ホーム > 雑記 > 【雑記】 仕事で使うハードウェアやソフトウェアに恋してはいけない

【雑記】 仕事で使うハードウェアやソフトウェアに恋してはいけない

 

オフィス系、ちょっとした開発系、CADやCG系、多種多様のソフトを使っている。

シャープのプログラミング電卓に始まり、FM-7のROM BASIC、CP/M-80, OS-9(←Mac OS 9ではありません)、PC-9801、MS-DOS、、、、DOS/Vマシン、Unix系OSあれこれ、Windowsは2あたりから、Mac OSは6くらいから、そしてそれらの上で、プログラムを書いたり、市販ソフトを使ったり、、、。

そんな中で、バージョン2から使いつづけているPhotoshopだけは「このソフト大好き!」と思っていて、PhotoshopなしのPC生活は考えられないという状態だが、その他については、好き嫌いはほとんどなく、そのときに必要性に対して必要な機能を提供してくれるかどうかしか気にしていない。

もちろん好き嫌いでソフトを選ぶこともあるが、それは必要な機能を果たしてくれるソフトが複数あった場合。そして好き嫌いより価格の方が選択の指標として優位である。

 

恋は盲目というが、相手がソフトであっても恋してしまうと、欠点が見えなくなる。

パワーユーザーと呼ばれる人の中にときどき、ソフトに恋してしまっているのではないかという人がいる。雑談で「あそこがちょっとねぇ」などというと、猛然と反発されたりする。恋しているから、あばたもえくぼなんだろう。

それでは相手も自分も進化しない。

 

たとえるなら、あるソフトを使うということは、結婚に似ている。お互いの良い点も悪い点も理解しながら、ときどきケンカしながら、ずっと寄り添っていく。そんな姿勢がよいと私は思う。

 

しかし、結婚生活と大いに異なる点がひとつ。

いっぱい「浮気」することが、そのソフトを理解するのにとても重要だということ。

広告
カテゴリー:雑記
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。