ホーム > 雑記 > 【雑記】 パクリ

【雑記】 パクリ

私の大学・学部の後輩である人物の博士論文に、盗用・剽窃の疑惑があるらしい。学科が異なるので多少は救われた気分。

さて、博士論文のように、キャリアに大きく関与するものではないが、私の著作の一部が100%そのまま盗用されたことがある。

犯人は、とある業界の協会の人で、そもそも著作権や引用に対して全く知識がない純朴な素人であったが、その協会の全国大会で配布する地元紹介パンフレットに、私の著作をまるまま載せていた。

ある歴史的建造物に関する短い紹介文で、あの協会のパンフレットにしては、ずいぶんときちっと書いているなぁと思いながら、三分の一ほど読んだどころで、自分が書いたものであると気づいたという、おマヌケな私であった。

そのパンフレットに載ること、つまり、その建物が広く知れ渡ることには社会的な意義があったので、ある意味ではありがたいことであったし、悪意は微塵もなく、素直に謝罪してくれたので、話はそこで打ち止めにした。

しかし、短い文章であったとはいえ、自分が精魂込めて書いたものがパクられるのは気持ちよいことではない。引用元を示してくれていたら、嫌な気持ちにはならずにすんだことは明らか。

 

義務教育の間に、こういうことに関する教育を施すことは重要だと思う。

 

今回の一件は、知らなかったでは済まされない。指導や審査に問題があるという人もいるが、それ以前に分別ある大人であるはずだから、ごく普通の日常的感覚で、やってはいけないと分かるような力を持っていなければならなかったはず。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。