ホーム > 道具 > 【道具】 トラックボールを追加 (ロジクール M570 → M570t)

【道具】 トラックボールを追加 (ロジクール M570 → M570t)

※ 意外とアクセスが多いので驚いています。作業性の点では、M570はオススメです。 (現行モデルは M570t ですが、同じものらしいです。) → 2017年9月、ニューモデルが出ました。 MX ERGO

※親指コロコロタイプを好む訳、、、、、昔、Apple PowerBook 145B というトラックボール付きのPCを使っていました。現在の一般的ノートPCのトラックパッドの位置にトラックボールがあったので、キー入力と併用して使うためには、トラックボールは、必然的に左右いずれかの親指で操作します。ここで親指を使う習慣ができたのが親指コロコロを好む理由であり、また、人差し指コロコロには馴染めないのです。一般的には親指より人差し指の方が器用だから、グラフィック系ソフトは人差し指の方がよいのでしょう。CADはグラフィック系と比べると相当におおざっぱでよいので、親指でも大丈夫。

※ 「CAD M570」というような検索語で到達した方へ のアドバイス
>>> 購入当初の数日は後悔するかもしれません。慣れるまでには、2週間ほど必要だと思った方がいいです。
>>> 慣れの問題とは別に、CADの操作体系によっても使い勝手は変わります。たとえば両ボタンを押したままドラッグするような操作は、楽ではないです。使ってみないことには何とも言えません。

ここ、や、ここ、に書いたように、ロジクールの親指で動かすタイプをずっと使っていますが、昨年、トラックボールのニューモデルを見つけて、気になっていました。

TM-250 と同じ形状の M570 (現行モデルは M570t )で、気になったポイントは、下記の2点。

  • ワイヤレス
  • 5ボタン

チャンスがあれば買うつもりでしたが、よく使うオンラインショップ数店ではずっと売り切れだし、その他のショップも在庫なしか、定価プラス送料というのしか見つからず、なかなか入手できずにいました。先日、ふと覗いたロジクールのオンラインストアで、アウトレットででていたので、このチャンスを逃しては!、と、注文しました。1週間ほど後に届きました。

以下、一週間ちょっと使用した段階での使用レポート。

M570 と TM-250  との主観的比較

  • ボールコロコロとカーソル移動の感触に、有為な差はない。
    (デスク上にTM-250、膝(腿)の上に M570 という状態で、両者を併用しているが、感触の差でミスすることはない。)
  • TM-250 は、ホイールの感触があまり心地よくないが、M570 はちょっとましな感じ。
    (TM-250 の前身モデルの方がシャキっとしていた。)
  • TM-250 はケーブルを手や椅子の肘掛けに絡ませて落下させ、ボールが外れて行方不明になる事件が2~3日に一度発生するが、 M570 はワイヤレスだから設置の自由度が高く、入手してから一週間たっても、まだ落としていない。
  • TM-250 の赤地に黒のブツブツのボールは見ていて気持ち悪いが、M570 の青地にメタリックのブツブツのボールはそれほど気持ち悪くない。
    (色の違いは、光学式と、レーザー式の相違なんでしょう。)
  • SetPoint で、アプリケーションごとに、ボタンの機能を割り付けられる点も、たいへん重宝している。
    (進む、戻るボタンに、そのときに行っている業務内容によって割り付けを変えたりしています。)

その他

  • 5ボタンを活かすために、ロジクールのドライバ SetPoint をインストール。
    ( TM-250 は WIndows の標準ドライバの感触の方が好きだったので、SetPoint は入れてなかった。)
  • ワイヤレスを1つの受信機で兼用できるというUnifying レシーバーにやや期待していたが、 対応情報にのっていない古いマウスはやっぱりダメだった。
    (トラックボールに加え、マウスを2つくらい接続して使い分けることもあるので。)
  • メインPCには、常時 TM-250 を接続しているので、TM-250 と M570 の両方を接続した状態で使っている。一度だけ、TM-250 が動かなくなった。PC再起動で復旧したので、原因は究明していない。 その後、まったくトラブルなし。
  • 出先でトラックボールを使えるのがありがたい。
    (もちろん、TM-250だって出先で使えるが、ケーブルの抜き差しが面倒なので、メインPC専用になっている。)

      その後の経過
  • 2週間後
    M570を使うことの方が多くなって気づいたこと → TM-250はボールが dull な感じ、、、。
    小4の娘が、なぜか気に入ったらしく、使い始めた。
  • 3週間後
    TM-250の出番がかなり減った。主たる理由は、動きの感触ではなく、M570が5ボタンであること。
  • 4週間後
    一つは保存用にするつもりで2個買ったが、子供たちが気に入ったので、2個とも使っている。
  • 約二ヶ月後
    TM-250 と比較した場合の、最大のメリットは、M570が5ボタンであることである、という気がしてきた。

以上で、この記事はフィックスします。

追記

ある時期から、クリックしたときの挙動がおかしくなって、耐久性に難点があるのかと思いました。SetPoint や、本体上のインジケータでは、まだ電池がある状態でしたが、電池を替えてみたら、問題が解消しました。インジケータとは無関係に、たまに、電池を替えた方がよさそうです。

広告
カテゴリー:道具

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。