ホーム > CADとかBIMとか, 教育 > 【CADとかBIMとか】 卒業設計に適したCAD

【CADとかBIMとか】 卒業設計に適したCAD

タイトル通りのキーワード検索で、このブログに達した方がいらっしゃいましたが、そのような記事はこれまで書いていませんでした。

でも、面白いお題でもあるので、ひとこと、、、、。

現在存在するすべてのCADを網羅しているわけではありません。私が使ったことがあるCADで、無料~2万円程度のものは;

  • VectorWorks
  • Revit
  • ArchiCAD
  • JW_CAD + SketchUp

【怖いもの見たさ、あるいは、耽美派向き】

  • Radiance
    Radianceはレンダリングしかできないので、 モデリングには DesignWorkshop が必須、
    図面を描くときは、JW_CADでも大丈夫でしょう。

以上、卒業設計初期段階からの有効な試行錯誤をしやすいという点で、オススメです。うっかりコメントを書いて誤解されると困るので、とくにコメントしません。

強いて言えば、どれかが絶対に良い、優れている、ということはありません。それぞれ特長があるので、自分の目的に合致したソフトを選ぶべきですが、分からなかったら、身の回りに利用者が少しでもいるソフトが良いでしょう。

あえてみんなが使わないソフトを選ぶ孤高の人(他者はヒネクレ者と呼ぶ)もいるかもしれませんが、このページを読んだみなさんは、そうならないように!

ソフトの機能以前に、困ったときに救いの手をさしのべてくれる人がすぐ見つかること、友人同士で使い方を一緒に覚えていけること、それが大切です。

卒業設計の「プレゼン」にソフトが影響を与えることはありますが、「設計の質」は、ソフトの機能や仕様なんぞに左右されませんから。 ( 【注】 同一の結果を導くまでの作業時間や効率は、ソフトによって大幅に変化します。 )

    なお、VectorWorks が教育上良い理由は、2009年のVectorWorks教育シンポジウムの講演で話しました。以前、ケンプラッツやエーアンドエーのサイトでも紹介記事がありましたが、今はなくなっているかもしれません。

おすすめしないソフト

こっちにはコメントをつけておかなければなりませんね。

  • AutoCAD
    AutoCADがだめというのではありません。だめソフトだったら、こんなに普及してません。
    卒業設計に適しているかと問われたら、私は否定的です。
    そして、どうせAutodesk社の製品を使うなら、Revitを選んだ方がいいよ、 という意味合いです。
    ただし、Revitを使いこなすには、 ユーザであるあなた自身がそれなりのレベルに達しているか、あるいは、
    良い指導者(←CADの先生という意味ではない)が身近にいる必要があります。
  • JW_CAD だけ
    なぜダメかというと、卒業設計って図面を描くだけじゃないでしょ!ということなのですが、それが分からないひとは、お好きにどうぞ。
以下、先生方、怒らないでくださいね

さまざまなCADを使用し、試行錯誤の上で、それぞれの特長を掴んで、「君の設計には、●×を使いなさい」という指導ができる教員は少数派でしょう。あなたの先生の薦めるCADが、あなたの卒業設計に適しているかどうかについては、なんとも言えません。でも、使ったCADによって設計が変わったとしたら、それは困ったことでもあります。

広告
カテゴリー:CADとかBIMとか, 教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。