ホーム > 備忘録:PC・ソフト > 【備忘録:PC・ソフト】 ウィルスバスター2010で、リモートデスクトップ接続する場合の設定(Windows XP)

【備忘録:PC・ソフト】 ウィルスバスター2010で、リモートデスクトップ接続する場合の設定(Windows XP)

※意外とアクセスが多いので驚いています。この記事は、ウィルスバスター2010 についての内容なのでお間違えのないように。
※2012年ごろから、ウィルスバスターを使っていないので現行バージョンで同等のことができるかどうかは知りません。

ウィルス対策ソフトを、マカフィーから、ウィルスバスター2010に入れ替えたところ、リモートデスクトップ接続ができなくなりました。(Windows XP SP3)

試行錯誤の後、サポートにメールして、あっさり解決。サポートはとても親切でしたよ。返答も数日以内。

【解決法】

パーソナルファイアウォールの例外ルール(プロトコル)に、下記の設定を追加すればOK。

  • 「説明(D)」は、任意。
  • 「タイプ(Y)」は、実情に合わせて。

2009-11-04_10-27-10-421

【注意】

2009以前のバージョンのリモートデスクトップ接続に関する情報には、2010においては、例外ルール(プログラム)を設定するのかな?、と読めるものがあります。これは情報が間違っているのではなく、たぶん2009以前は、例外ルールをプログラムとプロトコルに分けずに設定する仕様だったのではないかと思います(2009を使ってないので詳細不明)。私も、当初、例外ルール(プログラム)の方で設定したために、解決しなかったのでした。これはサポートに連絡するときに画面キャプチャを送っていたので、サポートの人がその間違いを発見してくれました。

広告
カテゴリー:備忘録:PC・ソフト
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。