ホーム > 教育 > 【教育】 PC利用授業でのデータ提出

【教育】 PC利用授業でのデータ提出

CADやCGのスキルを教える授業では、できあがった作品ではなく、データの作り方を評価します。だから、データを提出させるわけですが、たまに困った学生がいます。

友人からもらったデータをそのまま提出する

たとえば、与えた図面をCADで入力する課題では、そもそも同じ図面を打ち込むわけだから、できあがった図面は同じになるはずです。だから、人からもらったデータでも大丈夫だろうと思っているのでしょう。

しかし、こういう輩は、コンピュータリテラシーに疎い場合が多いので、ほとんど発見できます。

発見には、手間暇がかかるのでたいへん不愉快ですが、発見方法はとても簡単です。(その方法は悪用されると困るので書きません。)

不正行為を指摘すると正直な学生は、ただちに認めますが、中には絶対に認めようとしない頑固な奴もいます。「疑わしきは罰せず」の方針で行くと、認めた学生(=良い子)は処罰され、認めない学生(=悪い子)は無罪放免という矛盾した結果になるので、なんとか認めさせます。認めた場合は、

すぐに分かるから、そんなことしちゃだめだよ。

と諭します。もちろん、

またやったら、単位あげられないよ。

と付け加えますが、、、、。

広告
カテゴリー:教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。