ホーム > 雑記 > 【雑記】 STAP細胞の論文取り下げ

【雑記】 STAP細胞の論文取り下げ

STAP論文については、「研究者のあり方」という点で、成り行きが気になって、けっこう情報を追いかけていました。

問題が発覚してからの数ヶ月に流れた情報からは、論文の取り下げは当然の成り行きに思えます。

いろんな人がいろんなことを言ってますが(私もそうですが)、個人としての問題と、組織としての問題をきっちりと切り離して、再発を防止してほしいなぁと思います。

それから、大学1年生にコンピュータリテラシーを教えている身としては、以前から著作権に関する話はしていましたが、まだまだ不十分、もっと充実させなければならないと思いました。(そんな時間的余裕を取るのは難しいので、大学全体として行ってもらいたいというのが本音。)

コピペに関しては、数年以上前にブログに書いていますが、博士論文でコピペするというのはかなりショッキングな事実でした。私は、昔、物理系の人のD論を手伝ったことがあるのですが、そのときに序文の内容の薄さに驚いたことがあります。過去から現在、そして未来において、自分の研究内容をどのように位置づけるか、位置づけようとするか、とても重要な部分だと私は思っていたからです。今回、同様のことを指摘している研究者の方もたくさんいらして、ほっとしました。一方で、序文なんてどうでもよいという見解もありました。

 

それから、怖いと思ったことがいくつかあります。

ひとつは、匿名のブログの情報が正当なものとして受容されていくことです。やむをえず匿名で発信せざるをえない状況に置かれている人が、なんとか正しい情報を提供しようとしている場合があるだろうことは容易に想像できますが、それとは別のこととして、情報を読む側がかなりのリテラシーを持っていないといけないなぁとつくづく思いました。

ひとつは、とくにインターネットの中では、白か黒か、二者択一を迫るような流れが強いことです。ディベートの訓練としてやるのならよいかもしれませんね。

その他にもありますが、やめておきます。いずれ他の機会を見つけて書くかも知れませんが、、。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。