ホーム > 雑記, 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】 HDDクラッシュと復旧

【備忘録:PC・ソフト】 HDDクラッシュと復旧

この半年間、使用後1年ほどのHDDが2台クラッシュした。

状況としては、不良セクターが発生して起動しなくなるという状態。

2台ともHDDを取り外して、GREEN HOUSE の SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ “GH-USHD-IDESA” で他のPCと繋いだところ、

1台目(親戚のWindows7ノート)

パーティションを切らず1ドライブ構成だったので、ほとんど諦めた。しかし、他のPCにつないでみたら2~3回に1回ほど(!)認識されるので、認識されたチャンスにコピーできるものすべてを他のHDDに救出した。コピー中に認識されなくなるという状態に何度も陥ったが、繰り返し繰り返し、何とか全データを救出できた。その数回後に、全く認識されなくなった。

HDD交換後、システムは購入後、初期設定した後のシステムイメージから書き戻し(遠方の親戚用のPCなので、それしかなかった)、最新データを書き戻して、ほとんど元の状態に復活。システムイメージ作成時からソフトを増やしていないのが幸いだった。

認識されなくなった後、EaseUS Partition Master で Surface test を何度かかけてみると、不良セクターがどんどんと増えていった。(不良セクターがない部分だけを使えないかなぁと思ってチェックを書けたわけだけれどダメでした、、、いくらもったいないから言っても、こういうことはやってはいけないのですが、壊れても何ら損害のないRockTube 用のキャッシュドライブとして使えるかなぁと思ったのでした。)

因みに 250GBのドライブ。

 

2台目(自分のWindows7ノート・サブマシンなので普段は家族が使っている)

1TB HDDをシステム、データ、バックアップの3つのドライブ構成にしていた(バックアップを同じドライブに取ることは愚かであることは分かってやっている。もちろん、ときどき外付けHDDにバックアップをコピーしている)。

システム用ドライブは認識されず、データ用とバックアップ用は認識されたので、EaseUS Partition Master で、パーティションを丸ごと他のドライブにコピーした。システム用ドライブは、EaseUS Partition Master で数回認識された後、unallocated の表示が出るようになって、アクセス不能となった。

HDD交換後、システムイメージからクラッシュ10日前の状態に書き戻し、またデータはGenie Timelineからクラッシュ直前までのものを復旧。ほとんど無傷で完了。

当初はシステムイメージからの復元がうまくいかなかった。かなり進んだところで、データを書けないというメッセージが出て止まってしまう。

最新のシステムイメージが壊れたのかとがっくりしながらも、2~3の古いシステムイメージでやっていた。しかし、全滅。やむなくDVDに残してある購入時のイメージに復元して、パーティションを切り直すところから始めようとして、システムイメージから復元できない理由が分かった。(エラーメッセージをきちんと解釈していなかったのが悪かった。)

システムイメージ作成時に、システムドライブとリカバリー領域という2つのドライブを入れいた。復旧時にそれぞれC,Dドライブとして復旧されるようだが、ドライブ名「D」をDVD-RWドライブが使っていたので、リカバリー領域をDドライブに書き戻そうとして「書けない」というエラーが出ていたようである。

そこで、コントロールパネル→管理ツール→ディスクの管理で、DVD-RWドライブのドライブ文字をDでないものに変えてから、システムイメージの復元を行ったら無事に終了した。

リカバリー領域にはドライブ文字が割り当てられず、通常使用時は見えないが、システムイメージの復元時には一時的にドライブ文字が必要になるのだろう、と、素人ながらに推測した。次回は間違えないようにしよう、、、、そのためにこの記事を書いている。

そんなこんなで、システムイメージ作成後にひとつだけソフトをインストールしていたので、それを入れ直しておしまい。こういうところは、以前に比べると本当に容易になったと思う。

このHDDは不良セクターが発生した部分を使わないように再フォーマットして、Mac のTime Machine 用にしてみている。いつまでもつか、、、。

 

良かったことと、将来への不安材料

どちらもWindows7 マシンであったが、システムイメージを使った復旧は、これまでもHDD交換などで何度もやっている。とても良い機能だと思う。

また今回初めて使ったGenie Timelineからの復旧もとても簡単だった。通常時のバックアップも考慮すると、システムはWindows標準機能からシステムイメージを作成し、データはGenie Timelineから復旧するというのは良い方法だと思う。Genie Timeline には Disaster Recovery (直訳すると「災難からの復旧」)という機能があって、システムのバックアップをしてくれるが、まだ使ったことがないので良し悪しは分からない。

上記は、不安材料ではなくて良かった点。

 

不安なのは、壊れた2台が同じメーカーのドライブだったということ。

偶然の一致かも知れないので、メーカー名は書かない。このメーカーの1.8インチは中古で購入後5年以上問題なく動いたし、、。

 

重要なのは;

・HDDは購入時にメーカーを気にするのではなく、覚悟して購入したら、ある程度フレッシュな他のドライブにきちんとバックアップをとっておくという心がけ。

・PC というものは、信用できない最低のパートナーだという認識。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。