ホーム > Nice な Joke, 教育 > 【Nice な Joke】 正六角形に直線1本を引いて、三角形2つをつくる問題

【Nice な Joke】 正六角形に直線1本を引いて、三角形2つをつくる問題

2012/08/01

2016年1月にロケットニュースで紹介された結果、以下をきちんと読まずにTwitterなどで軽率なことをつぶやいている人がいるようです。


中1の息子から、数学の先生に教わったという問題を出された。

正六角形に、直線1本を引いて、三角形を2つ作りなさい。

このとき、三角形2つ以外の図形ができてはいけません。

これは全く分からなかった。不可能であるとしか思えなかった。

プライドを捨てて子供に答を教えてもらったところ、太い直線を引けばよいのだという。

中学校の幾何学の問題だと思い込んで一所懸命考えたのですが、とんちクイズでした、、、悔しいので、息子に直線の定義を説明し、「太い直線というものは存在しない」から、幾何学的にはこの問題は成り立たないことを話しておいた。(中学校の先生はそこまで話してくれてはいなかったようです。とんちクイズであっても、後から数学的には云々という解説をして欲しかったです。解説がなかったなら、学校の授業中のできごととしては重大な片手落ちだと思いました。)

直線(ちょくせん、line)とは、太さを持たない幾何学的な対象である曲線の一種で、どこまでもまっすぐ無限に伸びて端点を持たない。

(Wikipedia 「直線」の項より)

広告
カテゴリー:Nice な Joke, 教育