素人でも法令をちょっとかじれば分かる程度の面積チェックも、ほとんど自動化されているはずなので、大してやることはなかっただろうと思う。
→ 実務について言えば、モジュール合わせには精通しているようだ。

建築物の質の向上
→ 施主の意向を、強引に標準仕様に丸め込むが質の向上だと思っているらしい。

公正かつ誠実に
→ 公正さについていえばよく分からないが、問題箇所を見に来たときに、「私も初めて見てびっくりしています」と施主と同じ感想を述べたことから言えば「施主と公平な感想を共有しよう」という姿勢をもっていることが認められた。また、会社と自己の利益に対する誠実さは立派すぎるので、施主に対してはとても不誠実である。

 

私は、本社の開発レベルの建築士たちといっしょに仕事をしたことがあるが、そのときに彼らの設計能力は高さに感銘を受けた。だから支店レベルでもそれなりの能力を有しているのだろうと思っていた。ところが、あるハウスメーカーの設計担当者に対するセミナーを依頼されて、2年弱指導に行ったときに分かったのは、ハウスメーカーで長く働けば働くほど、モジュール合わせしかできない無思考の人間になりがちだということである。若い人たちの熱意や意欲は大したものだったが、いかんせん経験不足なので、知識にも発想の幅に限界がある。

 

自邸に話を戻すと、私たちが初期の時点で提示した平面計画に対して、施主の意向とは異なる方向性であっただけでなく、一般的な建築計画の観点からいっても改悪であるような変更が提案された時点で、この担当建築士は能力不足であると判断できたので、私たちも十分気をつけていた。しかし、同じ建築士としてリスペクトする気持ちも強かったので、ハウスメーカーの仕様に深く関わる部分については信頼して任せてしまった。それが失敗だった。

無思考は無責任を生む。

私たちは、自邸建築において、まさに無思考と無責任による被害を被った。直すためにはそれなりの規模の工事が必要なので、この家に住むかぎり、この被害はつねに現在進行形である。

 

ハウスメーカーという存在が悪いのではない。ハウスメーカーの住宅には、スペック面での大きなメリットが明らかにあり、日本の住環境向上に大きく貢献している。

しかし残念ながら、組織として構造的欠陥を持っていると思える。

そして、問題なのは、その構造的欠陥が、施主にとって不利な形、逆に言えば、ハウスメーカーの担当者にとって楽な形で顕在化することである。

 

おそらく、問題が起きても、家づくりとはそういうものだろうと思って、住んでいる人が大半だろう。

これからハウスメーカーで家を建てようと思っている人は、十分気をつけて欲しい。

*

そんなこんなで、家づくりのセカンドオピニオンということをやっている次第です。申し訳ない言い方ですが、素人さんが間取りを見ても気づけないことがたくさんあります。岡目八目という言葉が示すように、専門家に外から見てもらうことが大切です。

広告
カテゴリー:教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。