ホーム > 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】 巨大なファイルを送信するなるべくフールプルーフな方法

【備忘録:PC・ソフト】 巨大なファイルを送信するなるべくフールプルーフな方法

2008_0818_151934 これまで使っていた方法

  • 10MB程度まで → メールに添付
  • 50MBまで → 宅ふぁいる便
  • それ以上 → 原則的に、送信しない。分かっている相手には、オンラインストレージを使用。

ITにあまり詳しくない人とデータをやりとりするときは、メールに添付していましたが、メールで送れないサイズのデータをやりとりする必要が生じて、調べました。

宅ふぁいる便などの送信システムは便利ですが、ブラウザからダウンロードするという点で、詳しくない人にはハードルがあるようです。

結局いきついたのは、DropBox

2008_0818_173704数年前、日本で紹介され始めたころに登録して使ってみましたが、あまり有用性を感じなかったので、解約しました。

今回気づいたのは、DropBox のフォルダを相手方と共有すれば、相手方はデータの送受信という意識を持たなくてよくて、いつものように開いたり、保存したりするだけで良い、ということです。

つまり、とってもフールプルーフな方法なのです。

そこで、あらためてDropBox に登録した次第。

これでSkypeを使えば、さらに話が簡単になるでしょうが、現状では、(私の)相手方がそこまで対応できないので、将来的な課題。

 

※今回の写真:「福井県立恐竜博物館のモニュメント」

広告
カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。