ホーム > 雑記 > 【雑記】 佐村河内守氏の一件に関して思ったこと

【雑記】 佐村河内守氏の一件に関して思ったこと

佐村河内守氏の一件については、ここで説明するまでもないので書かない。また、発端となった週刊誌の記事も読んでいないので、インターネットのあちこちに掲載された断片的な情報から以下を書くので、事実を誤認しているかもしれない。

当初は、ベートーベンが耳が聞こえなくなっても作曲したという、素人には俄に信じがたいことが現実に起こりうるのだと思って、なんだか嬉しい気がしていた。その気分はものの見事に裏切られたわけで、佐村河内守氏のやったことを擁護するつもりは毛頭ないが、それよりも新垣隆氏がゴーストライターと言われることに対して違和感がある。というのは、私は、ゴーストライター的な仕事を行うことがあるからだ。

そういう場合、私は依頼者になりきり、そして依頼者が対象とするユーザー(読者)のことを念頭において文章を書いたり何かを作ったりする。

新垣氏は提供した曲に対して、「売れるとは思わなかった」、「(素養がある者なら)誰でも書ける」というようなことを述べているそうだが、もし新垣氏自身が「私がゴーストライターだ」と述べているのであれば、(本心は知らないので、あくまでも表面的な言葉に対して)、無責任だと感じた。

どのサイトだったか記録し損ねたが、「新垣氏は、ゴーストライターではなく、佐村河内氏に楽譜を販売しただけ」と捉えている人がいて、目から鱗が落ちた。販売したのであれば、新垣氏の言葉は別に問題はないと思う。

結局は、新垣氏自身のスタンスがどうであったかということが、今後の成り行きを左右するのだろう。

*******

上記を書いてから2週間ほど経って、佐村河内氏の記者会見が開かれ、インターネット中継の後半を見た。佐村河内氏は、新垣氏の発言にも事実でないことが含まれているようなことを述べていた。

いずれにしても、全ろうの作曲家というスタンスを取ったら、世間がどのような評価を下すかは自ずと分かったろうから(その程度の想像力がなければ、創造性のある仕事はできないでしょ、、、)、 二人とも良い人ではないと私は思う。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。