ホーム > 雑記 > 【雑記】 指が曲がっていることは個性か?

【雑記】 指が曲がっていることは個性か?

何年も前、息子が指を骨折したとき、担当医に「指の曲がり方が普通より大きい」と言われた。

生まれつきの形で、私の指の形に似ている。私にとっては、自分の指の形が当然のものであるし、家内も決してまっすぐではないので、息子の指が「曲がっている」ことには気づいていなかった。娘の指も同様。

そして、担当医は「曲がっている」という言葉に続けて、「これは君の個性だと思う」と付け加えた。

 

その後、息子はピアノが好きになり、コンクールで入賞したり、在団する合唱団で伴奏を務めたりしている。指は曲がったままだが、すでに私の手より大きい。

娘は他の子より手先が器用で、(一見、そのように見えないこともあり)、学校での実習時に友達に驚かれることも多いらしい。

 

指が曲がっていること自体が個性なのかどうか分からないが、それを上手く使う能力を持っていることは、個性と呼んで良いのだろうと思う。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。